ヤマチューなど不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

ヤマチュー (小林さんからの投稿)

公開日: : 不思議な話 |31 view

ある男性の話。
Aさんは、友人のBさんとお酒を飲みながら世間話をしていた。

久しぶりの再開だった為、最初の内は、仕事の愚痴とか、
彼女が出来ないとか、男同士のよくあるベタな話題が花を咲かせた。

ある程度、会話に区切りがついた段階で、
おもむろにBさんが語り始めた。

Bさん「そういえば、、この前変な夢見ちゃってさ、その話してもいいか?」

夢の話?と、Aさんはいぶかしげに思ったが大丈夫、と答えた。

Bさん「あのな、夢の中で、俺はどこかのショッピングモールの通路に立ってるんだよ、
〇オンとか、あういう感じの真ん中が吹き抜けになってるタイプのやつ」

よくあるショッピングモールの通路を、Aさんは思い浮かべながら、話を聞く。

Bさん「そこでなんとなく、周囲を見回していたら、
通路の行き止まりのある一角に視線がいっちゃってさ」

ある一角?とAさんは聞く?

Bさん「とにかく気味悪いんだよね、そこ。普通ショッピングモールのお店って、
通路からでも、中が見れるようになってるじゃん。でも、そこは違うんだ。
外からじゃ、店の中なんてまず確認できないし、そもそも入り口自体がもう薄暗いんだよ」

なんだよ、それ。とAさん。

Bさん「おまけに、なんていったらいいか、匂いが物凄くキツイんだ。
言葉悪いけど、汚物とか、あういうののもっとキツイ感じ。

そこで、そんな気味悪いトコなのに、夢の中の俺は、
好奇心からか、そのお店の中を覗いてみたくなっちゃったんだよね」

その例えで、少しばかり気分が悪くなりながらも、
Aさんは頷きながら聞いていた。

Bさん「本当に、凄い異臭がするんだけど、
何とか、鼻を押さえつつ入ってみたら、
中は少しだけ明かりが点いてて、確か、ピンク色だったかな」

「…お前、それ如何わしい店だったんじゃねえの」と、
Aさんは茶化すような合いの手を入れたが、

だったら良かったよ、とBさんはつぶやき、話を続けた。

Bさん「その店の中に入った時から、ある音っていうか、
鳴き声みたいのが聞こえてきてたんだけど、その時は、
特に気に留めなかったんだ。もっと奥に入ってみようと、
とにかく進んでみた。そしたら、少し開けた空間が見えたんだ、でも…」

口篭んでしまったBさんを、少し心配そうにAさんは見つめた。

Bさん「…中に入ったらさ、床にマットみたいなのが敷かれてて、
そこに人が寝かされてるんだよね。それでもう一段高くした段差の所に、
丁度、昔の和式便所で用を足すみたいな形で、”何か”がまたがってるんだよ」

”何か”がまたがってる?とAさんは聞いた。

Bさん「ああ。あれは人間じゃない。最初、俺も人間だと思ったんだ、二足歩行で、
腕も二本あって。正確に言うと、身体は人間なんだ、でも頭が違うんだ。
目が異常に大きくて、鼻は無くて、口元からはチューブみたいな長い管が垂れてるんだ。
まるで昆虫か何かの…そうだな、分かりやすく言えば”蝿人間”って感じかな」

それで、その蝿人間は何してるんだ?とAさんは、少し動揺しつつも聞いた。

Bさん「…そいつ、少し高い段差から、下で寝ている人の頭の部分にまたがるようにして座ってさ、
その口元の長い管から、何か体液を口元に注ぎこんでるんだよ。ゆっくり、坦々と…」

何だよ、それ!…気色悪いな~、と、Aさんは率直な感想を述べた。

Bさん「それも、確かに気色悪かったけど、その寝かされて、体液を注がれてる人の表情を見た時、もっとゾッとしたね。…何かすごい嬉しそうなんだよな、危ないクスリでもやってる人みたいなさ。…俺は、通路の陰越しにそれを見ていたんだけど、何かの拍子に、その蝿人間がこっちに気付いてさ、目があっちゃって、やばいって思った時に、目が覚めたんだ」

は~、それは散々な夢を見たな、とAさんはBさんに軽く同情した。

Bさん「ああ。本当に気持ち悪かったよ、あの夢は。…でも、な、離れないんだ…」

離れないって、何が?とAさんは聞く。

Bさん「夢の中の音って事は、実際には聞いてないはずだろ。
…でもさ、夢から覚めても、しばらく耳から離れなかったんだよ、
その”蝿人間”の鳴き声。

…”ヤマチュー”ていう鳴き声、がさ」

それを言い終えると、
Bさんはビールの中ジョッキをグイっと飲み干した。

ヤマチューの情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

地元の都市伝説(ジェニカル様からの投稿作品)

これは、最近多い…と言うか昔からなのですが。僕の住んでる地元は、行方不明が多い。大体は、次の日には、

記事を読む

顔野菜

小学校の頃、帰りが遅くなったので近道に農道みたいなとこを通っていた時。 途中潰れかけの農具入れみ

記事を読む

葬式のCM

友人の体験したことなんですが、6年くらい前、 24時くらいにふとテレビをつけたら、テレビ番組ではな

記事を読む

脱げる

今から5年前、自分が専門学校生だったころの話です 同じクラスに仲のいい子がいたんですけど、その

記事を読む

得体の知れないバイト

俺は田舎に住んでるんだけどさ。電信柱に「アルバイト募集 日給2万」ってあったのよ。 内容書いてな

記事を読む

お盆の夜

数年前のお盆の夜。リビングで家族揃ってテレビを見てた。 全員その場にいるのに、二階の自分の部屋があ

記事を読む

怪談のテープ

稲川淳二が怪談話を始めて、人気が出だした頃の事。 当時のバイト先の仲の良かった早番の女の子が、

記事を読む

チャイム

怖いというか、未だに謎な話 小学校3年のときに3時間目の授業を受けてるときにチャイムが鳴った

記事を読む

視線

仕事で疲れて帰った時の事 丸ノ内線に乗って帰途に付き、途中の駅で乗り換えるためJRのホームに出

記事を読む

生肉

去年の11月の初めころから、家の中にちょくちょく生肉が落ちている。 この間なんかスリッパの中

記事を読む

PREV
牛の首
ヤマチュー

ある男性の話。 Aさんは、友人のBさんとお酒を飲みながら世間話をして

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑