リヒテルを連れた少女など不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

リヒテルを連れた少女

公開日: : 不思議な話 |183 view

なぜそんな怖かったのか。全く同じ話を私は知っていたからだ。
同人誌では『キャプテン翼』のキャラクターだったということだったが、
その人は『宇宙戦艦ヤマト』のキャラをつれていた(古い)。
一度しか会ってない友人の知り合いで、お茶会に現れた彼女の印象は、
変なところの何もない、ごくごく普通の身なりのいいお嬢さんだった。
最初はありがちな話題から始まり、盛りあがって来た時、不意にその話が出た。
「私のそばにはヤマトのみんながいるの。」
 彼女が言うには「いつもそばにいて、姿も見えれば会話もできる」というのだ。
「ええ~?ほんと~?今もいる?。」 と、半ば茶化して尋ねた我々に、彼女はまじめな顔で、
「ええ、今もそこにいるわ。」 と何もない空間を指さしたのだった。
 我々は目が点になった。
彼女の話によると、キャラたちは想像でなく実際にいて、彼女に話しかけたり、
キャラ同士で会話するのだという。
「アニメではこうこうこういう表現をされてるけど、ほんとは彼はこんな性格なの。」
 と彼女の話はだんだん熱を帯びて来る。
「アニメのキャラとはいえ、いったん名前を与えられると、魂が宿るものなのよ。」 とも…。
 そういう彼女の話を否定する理由もない我々は、ただ相槌を打っていた。
         *   *   *
 同じ話がまた別の場所であった。
彼女の場合は最初、自分のオリジナルキャラが周囲に現れる、というところから始まった。
それは、彼女がオリジナル作家だった為だ。
 ところがある時彼女は『闘将ダイモス』というアニメにのめりこんだ。
『ダイモス』と言っても今の人たちはわからないだろうが(笑)、
故長浜監督の美形悪役がでる二十年以上も昔のロボットアニメである。
彼女はその敵役の、『リヒテル』 という背中に白い翼をもった、金髪の美形キャラに傾倒した。
ある時、霊感の強い友人が、たまたま彼女の姿をみかけたところ、
その友人が「あれっ!」と声をあげた。
「あの子、すごい形の霊を連れてるわ。」
「え、なに、なに。」
「長い金髪で白い翼持った男の形をしてる。」
 その友人は彼女が『リヒテル』に傾倒し、『リヒテル』の霊と会話ができる、
などという話を知らない。
なのに、実際に『リヒテル』の姿をしたものが見えるなんて!
霊が彼女の望む姿になっているのか、その辺は私にはわからない。
話す分には普通の人で、霊にとりつかれている感じはない人

リヒテルを連れた少女の情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    話での前者だけなら、多重人格症の一種といえる。(内部に宿さないタイプ)
    後者からすると、強烈な熱中思考の波長と同調したい(嫌われたくない?)というタイプの霊は、願望に沿うという涙ぐましい努力か?(化けているのが先祖や亡き親族だと、泣ける…)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

誇り

うちの婆ちゃんから聞いた戦争のときの話。 婆ちゃんのお兄さんはかなり優秀な人だったそうで、

記事を読む

異次元世界での幸せ

前スレでエレベーターから降りたら~で、動画をあげた者です。 降りたら違う世界に来てしまったという

記事を読む

透明人間になる服

俺には中学のころからの付き合いの親友がいる。 大学も同じところに進学し、会社も同じところに入った

記事を読む

ばれないように

霊感なんてまるでなくて昔に一度亡くなった祖父を見ただけなんだけど、去年の冬死んだ犬が出てきてくれた。

記事を読む

哀しい先輩

俺の職場での話。 俺の職場の先輩は面倒見がいいし、仕事もスゲーってほどじゃないけど、確実で取引先

記事を読む

地元の都市伝説(ジェニカル様からの投稿作品)

これは、最近多い…と言うか昔からなのですが。僕の住んでる地元は、行方不明が多い。大体は、次の日には、

記事を読む

腐った自転車

もう7~8年程前になるが、当時俺は京成線沿線の住人だった。住んでいたのは、某干潟のすぐそば。 そ

記事を読む

地底湖みたいな地下倉庫

小さな町です、取り立てて何もない 国道を挟んで海岸線からは4kmほど…海も近いが山も近いそんな町

記事を読む

ばあちゃんが

ある家族がいた。 家族構成は父、母、息子、祖母です。 その男の子、とても病弱で、よく怪我をする子

記事を読む

夢の中の女の子

僕が高校2年生のとき、変な夢を1週間程見たことがあります。 僕には姉が一人いるだけで、弟や妹はい

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑