ジーパンのポケットなど不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

ジーパンのポケット

公開日: : 不思議な話 |34 view

古着屋でジーパンを買ったら、ポケットに幅2cm程に折り畳まれた紙が出てきた。

古着のポケットに何か入っていることはそうそう珍しくもないと思っていたので、気にせずそのまま捨てたのだけど、数日後、何気なしにポケットに手を入れるとまた出てきた。

この時点で相当怖くなったので、友達を呼んでその紙を開いてみる事に..友達はこんな怪奇めいたことが大好きなので喜んできたんだけど、その紙を開いてみたとたん、顔を青ざめながらこう言った。

「ここに書いてあることは知らない方がいいよ、この紙は私が供養しておくから!」

と。供養?私は不信に思ったのだけどホントに怖い話系もまともに聞けないぐらい怖がりなのであえて、紙の内容は聞かない事にした。

次の日、友達は原付バイクにはねられて右足骨折…

絶対あの紙のせいだと思った私は、友人に紙の内容について聞いてみることにした。

友人もそうとう凹んでて、普段からは考えられないくらい元気がなかった。

ここで問いつめるのも気が引けたけど事故迄おきてるのでは、自分もただじゃ済まない気がして聞いてみた。

事故は自分の不注意で起きたんだからあの紙は関係ないとなかなか教えてくれなかったけど、なんども頼みこむとやっと内容を話してくれた。

青いボールペンで

「なんで俺は死んだのに、お前は生きてるんだ?」と

雑な字で書きなぐってあったらしい。 ちなみにその紙は、友人が神社で供養したといってる。

こんな雨の振る夜はどうしてもこの事が頭にこびりついて寝れない。

友人に担がれただけならいいのだけど

ジーパンのポケットの情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. ふん より:

    ありえない話だな。だいたい店員がポケットの中身を見るはずだろう

  2. 匿名 より:

    店員が必ずチェックするから常識的に考えて有り得ない話

  3. より:

    私も古着屋で買った服のポケットに紙入ってた事あります。
    何も書いてなかったけど。

  4. 匿名 より:

    古着って。

  5. 匿名 より:

    ポケットに物が入ったままってのは、低い確率だけど普通に有るよ
    雑なバイト君がチェックしたとか、大量に買い取る場合なんかはミスも起きるし
    大量に買い取り=死んだ人の服、だったりもする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

沼袋の刑務所跡

西武新宿線の沼袋駅の近くに、昭和40年代くらいまで刑務所があってな。 今はそこは公園になってるんだ

記事を読む

葬式のCM

友人の体験したことなんですが、6年くらい前、 24時くらいにふとテレビをつけたら、テレビ番組ではな

記事を読む

お姉さん

オレの叔母さんから聞いた話。 叔母さんが一人暮らしをしている息子から 変な手紙をもらった。

記事を読む

そっちの床から頭出てないか?

大学時代後輩から聞いた話。 大阪府寝屋川市のあるワンルームマンション。 そこの各階縦一列の部屋で

記事を読む

壊れたテレビ

これは、私が実際に体験したお話。私が今も住んでいるアパートは ご近所から『廃墟』とまで言われるほ

記事を読む

地元の都市伝説(ジェニカル様からの投稿作品)

これは、最近多い…と言うか昔からなのですが。僕の住んでる地元は、行方不明が多い。大体は、次の日には、

記事を読む

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。 俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に

記事を読む

フォークとスプーン

今年の夏、家族で行った旅行先でのこと。 早朝カタンという音で目が覚めた。 何か窓に当たったよ

記事を読む

自分を探す先輩

昔の話だが 中学校の理科室で、先生にことわって実験させてもらったんだよ、夏休みに。 午前

記事を読む

モモンガの一生

昔の短編漫画『モモンガの一生』話を考えたのが小学生らしい 魚とか兎が人間みたいに暮らしてる架

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑