変化する写真など心霊現象 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

変化する写真

公開日: : 心霊現象 , |71 view

もう10年も前のことです。

サッカー部の高柳君と川島君はとても仲が良くて、いつもまるで双子のように息が揃っていました。
勉強も体育も、一位と二位は絶対にこの二人のどちらかでした。
当然二人はクラスの人気者で、二人が学校を休んだときなんかはまるで火が消えたように寂しかったものです。
私は女子でしたが同じサッカー部で家が近かった事もあり二人とはよく一緒に遊びました。
私自身それが誇らしかったのです。
ちびで体も弱く、勉強だってそこそこといった程度の私にはこの二人と一緒にいられるというのはそれだけで他の人たちに対して優越感に浸れたのです。

これは、たしか小学3年の時のことです。
私たちは近所の小川、(今は区画整備で埋められて無くなっています)に釣りに出かけました。
当時私は誕生日の時に父にねだって買ってもらったインスタントのカメラをいつも肌身離さず持っていました。
そのときもカメラを持っていった私は二人を撮ってあげることにしたのです。
今思えばあのとき写真なんて撮らなければ、カメラなんて持ってこなければあんな事にはならなかったのに・・・・

家に帰って撮った写真を見ていると、あることに気がつきました。
それは高柳君と川島君が並んでいるところを撮ったものでした。
川島君の右腕の少し下、川の水面に人の目のようなものが写っていたのです。
当時の私は心霊写真という言葉は知っていましたがまさか自分にそんなものが撮れるとは思っていなかったので「気味が悪いな」とは思ったものの特に気にも止めませんでした。
サッカー部の練習の時に川島君が右腕を怪我したのはそれから何日か経ったときでした。
市内の小学校数校で行われる大会の最中にボールがボールが腕に当たり骨折してしまったのです。
川島君は入院することになりました。
私は妙な胸騒ぎを覚え家の机の引き出しからあの写真を出して見てみたのです。
すると写真は前に見たときとは全く様子が違っていました。
水面から顔を出した小さな男の子、その目は確かに水の中から伺っていたあの目でした。
そしてその子の手は川島君の右腕をつかんでいたのです。
怖くなった私は高柳君の家に電話し、来てもらうことにしました。
その写真を見た高柳君は「川島に見せたらショックを受けると思う」とこのことを川島君に言わないことを私に約束させ、その写真を持っていきました。
そして・・・・

高柳君が写真を持って行ってから3日後、だったと思います。
川島君が亡くなりました。
病室から飛び降りたのです。
クラスの中に飛び降りた日に川島君の所にお見舞いにいった人がいました。
その人はこんな事を言っていました。
川島君はしきりに「あいつが来る」とつぶやいていたと。
先生や川島君のお母さんは「入院生活のストレスのせい」と説明してくれましたが川島君が死んだ本当の理由は・・・

ある日高柳君の家に呼び出された私はあの写真を見せてもらいました。
と言ってもそこにはもうあの男の子はいません。
写真は鋏で半分に切られ写っているのは高柳君だけでした。
「自分の方にもあいつが来そうだったから」と高柳君は説明しました。
川島君が死んだときには男の子が川島君の体に覆い被さるようになっていたと言います。
「何でもっと早くに切ってあげなかったの?そうすれば川島君だって・・・・」
私は思わず声を荒げてしまいました。
すると高柳君はこう言いました。
「だってあいつがいると・・・・俺は1番にはなれなかったから」
夕陽にてらされた高柳君の顔は、あの男の子そっくりでした。

変化する写真の情報や心霊現象の心霊現象のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    サッカーボールが腕に当たって骨折することあんの?

  2. 匿名 より:

    腕の骨折で入院だなんて、どんだけ凄い骨折なんだ

  3. うにゃあ より:

    複雑骨折ならわかるがサッカーでそれはないだろう

  4. ひな より:

    子供の頃に私も腕の骨折で入院しましたよ
    今の家に引っ越した当日、高熱を出して倒れ
    一週間目に腕骨折→入院
    退院後にも色々あったなあ…

  5. より:

    サッカーボールこえーww

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

心霊スポットに行くと、必ず自分以外に被害が起こる。

俺には全く霊感なんて無いし、恐怖体験でもないのだが。 心霊スポットに行くと、必ず自分以外に被害が

記事を読む

踏み切りの女

この話は、中学時代の友人から聞いた話です。 彼の親戚のお姉さんは、とても心霊体験が多いらしく当

記事を読む

ゲーセンでバイトしてた時

ゲーセンでバイトしてた時 終了後、メダルコーナーの椅子を上げてた 照明はほとんどない ゲ

記事を読む

肝試し

高校時代、部活の合宿で長野の北志賀に行った時の話。 合宿四日目の夜に肝試し大会をすることにな

記事を読む

心臓が凍りついた話

去年の夏に海に行った時の心臓が凍りついた話 友達の祖父の家が海の近くにあるんだが、毎年の様に

記事を読む

小さな子供

自分の家庭は大分複雑で、長男が母の連れ子、長女・次女・次男が父の連れ子。 そして自分が父と母との

記事を読む

首のない警官

私はある離島の駐在所に、勤務しております。 この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。

記事を読む

硫黄島が未だに民間開放されない訳

108 : 落語家(福岡県):2010/08/04(水) 22:44:10.67 ID:VSf9/D

記事を読む

ひとりかくれんぼ[1]

・・・・・ 103:本当にあった怖い名無しsage2007/04/21(土) 04:52:20

記事を読む

間に合わず

これ去年にあった話なんだけども、うちの近所(まぁ近所と言っても3駅ほど離れてるんだが)にちょっとした

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑