怪談のテープなど不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

怪談のテープ

公開日: : 不思議な話 |33 view

稲川淳二が怪談話を始めて、人気が出だした頃の事。

当時のバイト先の仲の良かった早番の女の子が、「怖い話好きだよね。コレ知ってる?」
と、カセットテープを差し出した。

「稲川淳二のやつだよ。ファミレスに売ってたんだ。彼氏と車で河原に行って、真っ暗にして聞いたんだけどスゴかったよ。」何がすごかったのやら…と考えながら、今夜だけの約束でそのテープを借りることにした。

家に帰り、部屋でダビングしようと60分テープを用意。

バイトが午前1時終わりなので、時間はすでに2時近かった。

最初にREC側をスタート、そして再生。1話目は雪山か何かの話だったと記憶している。
まぁありがちなお話だった。

期待はやっぱり4話目の「生き人形」かなと思いながら、雑誌なんかをパラパラとめくりながら聴いていた。

やがて2話目が始まったが、これがなかなかの雰囲気。

今となっては何の話だったか憶えていないが、それまで聴いたことの無い話だった。

「こりゃ儲けた。けっこう怖いぞ。」しばらく聴き入っていると、やがて背筋に冷たいものを感じはじめた。

一人部屋で、モニターをビデオに繋いで音はステレオから出す様にしていたのでステレオを使っているとTVなど、他の音を出すことができない。話はだんだんと佳境に入っていく。

いやな寒気から逃れたくて、思わずステレオのボリュームを絞った。「どうせ録音してるんだ。明日聴けばイイや。」ダビングが終るまでには、しばらくかかりそうだったのでそのまま風呂へ入ることにした。

風呂からあがって部屋へ。戸を開け、中に入りステレオを覗き込むと、ものすごく中途半端なテープ残量で両方とも止まっている。

「???」

オートリバースが働いた様子も無く、どちら側もA面のままになっている。ダビングが終ってるとは思えない。

試しに元テープの方を再生してみると、やはりまだ2話目の途中。

おかしいなと思いながら、録音していた方を少し巻き戻して再生。

話の途中なのに突然プツっと音が無くなっている。

元テープを少し巻き戻してからその部分を聴いてみるが、問題の場面でも止まる様子はない。

「ちぇ、やり直しじゃん。」一度、両方のテープを全部送って、それから巻き戻してみる。

テープの巻が原因と結論をだした。元テープの巻が悪くて、そちらが止まったのでダブルデッキのシンクロが働いて、録音側も止まったのだろうと。

2度目のダビングをスタートさせた。

自分は部屋を出て、居間に行きTVを付けくだらない深夜番組で笑っていた。

「そろそろかなぁ」約一時間後、終る頃だと思い部屋に向かった。

音はしていない。良かった、終ったと思ってステレオを覗き込んだ。テープは止まっていた。さっきと同じぐらいのところで。

元テープを再生してみると、やはり2話目の途中、一回目の時とまったく同じところだった。

録音側も確かめてみるが、同じ所で音がプツっと無くなっている・・・。

だんだんと気味が悪くなってきた。時計を見ると3時半を過ぎている。

「まいったなぁ、返さなきゃいけないのに。」

元テープを巻き戻しながら、新しいテープを探した。

当時はFMラジオのエアチェックなどもしていたので、テープを買いためてあった。元テープの止まる所が同じなら、最初から不良品なのかも知れないと思い音は出さないままで最初から再生してみる。

だいたい頭から20分前後の所で止まっているはずである。

時計と雑誌を交互に眺めながら、時間が過ぎていく。

部屋の中にはテープのヒスノイズだけが響いていて、なんとも奇妙な雰囲気。

15分後、止まる様子は無い。

問題の20分が過ぎ、やがてガチャンという再生ボタンのもどる音でA面が終了した。

元テープには異常は無さそうだ。

先程探し出した、真新しい60分テープを取り出した。

用心のため一度全部、巻送ってから巻き戻した。

準備は出来た。音は出さなきゃいいんだし、部屋に居ることにしよう。

これで最後にしようと3度目のダビングを始めた。カーテンの隙間から光がもれてきた。

空が明るくなりはじめているのに助けられて、ボリュームをほんの少しだけ上げて、音を出した。

第1話の終りぐらいの所だ。

度胸を決めて、そのまま聴き続けることにする。

やがて2話目が始まった。また背筋に冷たいものを感じる。

話が進んで、その場面が近づいてきた。デッキのカウンターを見るとやはり、20分の表示。

何度も聴いた稲川淳二のそのフレーズが聞こえたところで、『ガチャン』テープは止まった・・・。

どうするべきか、しばらく考えた後、録音側、再生側の両方のボタンを同時に押した。

ボリュームを0に絞って、布団に入った。部屋の電気は付けたままにして。

とにかくダビングだけして、返そう。そう考えた。

今にしてみれば、それが間違いだったのかもしれない。翌日、バイト先でテープを返す時、「これ途中で止まったりしたことある?」と、聞いてみた。

彼女は一度しか聴いて無いけど、そんなことは無かったと言っていた。

これから友達に会って、このテープを貸す約束をしていると。「どう?怖かったでしょ。」
ダビングさせてもらってあって、まだ聴いて無いと伝えた。

すると、他のバイト仲間で聴きたがっているA君に貸してあげて欲しいと言われた。

当分、この元テープは彼女の友達の間を渡り歩くから、と。

その時は自分自身、テープを聴く気にはなれなかったので了解して明日渡す約束をした。

彼女が帰った後、A君に昨晩の出来事を話した。

彼は非常に興味を持ち、途中が切れててもイイから是非貸して欲しいと言った。

A君にテープを渡した翌日はバイトが休みで、行く所も無くて家に居た。

今日は寝ていよう、そう決めていたが、突然バイト先から電話がかかってきた。

「今日、出られないか?」

理由を聞くと、A君の母親が亡くなって、彼が来られなくなったと。

断る程の用事もないのでバイト先に向かった。

数日が過ぎ、A君はバイト先に戻ってきていた。

「すいません。これ、忘れてました。返します。」

その手には例のテープが。その日のうちに聴いたのだけれど、その後のゴタゴタで忘れていたと。

怖かったですよ、などと話をしていたらB君が話に加わってきた。

「俺にも貸してよ」

B君にそのままテープを渡した。しばらくは聴きたく無かったのだ。今、これを読まれている人は「リング」を思い浮かべていることでしょう。

似てるかな、パクリだネタだと言われそうだ(苦笑)。

でも今から13年前に、ホントにあった出来事です。信じてね。

これを元に小説でも書いてたら・・・、ダメか。文才無いし。

その時はテープを貸したことと、彼の母親が亡くなったことなんかが結びつくわけが無い。

だから何も考えずに、そのテープを別の人に貸してしまった。

B君の家では、テープを聴いた翌日におばあさんがお亡くなりになりました。

その後、テープはどうなったか?

記憶の限りでは、実家のあの自分の部屋のどこかに今もあるはずである。

B君からテープを返された時から、誰にも聴かせないつもりで、どこかにしまったはず。

捨てるのも消すのも怖かったしね、なんとなく。

A君も、B君も自分の意志で聴いたんだし、そんなわけないから。偶然だよ。と言ってはくれたものの、その時期はちょっと落ち込んでた。

結局、自分じゃ怖くて聴けなかったから。

怪談のテープの情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

宅配便

きのうは暑かったから窓開けて網戸だけ閉めてテレビ見ながらダラダラしてたんだよね。 「佐藤さ

記事を読む

カラオケボックスに出る妖怪「マイクさん」(投稿作品)

 カラオケボックスで、午前4時44分ちょうどに曲名もしくは歌詞に 『死』という単語が入った曲を入れ

記事を読む

贖罪の手紙

とあるお店が在る。 俺は曰く付きなコレクション兼商品にまるで磁力に引き寄せられるように何度も訪ねて

記事を読む

恋人紹介

友人の話。 渓流釣りに行き、山中の河原に野営していた夜のこと。 竿の手入れをしていると、

記事を読む

ばあちゃんが

ある家族がいた。 家族構成は父、母、息子、祖母です。 その男の子、とても病弱で、よく怪我をする子

記事を読む

八尺様

親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。 農家なんだけど、何かそういった雰囲気が好き

記事を読む

パンドラ[禁后]2 解説編

代々、母から娘へと三つの儀式が受け継がれていたある家系にまつわる話。 まずはその家系について説明し

記事を読む

兄貴の子供(はい五郎さんからの投稿)

私の兄には今年5歳になる長男がいる。先日、兄と兄の嫁と長男とで食事をしていたところ兄嫁が変な話をしだ

記事を読む

誇り

うちの婆ちゃんから聞いた戦争のときの話。 婆ちゃんのお兄さんはかなり優秀な人だったそうで、

記事を読む

哀しい先輩

俺の職場での話。 俺の職場の先輩は面倒見がいいし、仕事もスゲーってほどじゃないけど、確実で取引先

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑