先生 おはよ(塔子様からの投稿作品)など不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

先生 おはよ(塔子様からの投稿作品)

公開日: : 不思議な話 |181 view

私の姉には霊感があります。
ただ、今みたいに心霊話が市民権を得ていたわけではなく、
幽霊などのオケルト的な話を真剣な表情でしようものなら、
「かまってちゃんか?」「虚言癖があるかも」「ああ はいはいはい よかったね」
とあしらわれるのが常であるため、実際に姉が私に語ってくれた話は極僅かです。

その中で、この話は、今から20年ほど前、姉が社会人になってから体験した、数少ない不思議な話です。

とある食品業界に就職が決まった姉は、何週間かの研修期間を経たのち、バスで数十分ほどの、比較的通い易い就業場所に配属されました。
盲腸路線とも呼ばれる私鉄に乗ってJRに乗るのが私達近隣の住人が通常遊びに出るルートなのですが、
バスの乗り場が家とJRの駅の中間にあったため
私鉄を使わず、普段は長年住んでいる人も歩かない道を通ってバス停まで行くコースを選択したそうです。

通い始めて何日かした、ある朝の事

「先生 おはよ!」

元気な子供の声で、うつむき加減で歩いていた姉はその声の方に視線を向けました。
みると、前方(つまり駅の方)から小学校低学年の男の子が二人、スキップしながら先ほどのセリフを口にし

「おう おはよ!」

男の子の声に応じるように、やはり元気な声を出す女性とハイタッチ(子供にとっては)していったそうです。
その女性を見てびっくり。
まだ春先で寒いとはいえ、厚手のコートを羽織り、白髪混じりの髪の毛はひっつめ。服の感じが全体的に埃っぽい。
何より驚いたのは、履いていた紺色のタイツが伝線どころではない、もうボロボロにやぶけていたそうです。

ただ、今と違い当時はタイツやストッキングは高級品でしたし、伝線しないようなノウハウが雑誌の特集になったりする時代だったので
多少の伝染なら、糊で止めて使ってました。
姉も「通勤途中で伝線したのかな。コンビニで買うのも高かいし、今は我慢して履いてるんだろうな」と一人納得したそうです。
むしろ元気な子供達と、それに応じる気さくな先生、その姿は非常に微笑ましいものがあったそうです。

しかし
その様子が毎日毎日二度三度と繰り返されると、さすがに姉もいくつかの違和感を感じてきました。

この女性が先生なら、なぜ先生と生徒が朝の通学時間にすれ違う形で登校しているのか
男の子二人が被っている校帽は紺色だけど、この周囲でそんな変った色の帽子を被ってる学校を知らない
(昔はほとんど黄色一色と言っても過言ではなかった)
その先生と生徒の姿を見かける時間帯は、だいたい8時半。通常の小学校にしては遅くないか。
その先生と生徒がすれ違う場所は、駅へと向かう比較的わき道も人通りも多い道だけど、気が付けばいつの間にか女性が目の前に立っている
そして何より
いつもその女性は、ボロボロに破けた紺色のタイツを履いている。

しかし、何度となく恐ろしい霊体験をした姉にしても、 
薄気味悪いとか、なんだか怖いとか、そんな「怖さ」は全く感じなかったとの事。
だから、多少おかしな点があっても
「時代が変ったんだなー」程度でなんとか納得しようとしていたそうです。

「先生 おはよ」の儀式を毎日のように繰り返し見て
ある日から、姉は今度は遅番のシフトに移行する事になりました。
朝ゆっくりと起き、いつもと違い人通りの少ない駅への道を歩いていた姉でしたが

いつもの場所でその足は凍りついたように止まり、
そしてもう一歩も動けなくなってしまったそうです。

「先生 おはよ」
「おう おはよ」

いつも見慣れたその風景が目の前に広がっていたそうです。
時間は10時をすでに回っていました。

姉の中学時代からの友人で、やはり霊感のある知人に相談したところ
それは恐らく女性の生霊ではないか、女性教師に非常な未練を感じられるとの答えを得たそうです。
実際、その「先生 おはよ」のシーンに遭遇するのは実は工事中の作業現場のまん前だったそうです。
ただそこで死亡事故とかおきた話は聞いたことはないです。(いくらなんでも耳に入りますし)
が、知人曰く、人の思いは場所だけでなく、当時その場所に存在した物にも宿るそうです。
クレーン車、ブルドーザー、フォークリフト……

なんらかの事故に巻き込まれたと言ってもおかしくない
女性の埃にまみれた衣服、伝線したタイツ。

「先生おはよ」 と 元気良く声かける生徒達と、何の未練を残したのか

探偵でもない、一市民としてはそれ以上の事は分かるはずもなく(中学時代の知人は、すでに遠く離れた岐阜に住んでいた)
姉はほどなくして、もっと良い通勤ルートを見つけて、そちらで通い始める事になったので、この話はこれでお終いです。

*文章書くことに慣れていないため、酷い出来で申し訳ありません。
姉もあんまり怖そうに語ってくれないのです(普通にサラリと話す)

先生 おはよ(塔子様からの投稿作品)の情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. (●⁰౪⁰●) より:

    うん。文章へたくそ。
    なんでストッキングとかが高級品な時代にコンビニなんかがあるのぉ?

  2. より:

    ストッキングが高級な時代にコンビニはあったけど??

  3. 炭子 より:

    みんな悪いところを探すんじゃなくて、
    いいところを探すことにしよう。

  4. 匿名 より:

    オケルト

  5. 匿名 より:

    ↑それ気になった(笑)

  6. 匿名 より:

    お!ケルト民話?

  7. 匿名 より:

    オカルトって今も市民権ないと思うけど

  8. 匿名 より:

    こんだけ叩かれてるということは、つまらないと言うこと。
    良い作品には変なコメントもつかない。

    不思議で不気味な話にすらなってない、ただの意味不明な話は誰も読みたくないってこと。

  9. より:

    コメントがつかないのはどうでもいい話だからじゃない?賛否両論あるほうが良いと思う

  10. ( ̄∀ ̄) より:

    つまらない話だろうがなんだろうが、こういう説明のつかない不思議な話って実際たくさんあります。
    これは体験したひとにしかわからないです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

お経に聞き入る猫

昨年お盆にお墓参りに行ったときのこと、近くのお墓(もちろん知らない お家のお墓)に住職さんと初老の夫

記事を読む

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。 俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に

記事を読む

贖罪の手紙

とあるお店が在る。 俺は曰く付きなコレクション兼商品にまるで磁力に引き寄せられるように何度も訪ねて

記事を読む

嫁の苦悩

1年前の話。 俺は結婚してて、嫁と子供の3人で暮らしている。 その日はいつものようにネッ

記事を読む

目が合う

なんか妙に冷静で変な気持ちなんだけど書かせてもらいます。 さっきつまらない授業の最中、洒落コワ

記事を読む

僕の家 (ジェニカル様からの投稿作品)

僕は、中3になって、さぁ、もう卒業と言う頃、予定では、僕が高校を無事卒業してから、と言う。話だったの

記事を読む

池釣り

文章書くの下手だから雑でごめんね あと、そこまで恐くないと思う かなり前の話になるんだけ

記事を読む

深夜のTV画面

1週間前、夜中に目を覚ました。 ・・・部屋が薄明るい。 どうやらテレビを付けっ放しで寝た

記事を読む

服を着直す遺体

仲のいい年上の友達から聞いた話です。 その人のお兄さん(仮にAさん)は刑事なのですが、その方のお

記事を読む

暗示ゲーム

まだ自分が、BLとか知らない純粋な中学生だった頃の話。 剣道部だった自分が放課後いつも通り部

記事を読む

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

狙われる路上の宗教勧誘

路上の宗教勧誘ってどう思いますか? ウザいですよね。メンドイですよね

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑