私の住んでいたアパート(投稿作品)など不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

私の住んでいたアパート(投稿作品)

公開日: : 不思議な話 |170 view

夏は怪談って相場が決まっているらしいですね。

そういえば、私もそういう体験をしたことがあります。

私自身は霊感なんてないし、そもそも霊感などというものも信じられません。なので、俗に言う「霊能力者」なんて存在しないと思っています。

よくある怪談話しで「村で禁じられた場所に入って狂った」 とか「何であの場所へいった!Bはもう助からん」 とかそういった話しって多いですよね。あれらも都市伝説であって本当の話しではないと思います。

現実味が無いし、今の世の中でそんなことってあるんですかねぇ。(村の風習や封印ってねぇ) 私はどんな田舎に行ってもそんな話し聞いたことありませんよ。

もっとも、住民が意図的に隠している可能性も捨て切れませんが だとすると、「入った後」に「あそこは○○でな~」と説明する理由がありませんよね。

そんなに入ってはいけない場所なら理由を最初から言えばわからないものを探検してみようとは思いませんから。とはいえ、「何かが出る」という話しが広まれば好奇心が湧いてくるので一概に、隠すこと、話すことが解決策として正しいかはわかりませんが。で、前置きが長くなりましたが私の体験した話しってのはほんのちょっとした出来事で 「呪い」とか「一緒に行った○○が謎の死を遂げた」とか そういったものでは決してなく、身近で、少しおかしいなと思う程度です。

箇条書きで簡潔に書きます
・空けていたはずの蛇口がいつの間にか閉まっていた
・一人暮らしの僕では到底ありえない量の髪の毛が風呂場に固まっていた
・その髪の毛の量、そして長さから僕のものではありえなかった
・1DKの部屋、曇りガラスの向こうに揺れる人影があった(見間違い?)
・その人影はかがり火のようなものであった・曇りガラスにも関わらず、「向こう側の壁」が見えていた ・洗濯物の位置が変わっていた(僕が意図的に配置をしたので間違いありません)
・物干し竿があり得ない場所に絡まっていた(後述するネットに)
・洗濯機の場所がわずかにずれていた(日々、少しずつありえない方向へ)
・開けていたはずの襖が、仕事から帰ってくると閉まっていた といったものです。

「空き巣か何かじゃないの?」という話しもありますが 私の住んでいたアパートは、ベランダにネットがはってあり 泥棒などが侵入するにはネットを破らないと入れません。

当然仕事に行く時は必ず施錠をしているので帰ってきた時に「鍵が開いていた」ら不自然です。そして何より部屋を物色した様子も無く その手の類の仕業にしても「何故そんなことをわざわざするのか?」 といった疑問は残ります。

そうなると「中から」何かする以外に方法がないということで 空き巣やなんかの仕業としては少し変です。

隣の部屋もベランダを伝って移動はできませんし 何よりそんなことをする目的がわかりません。

単純に私を怖がらせたかったのか? しかし、私が怖がったとしてどうやってそれを知るのだろう? 結果など見る気はなく、ただ悪戯したかっただけ? いいえ、そもそも「最初から隣人なんていない」んですよ。

つまり、僕の部屋からじゃないと何もできないんですよね。

ストーカー?それにしてはやることが少々奇妙です。気になって部屋中を荒らしましたが痕跡はありませんでした。

洗濯物に限っては、盗むならともかく「位置を変える」メリットがありません。これって、結構不思議な話しじゃありません? 今は引越していますが、あの部屋にはやはり何かあるんでしょうか。

あとから知ったんですが、僕の部屋だけ他の部屋より大幅に家賃が安いそうです。

1DK、駐車場付きで月3万、しかも一人暮らしをするにはちょっと広すぎるんですよね。

立地条件も良く、他の部屋では5,6万する程です。

私は地方の都会部に住んでいるので、相場としてはそれくらいするはずなんです。やっぱり、いわく付きというか、そういう物件って存在するんでしょうか。

証明できないのでわかりませんが、そういうことが起こったのは事実です。

あの部屋では、今も同じようなことが起こってるんですかねぇ。

生きてる人間が一番怖いとは言いますが まぁそれはそれとして、説明のつかない何かってのはこの世に存在するんでしょうね。

私の住んでいたアパート(投稿作品)の情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. タッキー より:

    部屋にカメラを設置して、録画したら?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

夢の中の女の子

僕が高校2年生のとき、変な夢を1週間程見たことがあります。 僕には姉が一人いるだけで、弟や妹はい

記事を読む

地元の都市伝説(ジェニカル様からの投稿作品)

これは、最近多い…と言うか昔からなのですが。僕の住んでる地元は、行方不明が多い。大体は、次の日には、

記事を読む

暗示ゲーム

まだ自分が、BLとか知らない純粋な中学生だった頃の話。 剣道部だった自分が放課後いつも通り部

記事を読む

着物の少女

772 本当にあった怖い名無し sage 2005/07/26(火) 18:17:06 ID:aml

記事を読む

呪われた不動産(投稿作品)

Aホームという不動産屋さんが1000万近い借金に困り 精神病を病んでいた友達にわざと家を売ろうとし

記事を読む

放置されたサイト

1年ほど前に俺が体験したネットの怖い話。 オカルト系ではないんだがあるサブカル系のサイトを見

記事を読む

目が合う

なんか妙に冷静で変な気持ちなんだけど書かせてもらいます。 さっきつまらない授業の最中、洒落コワ

記事を読む

黒い悪魔

昨日の夜ふと和室を見たら神棚の下の押し入れの戸が少し開いていた。 戸を閉めてテレビを見ていると、

記事を読む

葬式のCM

友人の体験したことなんですが、6年くらい前、 24時くらいにふとテレビをつけたら、テレビ番組ではな

記事を読む

黒い人(投稿作品) ※長文

ようやく気持ちが落ち着いたので、厄落としの為にも書いてみます。 長文な上にあやふやな所もあり、ぐだ

記事を読む

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

お面の神様

俺が小学生の頃の話。 昔っから絵を描くのが好きだったんだ。コンクール

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑