市松人形など不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

市松人形

公開日: : 不思議な話 |46 view

押し入れに一体の市松人形が眠っていた。

厳重に包まれて桐の箱に大事そうに入っていおりその為あって保存状態はすばらしく良かった。

長く黒い髪、白い肌、赤い蝶の刺繍が入った着物。

これは高く売れると質屋に持っていった。

質屋もその人形をたいそう気に入りガラス窓の一番目につく場所に飾った。

ある日、一人の少女が店の前を通りかかった。

少女はその人形を一目見て気に入りすぐさま両親にねだって買ってもらった。

それからしばらくは少女の格好の遊び相手となった。

しかし少女も大きくなりそんな人形があった事などすっかり忘れてしまい中学入学の日ふと人形の事を思い出した。

やっとの思いで探し当てた人形はかつての姿は微塵と無くそれはそれはみすぼらしかった。

髪はぼさぼさ、着物はすす汚れていて腕は割れていた。

しかしその割れた腕の隙間からなにやら黒く細長いものが出ていた。

少女は気になりよく見てみるとそれは髪の毛だった。

何故髪の毛が?そう思って引っ張ってみるとするするするするどこまでもぬけていった。

さすがに奇妙に思いその人形を叩き割ってみたところ中からミイラ化した1、2歳の赤子が長い髪の毛に包まれ姿を現した。

少女は悲鳴をあげ倒れこんだ。

数日後、お寺に人形を持っていき供養してもらった。

それから十数年の月日が流れた。その少女も今やすっかり年老いてしまい孫までいた。

たまたま遊びに来ていた孫は押し入れの奥からなにやら箱を取り出してきた。

見たことも無い箱だった。しかし孫が箱を開けた瞬間老婆は驚きを隠せなかった。

そう、確かにあの時寺で供養し焼き捨てたはずの人形が新品同様な状態で眠っていた。

そんな驚きを知らず老婆の孫はその人形を気に入ったようだった。

そして孫は老婆にせがむ。

「ねぇおばあちゃん、この人形私にちょうだい」

市松人形の情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    1歳と2歳ってだいぶ大きさ違うし1歳は赤ちゃんって言わんだろ
    つか2歳児が入るくらいの人形って結構デカいぞ

  2. ´・ω・ より:

    少女、十数年でお婆ちゃん…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

空に太陽がある限り

空に太陽がある限りって歌知ってるよな? スター(笑)にしきののあれ あれを耳元で歌われた事あ

記事を読む

小さな訪問者

午後10時ぐらいだったと思うが、風呂に入っていたらピンポンが鳴った。 「ったく誰だよ。風呂入って

記事を読む

最初で最後の体験(投稿作品)

2004年12月19日のこと。 私がまだ小学生の頃でした。 その日は祖父母の家に私、

記事を読む

私の住んでいたアパート(投稿作品)

夏は怪談って相場が決まっているらしいですね。 そういえば、私もそういう体験をしたことがありま

記事を読む

顔野菜

小学校の頃、帰りが遅くなったので近道に農道みたいなとこを通っていた時。 途中潰れかけの農具入れみ

記事を読む

黒い人(投稿作品) ※長文

ようやく気持ちが落ち着いたので、厄落としの為にも書いてみます。 長文な上にあやふやな所もあり、ぐだ

記事を読む

俺の違和感(投稿作品)

二年前、高二の俺は帰路の途中ボタン式歩道の前に来た。 向こう側に人がひとりいたんでボタン押さなかった

記事を読む

お経に聞き入る猫

昨年お盆にお墓参りに行ったときのこと、近くのお墓(もちろん知らない お家のお墓)に住職さんと初老の夫

記事を読む

いたずら

これは小学校4年生ぐらいに体験した実話なんですけど… 当時、自分の住んでいた町内の近くに林があって

記事を読む

壊れたテレビ

これは、私が実際に体験したお話。私が今も住んでいるアパートは ご近所から『廃墟』とまで言われるほ

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑