キュルルルなど不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

キュルルル

公開日: : 不思議な話 |238 view

私が経験した、恐ろしかった出来事をお話します。
最初にお断りしておきますが、文才のなさと長文をお許しください。

以前、私は電話や来客を応対する、いわゆる受付嬢をしておりました。
当時その会社にかかってくる電話は、実際その4割が
業務と全く関係のない営業電話であったり、迷惑電話であったりと
その多さたるや、一日中お断りの言葉を繰り返していると実感したほどでございます。
ナンバーディスプレイを導入するも、実質あまり意味を為しておりませんでした。
また、業務は大変忙しく、事業内容が貿易関係だったのもありまして
海外からのご連絡も少なからずあり、ただの受付である私も
深夜12時過ぎまでのシフトを組まされ、ひたすら電話応対をする日々でした。

前置きが長くなりましたが、その日々の中で私が受けてしまった
とても奇怪な電話のお話です。

その日私は、いつものように深夜勤をこなしておりました。
時刻は正確には覚えておりませんが、午前0時過ぎだと思います。
外販部の方には何人か居るようでしたが、事務所には私が1人でした。
すぐにプルルル、と電話が鳴り、受話器を取りました。

「はい、A社でございます」
 『はい、ザザーッ A社でございます、ます、キュルルーッ』
「もしもし?」
 『もしもザザーッし、もし?キュルーーッ』
「こちらはA社でございます、どちらさまでしょうか」
 『こちらはA社でございます、ザザーッいます、どちらザザッさまでしょうか、うかキュルルルッ』

その相手は、私の言葉をそのままオウム返ししてきました。
奇妙なのはまるでボイスチェンジャーを使ったような声と、
語尾部分のおかしな繰り返し、ザザーッという砂嵐のような雑音、
そして「キュルーッ」という、ビデオを早送りをしたときのような音でした。
気味が悪いと思いましたが、どうせテープレコーダーなどを使ったイタズラだと思いまして
「失礼します」と言うなり、返事も聞かずに電話を切りました。

しかし受話器を置くなり、また同じ電話がかかってきたのです。
「はい、A社でございます」
 『はい、ザザーーッA社でごザイマス、ザイマス、キュルルーッ」
「失礼します」
がちゃ。
プルルル…
「はい、A社でございます」
 『ザザッイ、Aシャデゴザイマス、ゴザイマス、キュルルーッ」
がちゃ。

切ってもしつこくかけてくる電話。しかも、先程の電話とは声が違いました。
ボイスチェンジャーの設定を変えたのか、どうやったのかは分かりませんが…
とにかく悪ふざけが過ぎるし、いちいち応対していたら仕事にならないので
次にかけてきたら、保留のまま放っておこうと思いました。
(回線は1つではないので、業務にさほど支障は出ません)

もちろん電話はすぐにまた鳴りました。
受話器を取って、いたずらであるのを確認し、保留して放置します。
しかし、1分も経たないうちに次々と同じ「キュルルーッ」という電話が入り、
あっという間に5本あった回線が全て
同一の電話でいっぱいになってまったのです。
相手側に最低でも5本の電話回線がないと、このようなことはできません。
私はもう恐ろしくて恐ろしくて、とりあえず外販部の方に行こうと思いました。
急いでバッグと上着を掴んだとき、私の携帯が鳴ったんです。
見ると、非通知でした。(都合があり、非通知拒否はしておりませんでした)
もちろん 普段ならそんな時間の非通知なんて絶対に出ないのですが…
何故かふっと出てしまったんです。通話を押して耳に当てました。

その電話は

「ぷキュルルッ」

といって、ブツッと切れました。

あとはもう一目散です。
プルルル、プルルル、とコール音が鳴りっぱなしの部屋を飛び出て、
外販部のところへ転がり込みました。
残っていた社員に、恐怖でもつれてうまくまわらない舌で、必死に事情を話し
一緒に事務所まで来てもらうと、すっかりその電話は鳴り止んでいました。

その電話を受けた翌日、
突然「ぶつっ」という音と同時に、私の右耳が聞こえなくなりました。
もうパニックでした。
その時はすぐに元に戻りましたが、今でも時々、
突然右耳が聞こえなくなったり
突然右目が見えなくなったり そういうことがあります。
どちらも一過性のもので、数分で元に戻るのですが…
あの電話で、何か「よくないもの」に充てられたのでは…と
今ではそう考えてしまっている自分がいます。
単にあれは誰かの手の混んだイタズラで、
すべては私の被害妄想が起こしていることなんでしょうか。

また、その後、よく見るようになった夢があるんです。
大きな黒い鳥が、私の頭上をぐるぐると飛んで周り、
そのうち降りてくるのですが、なんと鳥の頭部は人間の女性の顔なんです。
彼女はバサバサと降りてくると私の右側の肩に止まり、
耳もとでキュルルル、と鳴くんです。

女性の顔に見覚えはないし
あまり深くは考えないようにしていますが…
やっぱり不安です。

長文失礼しました

キュルルルの情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    「海外からのご連絡も少なからずあり」からして「ハルピュイア」?
    それは「掠める者」ということから、右顔の生気をちょくちょく取られている?

    現実的には、脳腫瘍の有無を確認しにMRIを受け、無いならヘルペスウイルス性による神経一過性不通を疑い、自信ある健康体でもなるなら、心理的抑止作用からの神経情報閉塞など。

    ちなみに、ナンバーディスプレイをしていなくても、NTT固定電話では「ナンバーお知らせ136」という機械応答サービスがある。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

深夜のワン切り

深夜ネットサーフィンしてた時に 「死者から電話がかかってきた」という文献を見つけて読んでいた

記事を読む

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。 俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に

記事を読む

禁断のイチジク

男は深い森を歩いている。 突然、少女が現れ、男に言う。 「『イチジク』を食べてはダメ。森から

記事を読む

海を見たらあかん日 ※長文注意

子供の頃の怖い体験がふと思い出されたのでカキコ。 長くなると思うんで、思い出したのをまとめながボチ

記事を読む

関連性はある?(投稿作品)

12、3年前の話です。 当時関西の市営団地に子供と住んでいました。 初夏の金曜日だか土曜日

記事を読む

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に、やっていたら、急に部屋全体が

記事を読む

渓流へ釣りに行った男の話

渓流へ釣りに行った男の話 初めて行く渓流だが、男は何故か以前にも同じ場所へ来たことがあるような

記事を読む

お経に聞き入る猫

昨年お盆にお墓参りに行ったときのこと、近くのお墓(もちろん知らない お家のお墓)に住職さんと初老の夫

記事を読む

地下2階(投稿作品)

30年以上前の話になりますが、弟が入院中に母が体験した話です。 私は4人兄弟です。 弟が4才

記事を読む

良栄丸事件

206 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/02/02 23:28 ここって恐

記事を読む

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

狙われる路上の宗教勧誘

路上の宗教勧誘ってどう思いますか? ウザいですよね。メンドイですよね

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑