赤い集団など不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

赤い集団

公開日: : 不思議な話 |44 view

それは寒い夜の日だった。
自転車で家に帰る途中に変な集団に出会った。

それは、赤いタンクトップに赤い短パンという冬にはあり得ない格好をした40代~60代くらいの、おじさんとおばさんの集団だった…
五十人くらいはいるだろうか…
歩道いっぱいにぞろぞろと歩いていた。

俺はなんか怖くなり、自転車を降りて端によせてその集団に道を譲った。

すると集団の先頭にいたリーダーらしき男がデカイ声で話しかけてきた。
目玉のオヤジみたいな声だった…

「おい!お前、俺たちのことが見えるのか?こいつは珍しいやつだな…おい!みんな、こいつ俺たちの事が見えるんだってよ!」

すると集団がざわざわと騒ぎ出した。
そして口々に俺を批判した…

「変なやつ―」

「変な顔―」

「変な…服―」

「変な…変な顔―」

するとリーダーらしき男が怒鳴った。

「待て!こんな珍しいやつはいないぞ!俺たちはこいつに敬意を表すべきだ!」

そして俺に向かって言った。

「俺たちは敬意を表してお前を許す事にした。お前名前はなんていう?」

俺は戸惑いながら名乗った。

「あの…カズアキです…」

するとリーダーらしき男が集団に言った。

「おい!みんな聞いたか!この街でカズアキは無しだ!」

すると集団がまたざわざわしだした。

「カズアキ無し…」

「若い子好き…」

「子供も好き…」

「カズアキ…変な顔…」

そしてリーダーらしき男が、「行くぞお!」と言うとざわめきはピタリとなくなりまた歩道をぞろぞろと歩いて行こうとした…

俺はどうしてもこの集団の事が理解出来なくて、リーダーらしき男に駆け寄り聞いてみた。

「おじさん…おじさんたちは何者なんですか?」

おじさんは笑いながら甲高い声で言った。

「俺たち?俺たちはインフルエンザさ!」

赤い集団の情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    ちょっとワロタw

  2. 匿名 より:

    作者天才だろww

  3. ジョー より:

    もやしもんみて〜だなwww

  4. 匿名 より:

    なるほど

  5. ('∵) より:

    平成の鬼才、現る

  6. 匿名 より:

    変な顔はひでぇwww

  7. ひな より:

    なんか和んだw

  8. (*''*) より:

    変な顔ww
    そんな大事なことだから
    何回も繰り返したのかww

  9. hey there and thank you for your information – I have definitely picked up something new from right here. asprate ip changer I did however expertise a few technical issues using this site, as I experienced to reload the web site a lot of times previous to I could get it to load correctly. I had been wondering if your web hosting is OK? Not that I’m complaining, but slow loading instances times will sometimes affect your placement in google and could damage your high quality score if ads and marketing with Adwords. Anyway I’m adding this RSS to my e-mail and could look out for much more of your respective exciting content. Make sure you update this again soon..

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

服を着直す遺体

仲のいい年上の友達から聞いた話です。 その人のお兄さん(仮にAさん)は刑事なのですが、その方のお

記事を読む

しるし(投稿作品)※長文

その日は、昼間だというのに空が暗かった。 ただ単に曇ってたってだけかもしれないけど、たまに覗く太陽

記事を読む

ヒナ川

20年位前になろうか。僕はとある田舎町に住んでいた。小学生の僕には小さな町での暮らしの中にも冒険と不

記事を読む

お面の神様

俺が小学生の頃の話。 昔っから絵を描くのが好きだったんだ。コンクールとかもよく出してた。 で、6

記事を読む

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に、やっていたら、急に部屋全体が

記事を読む

踏み入れるべきではない場所

始めに書きますが、とても長い話です。 よろしかったらお付き合い下さい。 私がまだ小学校低

記事を読む

ある冬の日、一軒家で火災が発生した。 その家はかなり入り組んだ所にあったため、消防隊が駆けつけ

記事を読む

白い頭

友人から聞いた話 8年くらい前、友人が大学に入り、一人暮らしを始めて間もなかった頃。 当

記事を読む

ジーパンのポケット

古着屋でジーパンを買ったら、ポケットに幅2cm程に折り畳まれた紙が出てきた。 古着のポケットに

記事を読む

得体の知れないバイト

俺は田舎に住んでるんだけどさ。電信柱に「アルバイト募集 日給2万」ってあったのよ。 内容書いてな

記事を読む

お面の神様

俺が小学生の頃の話。 昔っから絵を描くのが好きだったんだ。コンクール

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

狙われる路上の宗教勧誘

路上の宗教勧誘ってどう思いますか? ウザいですよね。メンドイですよね

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑