宅配便など不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

宅配便

公開日: : 不思議な話 |44 view

きのうは暑かったから窓開けて網戸だけ閉めてテレビ見ながらダラダラしてたんだよね。

「佐藤さーん、すいませーん、お届け物でーす」
いつのまにか寝ちゃってたみたいで、宅配便のお兄ちゃんの声で起きてさ。
田舎だから玄関も開けっぱなしなんだよね。
玄関と今の間に掛けてあるのれん越しに、おなじみの黒のパンツとボーダーのポロシャツの胸くらいまでが見えてた。

「ああ、すいません、いま行きますー・・・」
返事をしながら体を起こすと、あることに気付いた。テレビでガキの使いがやっていた。
ガキの使いは22時56分からのはず。もちろんビデオじゃない。
慌てて時間を確認する。掛け時計は23時18分をさしている。

その瞬間、ぞぞぞっと、気温とは違う寒気が背筋を通った。
いくらサービスが充実したといっても夜11時を過ぎてまで宅配便が来るわけがない。
のれん越しに改めて配達人を確認した。
よく見ると、全身シャワーを浴びたかのように水滴がしたたり落ちている。
気のせいか水滴は濁っているようにも見える。
夕立でもあったのか。だけどそれにしては訪問するには失礼なほど汚れている。

「佐藤さーん、すいませーん、お届け物でーす」
さっきとまったく同じトーンで、まったく同じセリフで配達人が呼びかけてくる。
「え、あ、あぁ、あの、ええと、夜も遅いので今日はちょっと・・・」
なんとか断ろうと頭をフル回転させても、いい断りの文句が出てこない。
「佐藤さーん、すいませーん、お届け物でーす」
「佐藤さーん、すいませーん、お届け物でーす佐藤さーんすいませーんお届け物でーす佐藤さーんすいませーんお届け物でーす」

まるで壊れたレコードプレーヤーのように繰り返し呼びかけてくる。
もう確信はしてた。あれは人間じゃない。
しかもそいつは玄関を開けて、すでに家の中にいる

「佐藤さーんすいませーんお届け物でーす佐藤さーんすいませーんお届け物でーすフフッ・・・」
おそらくウチへの届け物だろう袋を玄関の床に置き、靴を脱ぎ、そいつは玄関を上がり部屋に向かってきた。
築20年の傷んだ床をギッ、ギシッ・・・と音を立てながら。

もうダメだ、居間に入ってくる・・・!
「うわー!!!」・・・という声とともに目が冷めた。どうやら夢を見てたらしい。
体じゅう汗だくになっていた。もうぐったり。テレビではガキの使いがやっていた。

その時だった。
「佐藤さーん、すいませーん、お届け物でーす」

宅配便の情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    ゾッとした

  2. ナミダ より:

    ザリッとした

  3. 夢鬼 より:

    ガリッとした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

猫の親子

友人に教えられて覗いて見たら、動物の話があったので書きこんでみます。 俺が生涯体験した最も怖い出

記事を読む

記憶の中の少女

小学生の頃にAちゃんという同級生がいた。 俺は同じクラスになったことないんだが、 当時すごく

記事を読む

池釣り

文章書くの下手だから雑でごめんね あと、そこまで恐くないと思う かなり前の話になるんだけ

記事を読む

笑う女

親戚が連日、怖い夢を観たそうです。内容は、 真っ暗なところに自分が一人で立っている、そこは上も下も

記事を読む

繰り返す家族

先週のことなんだけど、小三の俺の弟が体験した話。 弟はその日、学校終わって一度うちに帰ってから仲

記事を読む

少年と猫(投稿作品)

これは、私の友人の話である。 彼は、生まれつき体が弱く色白で、中学時代いじめの標的だった。

記事を読む

俺たちの成人の日

もう20年以上前の話だが、今でも忘れられん。 成人式の後、地元のツレ3人と久しぶりに会った。

記事を読む

黒い悪魔

昨日の夜ふと和室を見たら神棚の下の押し入れの戸が少し開いていた。 戸を閉めてテレビを見ていると、

記事を読む

おにいさん

生まれは都市圏だけど、まだ緑が多かったころなので遊び場には事欠かなかった。 家の近くに大きな空き地

記事を読む

得体の知れないバイト

俺は田舎に住んでるんだけどさ。電信柱に「アルバイト募集 日給2万」ってあったのよ。 内容書いてな

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑