牛女など不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

牛女

公開日: : 最終更新日:2011/02/17 不思議な話 , , |89 view

221 名前:九印 投稿日:03/01/20 05:52
いつも見てるだけなんで・・・。
長いけどゴメンね。神戸の牛女の伝説はご存知ですか?西宮の鷲○寺が有名で
すが、神戸の六○山にも噂があります。凄まじいスピード車やバイクを追って
くる牛頭人体の妖怪の話です。これのルーツになったのは第二次大戦中に発見
された屠殺業の娘が牛頭人体であったという噂のようですが、こちらの方はと
くに人を襲うといったものではないようです。これらの噂の真偽についてはネ
ットで検索すればすぐに見つかると思いますので、リンクは致しません。
もっともこの話は地元の者は皆知っていますし、肝試しに行く者も少なくあり
ません。私の友人Aも六○山にある神社に出るらしいと噂を聞きつけ、遊び半
分で肝試しに出かけたようでした。噂のある神社かどうかわかりませんが、神
社らしきものを見つけたと言っていました。しかし、その神社に近づくと車の
ヘッドライトが消えたり、エアコンの調子が悪くなったりしたため、気味悪く
なりすぐに帰ったそうです。
・・・・私がこの話を聞いた数年後、不思議な話を聞きました。体験したと言
った方がいいのかも知れません。

222 名前:九印 投稿日:03/01/20 05:54
まったく別の友人の自宅で数人(仮に私、B子、C子)集まり鍋をしていたの
ですが、ひょんなことから、話題が怖い話になり、私はなにげに前に聞いた友
人Aの牛女の話を話しました。するとその中の一人の女の子(B子)の顔がふ
と曇ったように見えました。私と目が合った彼女は、ぽつりぽつりと話だしま
した。
B子「私もいったことあんねん・・・たぶん同じとこ。彼氏と友達4人で。車
でいってんけどな。遠くから様子を見ると境内っていうんかなぁ、鳥居が見え
たわ。意外とひろくてなぁ。軽自動車なら、なんとか敷地内まで車で入ってい
けそうやったし、車の中やったら怖くないやろっていう話になって入っていっ
たんよ・・・・・・」
C子「うそぉ、まじで?」
B子「・・・・それでな・・・・ちょっとずつ車で入っていってんけど、“軽”
やったから入れるんは、入れたけどなんかあってもUターンも出来ひんやんと
か思ってたら、目の前に鳥居が迫ってた・・・。鳥居をくぐった辺りでふと前
を見たら、ちがう・・・ずっと見てたけど、気づかんかったんかな・・・・い
やおらんかった絶対!」(B子の様子がおかしい・・・)

223 名前:九印 投稿日:03/01/20 05:56
C子「?なにが?おらんのん?」
B子「境内っていうん?賽銭箱がある辺りに・・・四つんばいになった女・・・
白い着物着てた。みんなが気づいた瞬間にそいつ、飛び上がったと思ったら、
車まで5m、ううん10mぐらいあったのに、一瞬でボンネットに飛び乗って
きた。」
C子「・・・・・顔見たん?」
B子「顔は人間やったと思う・・・。でもダラダラすごい涎垂らしてた・・・。」
C子「それでどないしたん?」
B子「逃げようとしても車のエンジンがいつの間にか止まってて、ライトもなに
もつかへん。そのまま数分間、みんなかたまってた・・・。あいつもじぃってみ
んなの顔を見とった・・・。
そのうち近くに“他の車”が来たような音が聞こえてきて、助かったって思った。
その時、私らの車のエンジンが、今度はいつの間にかかかってんのに気づいて。
訳わからんかったけど、運転してた彼氏の頭叩いてん。そしたら彼氏がすごい勢
いでバックしだしてんけど、それでもあいつはボンネットでしがみついてた・・
・。でも、鳥居を超えた瞬間に、またすごい勢いで境内のほうに・・・こっち見
たまま後ろ向きにジャンプして戻ったのが見えた・・・。すごい勢いで飛び出し
たから、“別の車”にぶつかりそうやったけど、そんなん気にせんと、飛んで逃
げたわ。その後、みんなでファミレスで朝まで一緒にいたけど、誰も何もしゃべ
らんままやった。」

224 名前:九印 投稿日:03/01/20 05:57
C子「・・・・・みんなその後、なんにもないの?いや事故とか?」
B子「・・・・ううん、なんにもないよ。」
C子「・・・・!・・・やめよこの話。」
B子「え?」
私「どないしたん?」
C子「そこのコタツ下・・・そこのコタツの下の足のとこに・・・着物来た
20cmぐらい人が、おった・・・・。」
一同「・・・・・・・・・・・!!」(私もすぐに見たが何もいなかった)

B子「どんな人?」
C子「女の子・・・おばあさんかな。かっこは女の子の着物やったけど、顔
はおばあさんやった・・・・。こたつの足に隠れるみたいにして、盗み聞き
してるみたいやった。」
私は何も見ていませんし、あまり幽霊とかは信じてないですし、B子はとも
かくC子はお調子者だったので、話を盛り上げる為の芝居かとも思っていま
す。
でも、ひとつ気になるのは最初に話した友人Aの話。あの時Aはこうも言っ
ていました。「そうそう、俺らがびびって帰ろうとした時、すごい勢いでバ
ックで飛び出してくる“軽”がおってなぁ。俺らの他にもビビリがおってん
やろなぁ。ははは」

牛女の情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. てす より:

    あんなことあった直後にファミレスで牛サガリステーキなんてよく注文できるよな

  2. 匿名 より:

    小さいおっさんの母か?

  3. 匿名 より:

    女性のアノ日は鳥居をくぐってはいけないという習わしから分かる通り
    神の社と言い表すように、もともと神社は神聖なもので、属性でいうなら光
    キリスト教で言うならば教会です
    教会に悪魔は入れませんね
    神社のもつ神秘性から怖い話しの題材としてよく使われていますが、そういった設定は上記の通り誤りです

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

兄貴の子供(はい五郎さんからの投稿)

私の兄には今年5歳になる長男がいる。先日、兄と兄の嫁と長男とで食事をしていたところ兄嫁が変な話をしだ

記事を読む

カラオケボックスに出る妖怪「マイクさん」(投稿作品)

 カラオケボックスで、午前4時44分ちょうどに曲名もしくは歌詞に 『死』という単語が入った曲を入れ

記事を読む

イタチ(投稿作品)

これは妹が高校時代に体験したこと。 彼女は、学校への近道になる峠を自転車で通っていたんですが、

記事を読む

Skype

そんな怖くないかもだけど当事者としては洒落にならなかったので失礼しますよっと 私が体験したと

記事を読む

ジーパンのポケット

古着屋でジーパンを買ったら、ポケットに幅2cm程に折り畳まれた紙が出てきた。 古着のポケットに

記事を読む

関連性はある?(投稿作品)

12、3年前の話です。 当時関西の市営団地に子供と住んでいました。 初夏の金曜日だか土曜日

記事を読む

キュルルル

私が経験した、恐ろしかった出来事をお話します。 最初にお断りしておきますが、文才のなさと長文をお

記事を読む

視線

仕事で疲れて帰った時の事 丸ノ内線に乗って帰途に付き、途中の駅で乗り換えるためJRのホームに出

記事を読む

地元の都市伝説(ジェニカル様からの投稿作品)

これは、最近多い…と言うか昔からなのですが。僕の住んでる地元は、行方不明が多い。大体は、次の日には、

記事を読む

渓流へ釣りに行った男の話

渓流へ釣りに行った男の話 初めて行く渓流だが、男は何故か以前にも同じ場所へ来たことがあるような

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑