最初で最後の体験(投稿作品)など不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

最初で最後の体験(投稿作品)

公開日: : 最終更新日:2012/07/21 不思議な話 |82 view

2004年12月19日のこと。

私がまだ小学生の頃でした。

その日は祖父母の家に私、姉、弟の三人で母の帰りをテレビをみて待っていました。

23時を過ぎていたと思います。

私は何気なく後ろを向きました。

すると後ろには

黒髪で肩まであり黒いセーターに青いジーパンを履いた女性が俯きながら窓へゆっくり歩いていました。

そのとき私はなんだろうとしか思いませんでした。

そして、何故かトイレに行きたくなり

トイレの電気をつけようとしてスイッチのところへ目を向ければ目の前に女の顔。

髪は黒で長く
頭から血を流し
頬を伝い、
目を見開き

貞子のようにこちらを見ていた。

びっくりして騒いで、みんなのいるところへダッシュ。

事情を話しても誰も信じてくれませんでした。

それ以来私は何もみることはありませんでした☆

最初で最後の体験(投稿作品)の情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

チャイム

怖いというか、未だに謎な話 小学校3年のときに3時間目の授業を受けてるときにチャイムが鳴った

記事を読む

着物の少女

772 本当にあった怖い名無し sage 2005/07/26(火) 18:17:06 ID:aml

記事を読む

空に太陽がある限り

空に太陽がある限りって歌知ってるよな? スター(笑)にしきののあれ あれを耳元で歌われた事あ

記事を読む

俺の違和感(投稿作品)

二年前、高二の俺は帰路の途中ボタン式歩道の前に来た。 向こう側に人がひとりいたんでボタン押さなかった

記事を読む

ムシリ

私の家系の男は全員、「ムシリ」という妖怪が見えるという。 正確には、思春期ごろに1度だけ会うもの

記事を読む

リヒテルを連れた少女

なぜそんな怖かったのか。全く同じ話を私は知っていたからだ。 同人誌では『キャプテン翼』のキャラク

記事を読む

自分を探す先輩

昔の話だが 中学校の理科室で、先生にことわって実験させてもらったんだよ、夏休みに。 午前

記事を読む

普通の犬じゃない

「この犬は普通の犬じゃありません。それでもいいんですか?」 それが私が後に八房と名づける犬を

記事を読む

イタチ(投稿作品)

これは妹が高校時代に体験したこと。 彼女は、学校への近道になる峠を自転車で通っていたんですが、

記事を読む

しるし(投稿作品)※長文

その日は、昼間だというのに空が暗かった。 ただ単に曇ってたってだけかもしれないけど、たまに覗く太陽

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑