小さな訪問者など不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

小さな訪問者

公開日: : 不思議な話 |43 view

午後10時ぐらいだったと思うが、風呂に入っていたらピンポンが鳴った。
「ったく誰だよ。風呂入ってますよ僕は…」と思いながらも、玄関に出る為にあわててパンツやらを履いているとやたらピンポンピンポン連打している。
苛々しながら服を来て玄関を開けると、子供が立っていた。
俺「どしたの僕?どこの子?」
子供「ねぇ入っていーい?」
俺「なに言ってんだよ。だいたい今10時過ぎてんだよ?どこの子よ?」
気持ち悪い子だと思ったが、風呂を邪魔された怒りのほうが強く、どこの子か突止めようと思った。
子供「えー。だってお母さん来てるんでしょ?」
俺「お兄ちゃん一人で住んでるし、誰も居ないから。違う家と間違ってないか?つーかお母さんは誰の家に行くって言ってたんだ?お兄さん連れてってやるよ」
このガキの親に一言かましてやりたかったからね。
子供「お兄さん○○さんじゃないの?」
俺「そうだよ?お母さんが俺ん家に行くって言ったのか?僕 名字は?」
子供「○○だよ」
俺「○○さんなんて知らねーよ?からかってんの?マジ怒るよ?」
黙る子供。怒るよと言ったが、文面のとおり最初からムカついてた。

夜に知らないガキが来る気持ち悪さ、しかも俺の名字は知ってるわで恐怖感なんだが、それよか怒りのほうがグングン沸き上がっていた。
俺は靴を履き、玄関から出て子供に「まず君ん家に帰ろうや。俺送るから。親に言いたい事もあるし。で、どっち?」

素直にあっちと指差す子供。俺は道を聞く以外の声は発せず、黙々と歩いた。
かなり歩き、子供の指示した家に着いた。

言葉が出なかった。
その家は廃屋で、昔友達と肝試しに来た家だった。勿論 人が住めるような状態じゃない。

ハッと横を向くと、そう。子供は居ない。
恐怖で全速力で走り逃げ、携帯を持って来ていた俺は走りながら肝試しした友達の一人に電話をし、すぐ皆を俺の家に来るようにと伝えた。
一時間もしないうちに、3人全員集まってくれた。
俺が事情を話すと、そのうちの一人も昨日子供が来たが、ドアを閉め追い返したという。
皆 驚愕したが、これは何かあると話し合いの結果、次の日の明るいうちにその家に皆で行こうという事になった。
中には嫌だと言う奴も居たが、4人のうち2人の所に来たんだからいずれ来ると説得した…まぁ人数少ないと怖いからね

そして当日の昼過ぎ、誰一人欠ける事なく集まり、裏の壊れた勝手口から入った。
昨日の出来事もあった為、昼間でもガタガタ足が震えるくらい怖い。

奥へと進み、皆同時に あ!と声が出た。

居間の壁にマジックで俺ともう一人の名前。勿論俺達が書いたもの。

子供が来た原因はこれだろうと思った俺達は、壁の文字を消すシンナーと供養の為の花を買いに一度街に出、またそこに戻り文字を消し花を居間の真ん中に置いた。
そして声を出して謝罪してその家を後にした。
不思議なのは、その家はそんなに古くなく、人が死んだという話もない。
子供の服装からしても、最近の子供が着ているような感じの服だった。

その日 まだ恐怖感と疑問で4人で夜中まで過ごし、そのことを話していた。

結局、あそこまでしたんだからもう何もないだろうと言う事になり、皆解散という時

「もう来ちゃ駄目よ…」と女の声。

4人同時に聞いた。
多分耳元で。恐らく母親だろうね。

でも、その日から一応何もありません。
友達一人がその後失踪した以外は。

小さな訪問者の情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

深夜のTV画面

1週間前、夜中に目を覚ました。 ・・・部屋が薄明るい。 どうやらテレビを付けっ放しで寝た

記事を読む

地元の都市伝説(ジェニカル様からの投稿作品)

これは、最近多い…と言うか昔からなのですが。僕の住んでる地元は、行方不明が多い。大体は、次の日には、

記事を読む

恋人紹介

友人の話。 渓流釣りに行き、山中の河原に野営していた夜のこと。 竿の手入れをしていると、

記事を読む

笑う女

親戚が連日、怖い夢を観たそうです。内容は、 真っ暗なところに自分が一人で立っている、そこは上も下も

記事を読む

少年と猫(投稿作品)

これは、私の友人の話である。 彼は、生まれつき体が弱く色白で、中学時代いじめの標的だった。

記事を読む

赤い集団

それは寒い夜の日だった。 自転車で家に帰る途中に変な集団に出会った。 それは、赤いタンクトッ

記事を読む

リアルに怖い映画(投稿作品)

それは皆様もよく知っている映画 「ターミネーター」 未来での救世主ジョンコナー、そのコナーの母親を

記事を読む

私が、小学生の時(投稿作品)

私が、小学生の時です。 6年の時に、宿泊学習があり、2日目に体験したことですが、その日の夜は、

記事を読む

ある冬の日、一軒家で火災が発生した。 その家はかなり入り組んだ所にあったため、消防隊が駆けつけ

記事を読む

脱げる

今から5年前、自分が専門学校生だったころの話です 同じクラスに仲のいい子がいたんですけど、その

記事を読む

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

お面の神様

俺が小学生の頃の話。 昔っから絵を描くのが好きだったんだ。コンクール

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

狙われる路上の宗教勧誘

路上の宗教勧誘ってどう思いますか? ウザいですよね。メンドイですよね

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑