りんちゃんなど不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

りんちゃん

公開日: : 不思議な話 , |59 view

これは、私が小学校6年生のときの話です。

私は2人、親友がいました。
幼稚園に入る前からずっと一緒で、私の学校は生徒数が少ないため、クラス替えはなく、ずっと一緒でした。
私はかんちゃんと呼ばれていて、あとの二人は、りんちゃんと、さあちゃんでした。

でも、小6のとき、りんちゃんが沖縄へ家族旅行へ行った帰りに事故に巻き込まれ亡くなりました。
さあちゃんと私はずっと泣きました。

お通夜の夜、私とさあちゃんはりんちゃんのお母さんに、りんちゃんの部屋へと案内されました。
そして、りんちゃんのお母さんは、「貴方達なら、凛の好きなものがわかるでしょう?りんが天国へ行く前に、凛の宝物を持たせてやりたいの。」と、りんちゃんのお母さんは泣きながら私たちに言ったんです。
私とさあちゃんは、りんちゃんの部屋のすみずみを見たりだしたりしました。

そしてりんちゃんのマンガ棚のうらに、一枚の写真があったんです。
其の写真には、りんちゃんの家族が写っていました。
私たちはそれをりんちゃんのお母さんに渡して、家へと帰りました。

その夜、私は泣き疲れてたのもあり、すぐに眠りました。
しばらくして、息が苦しくなって、起きたんです。
すると、ベッドの隣には、血まみれのりんちゃんがいるんです。
りんちゃんはこっちを見て何かを言っていました。

私は恐怖で体が動かず、りんちゃんと目があったまま数秒が過ぎていきました。
すると、りんちゃんは、
一枚の写真を残して消えたんです。

私はそのまま気を失いました。

翌朝、ベッドの下をみると、やはり写真が落ちているのです。

メモと一緒に。

私はそれを拾い、みてみました。

そこには、私とりんちゃんとさあちゃんが、3人で写っている写真がありました。
幸せそうな顔をしたりんちゃんはこっちをむいてピースしています。

私は写真に涙をこぼし、もう一枚のメモをみました。

そこには、カラーマーカーでしょうか、ピンク色のペンで『私の宝物』とあったんです。

このことはすぐさあちゃんに伝えました。
さあちゃんも夕べ、りんちゃんをみたそうなんです。

私たちはまた、りんちゃんの家へと行きました。
りんちゃんのお母さんは泣きながら、「ありがとう」といいました。

そして、りんちゃんの棺おけに写真を入れて、私たちはお別れをしました。

「元気でね、りんちゃん。」

りんちゃんの火葬が終わり、私たちはりんちゃんの部屋に行き、部屋の窓ガラスに息を吹きかけ、文字を書きました。

私たちはいつまでも親友だよ。

かんな・さやか

と。

あれから、もう何年たつでしょう。

かれこれ10年は経ちました。

私とさあちゃんの関係はいまだ続いており、あの日はちょうどりんちゃんの命日だったので、2人でりんちゃんのお宅へと行きました。

りんちゃんのご両親は私たちを、仏壇より先に行ってほしいところがあると言うのです。
そしてりんちゃんのご両親に案内されたのは、あの日のままのりんちゃんの部屋でした。
埃が充満していました。

そして、窓ガラスの前へと私たちを連れて行きました。

そのガラスには今だにあの日書いたメッセージが残っていました。

その下に、小さな手形がありました。
おそらく、りんちゃんのものでしょう。
私たちはその手形をしばらくの間、みつめていました。

そして、りんちゃんの仏壇に手を合わせて帰ろうとしました。

さあちゃんが運転する車にのり、りんちゃんの家を見上げました。
そしてそこからみえるりんちゃんの部屋に誰かがいるんです。

誰かが手を振っているんです。

でも、玄関にはりんちゃんのご両親と弟さんがいるんです。

あれは、りんちゃんなんだろう、と思いました。
だから私も手をふりました。

りんちゃんは今も、あの部屋にいるのでしょうか、
それならばまた、りんちゃんの家へ遊びに行きたいです。

りんちゃんの情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. なす より:

    家族旅行で亡くなったのはりんちゃんだけ?
    その他の家族は無傷だって事?

  2. 匿名 より:

    よくわからんけど気味悪い話だな

  3. 奈南 より:

    りんちゃんだけ死んじゃって可哀想

  4. 匿名 より:

    地縛霊になってなきゃイイけどね

  5. 時計屋 より:

    えぇ話でんな〜

    (ノд<。)゜。ぶゎ

  6. 匿名 より:

    「凛の宝物を持たせてやりたいの。」

    「りんちゃんの家族が写っていました。」が、本人の霊に違うとされた。

    「3人で写っている写真」
    「『私の宝物』」
    「棺おけに写真を入れて」

    つまり、死んているのは、

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

クラス怪

よく怖い話で友人だと思っていた奴が実は最初から存在しない人間だった、と言う話を聞く。 所詮

記事を読む

誇り

うちの婆ちゃんから聞いた戦争のときの話。 婆ちゃんのお兄さんはかなり優秀な人だったそうで、

記事を読む

繰り返す家族

先週のことなんだけど、小三の俺の弟が体験した話。 弟はその日、学校終わって一度うちに帰ってから仲

記事を読む

宅配便

きのうは暑かったから窓開けて網戸だけ閉めてテレビ見ながらダラダラしてたんだよね。 「佐藤さ

記事を読む

踏み入れるべきではない場所

始めに書きますが、とても長い話です。 よろしかったらお付き合い下さい。 私がまだ小学校低

記事を読む

先生 おはよ(塔子様からの投稿作品)

私の姉には霊感があります。 ただ、今みたいに心霊話が市民権を得ていたわけではなく、 幽霊などのオ

記事を読む

フォークとスプーン

今年の夏、家族で行った旅行先でのこと。 早朝カタンという音で目が覚めた。 何か窓に当たったよ

記事を読む

渓流へ釣りに行った男の話

渓流へ釣りに行った男の話 初めて行く渓流だが、男は何故か以前にも同じ場所へ来たことがあるような

記事を読む

沼袋の刑務所跡

西武新宿線の沼袋駅の近くに、昭和40年代くらいまで刑務所があってな。 今はそこは公園になってるんだ

記事を読む

敬う気持ちを持つ猫

前のほうにあった話とかぶるかも知れませんが、私の家でも2年前、飼っていた ネコが死にました。ネコ

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑