赤口さまなど怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

赤口さま

公開日: : 怖い話 |2,592 view

ええとこんばんは。
皆さんは赤口(しゃっこう)さまって遊び知ってますか?
こっくりさんみたいなものなんですがこっくりさんは占いとかの為じゃないですか?
赤口さまは違うんです。赤口さまは呪いの為。
つまり根本的に目的が違うんですね。
ここで「そんなの聞いた事ねえよプゲラ」って人がほとんどだと思います。
それもそうでしょう。これはもともと「表」の遊びではありません。
もともと「遊び」という言葉は今使われている意味ではなかったそうです。
「神」との交信の様な意味だったそうです。この遊びはそういった意味の「遊び」なのです。
前置きが長くなりました。
私がこの遊びを知ったのは去年の事です

同僚のSと飲みに言った時の事でした。
「Oのヤツ、ホント腹立つな」
ポツリとSが漏らした言葉に私はおおいに賛同しました。
Oというのは私達が所属していた部署の上司で
性格が悪い上に部下の手柄を横取りしたりするような人間で職場の皆に嫌われていました。
しばらくOの悪口を言っていた私達ですが
「なぁ。Oに一泡吹かせてみんか?」
興味を持った私はSに詳しく話しを聞いてみました。
聞くところによるとSの実家の方には赤口さまという呪法があるそうです。
それを行えば呪った相手に様々な危害を与えられるというのです。
酔っていた事もあり私は
「やろうやろう!」
と承諾してしまいました。
それから一週間後の事です。
私の携帯にSから電話が入りました。
「おうKか?こないだ言ってた赤口さまやるからHの家にきてくれや」
すっかりそんな話など忘れていた私は正直めんどくさいのでいやでしたが
しぶしぶ行く事にしました。
軽く着替え車に乗り込みHの家に向かいました。
「いつのまにかHまで巻き込みやがって……。」
そんなことを考えながらHの家に着きました。
中に上がるとSとHが私を迎えました。
「おう、よくきてくれたな。これ3人じゃないとできんのよ。」
そういえばこの間もそんな事をいっていました。
「これやるには3人じゃないとできん、できんのよ。」
なぜ3人なのかはその後のSの説明で解りました。
まず赤口さまをやるには3人が等間隔で三角形になるように座ります。(正三角形ですね)
そして3人の前に一枚ずつ紙を置きます。紙には50音を書いておくのですが
今私達が使っている「あいうえお」ではなく「いろはにほへと」のほうで書きます。
そして裏面に自分の名前を書きます。(Sの前の紙ならS、Hの前の紙ならHです)
一人目は二人目の方を向き二人目は三人目の方を向きます。
3人目は三角形の中央を向きその中心に赤口さまへの供え物と同じく50音を書いた紙を置きます。
(ちなみに「供え物」はSがどこからか拾ってきた野良猫でした。遊びでも気味が悪いと思いました)
「じゃあ始めるか」
Sに教わった通りに私とHは怪しげな言葉を紡ぎました。
順番はH→私→Sです。
H「一つ一人の恨みを連ね」
私「二つ二人の恨みを重ね」
S「三つ御霊を御呼びしたい」(だいたいこんな感じでした)
果たして周りにはなにも変化はなくHが
「ははは、やっぱこんなもんか……」
その時でした。辺りの空気が変わったのが感覚で解りました。
さっきまで何ともなかった空間が急に重苦しくなり言葉を発する事すらできません。
3人とも無言になり辺りが異質な静寂に包まれました。
見るとSが顔を真っ青にしながら手を4枚目の紙に伸ばしています。
指は文字を指し占め始めました。
「う ら み つ ら ぬ る も の を し め せ 」
次にHの顔が青ざめ自分の紙に指を這わせます。
「@ @ @ @ @ @(Oの名前)」
Hまでがおかしくなり私はこの場から逃げ出したくなりました。
しかし異変は私にも起こりました。
指が勝手に紙へ向かうのです。
そして紙の上で止まりました。つまりは恨む相手を教えろという事なのでしょう。
「@ @ @ @ @ @ 」
自分の意思でOの名前を指しました。
正直ここまでの事が起こるとは思いませんでしたし、もしや本当にOに何か起こるかもしれない
そう思いましたがどうする事もできません。
そしてSの番が来ました。Sの腕は中央の腕から自分の紙へ移り
「@ @ @ @ @ @ 」
こうして3人が3人ともOの名前を出しました。
もうこの後どうなるのか3人とも死んだような顔をしていたと思います。
するとまたSの腕が中央に向かいました。
「う ら み つ ら み し か と と ど け る 
  か わ り に く ち に の り を さ せ よ」
途端ビクンとSが震えました。次の瞬間Sは猫に覆い被さります。
ボシュッ
そんな感じだったと思います。
Sは猫の首に喰らいつきました。骨を砕き肉を喰らうSは正に鬼でした。
猫は目を飛び出しそうな程見開きましたが間もなく気味悪く痙攣し始めました。
そのままSは頭に口を移し猫の頭部を三分の一程喰らったと思います。(食事中の方すいません)
猫の頭から脳?らしき物がずり落ちていました。
Sの口は猫の血で真っ赤に染まっていました(恐らくこれが赤口さまの由来でしょう)
そこでSは正気に戻ったようです。その場で嘔吐し猫の一部だった物はその場にでてきました。
Sはそこでうずくまりガタガタと震えていました。
私とHで無言のまま猫の死骸を片付けました。あの時の嫌な匂いはしばらく忘れられませんでした。
どうにかSを落ち着かせ自宅に送りました。一人家に残されたHはさぞSを恨んだでしょう。
(猫の血だけはどうしても落ちず後で床を一部取り替えたそうです)
次の日、昨夜の嫌な事を思い出していた私は会社に行きさらに驚きました。
昨夜Oが車に引かれ死んだというのです。しかも一度引かれた後に二代目の車にひかれ
頭部は破砕。即死だったとの事でした。
私とS、Hは罪悪感よりも恐怖に怯えました。いい様のない恐怖でした。
私達は絶対に他言すまいとこの話を封印しました。
Sはしばらくして会社を辞めました。今はというと精神科に入院しています。
あのあとしばらくしてSはHを食べました。ちょうどあの後から4日目でした。
といってもHは右耳を食いちぎられた程度で済みましたが。
Sはそのまま施設に送られました。Hと私は今も会社に勤めています。
何故この話をここで書いたかというと私のところに赤口さまがたびたびくるからです。
「ま だ ま だ た べ た り な い た べ た り な い 
  た べ た り な い た べ た り な い た べ た り な い 
 た べ た り な い た べ た い た べ た い た べ た い」
最近Sを見るとどうにも食欲が止まらなくなります。Sも同じようで私を見る目が
明らかに違います。このままでは私達はどちらかに食われるでしょう。
これを見た方、お願いです。どうか憎い人がいましたら赤口さまを呼んでください。
そして赤口さまに供え物を捧げ貴方の憎い人を消して下さい。そうすれば私達は助かると思います。
お願いします。どうか赤口さまを呼んでください。貴方にも悪い話ではないです。
お願いします。赤口さまを呼んでください。お願いします赤口さまをよんでください

赤口さまの情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    ふざけんな
    猫殺してんじゃねぇぞ外道が

  2. 匿名 より:

    そうだそうだ!

  3. 匿名 より:

    他の命を奪ってまで呪うなどとは卑劣すぎます。
    猫が可哀想です。

  4. 匿名 より:

    猫殺すって発想が怖いww
    サイコパスの登竜門的なw

  5. 匿名 より:

    猫が可愛そう以前に、人を呪わば穴二つって言葉、知ってる?

  6. 匿名 より:

    気になるのは「代わりに口に「の り」をさせよ。」って言葉。
    意味的には、供物、生け贄ってとこだろうが。
    のりってのは古代日本じゃ、のるといって詔(みことのり)とか、神に申し上げるって意味。
    政治を含めた祭祀では規則・守るべきこと、という意味だが、単純に祈りともとれる。
    ストーリーで考えれば普通に血糊という意味かもしれない。
    生け贄を食べたいんじゃなく、隈取りのように対象の血で口の回りを塗れば術は終わりなのかもね。
    猫は死んだから、人も死ななきゃダメかもしれんが。
    術式は契約っぽいけど、赤口様の意志を叶えたら明らかに赤口様の力を増しそうだよな。
    最後の一人は赤口様に喰われて術は終了とか(笑)
    三人で一人を殺せる術なのかもしれんが、術者が死ぬのは先伸ばしなんて甘いしな。
    本当は猫だけで良くて、どこかで失敗して暴走してんのかもしれないけど。
    猫も死んで披呪者も死んで、三人も死ななきゃならんなんて、効率悪すぎて家族にも教えられない禁呪の扱いだと思うけど…。
    よくいえば独自というか現代的というか、悪くいえば創作臭がぷんぷんでちょっと萎える。

  7. 匿名 より:

    語り主うざすぎwww てめぇも参加したなら同罪だろ さっさと喰われろ

  8. 匿名 より:

    ただの創作話でも趣味悪すぎ

  9. カテナ より:

    馬鹿だなぁ、最悪のやり方だ

    確かに対象を呪い殺すなら、まぁこの方法で合ってるっちゃ、合ってるんだがねぇ・・・
    もしこの方法でやるなら、紙の裏側に自らの名前を書いちゃいかん
    名前を書かないことで呪いの成功率・効力が段違いに下がるが、代わりに赤口様に目を付けられる危険は無いからな

    昔はこの赤口様の呪いを上手く避けるために、生まれながらに二つの名を名付けられた、所謂巫女役もいたくらいだ
    本当の名を別に持ち、もう一つの名前で普段は暮らす。
    で、呪うべき対象(昔だから呪う対象は分かるな?)を見定めたら、赤口様の呪いを巫女にやらせ、以後巫女は今までの名を完全に捨て、本来の名を名乗り生きていく
    これが人を呪い殺す本来の赤口様の呪いのやり方

    ここまではいかなくとも、猫をヒトガタに変えて呪いを行えば、怪我くらいは負わせられるだろう
    もちろん、紙の裏側には名を書かないほうがいい
    呪い殺すほどの力はないから返しは少ないが、何か起こるかもしれんからな

  10. 匿名 より:

    猫を?
    ありえん
    猫だって生きてるんだよ
    自分たち食べられな

  11. 匿名 より:

    あなたたちを助ける人なんて誰もいないわよ

  12. 匿名 より:

    人も、動物も同じ命ひとつしかないんです。ねこを見殺しにして、貴方まで参加したなら償うべき。呪いは信じませんが、やったことに変わりはありません。儀式はどんなことでも行ってはいけません。全てこうれいじゅつ。どんな人だったか、動物なのかわからないんですから。

  13. 匿名 より:

    猫がかわいそうだよ!魚にしなよ!

  14. のぶ より:

    おとなしい猫を巻き込む話は創作でもいやだ。食事中(ネットしながら食べる人?)に配慮より、猫に配慮してよ!ヒトガタにするのが正当で順当なんでしょうね。「魚にしなよ」はなんかかわいいな。

  15. 匿名 より:

    魚にしても猫にしてもやってる事は一緒なんだと思います。
    猫からも魚からもしてみれば同じなんですから。

  16. I blog quite often and I truly appreciate your information. This article has truly peaked my interest. I am going to bookmark your blog and keep checking for new information about once per week. I subscribed to your Feed as well.

  17. 匿名 より:

    せめて蠱毒使えばよかったのに

  18. 匿名 より:

    胸くそ悪いな!!魚にしなよ!(便乗)

  19. Cayden より:

    ^ lolAnyways, congrats on the feature! Your style is kind of the epitome of GAP (in a good way, of course) so effortless and laid back, but chic at the same time. You deserve it!I don't know if someone asked you this before, but what is the hair dye color that you used? Mine is annoying me, slxlthgy.Thanks!ix

  20. Carney reminds me of a high school kid portraying a press secretary. He is not very convincing. Were there any signs before this that there were radicals in the world? Nope, not until YouTube.

  21. http://www./ より:

    That’s a shrewd answer to a tricky question

  22. http://www./ より:

    I received my Zenyatta Call sweathirt today and I LOVE it!!!! It’s nice and big and soft and I’m so happy to have it since our winter weather is starting and there is snow on the ground (but I hope it goes away for awhile and comes back later next month!)lol!

  23. a na powaznie – to starsi wychowali tych mlodszychPeÅ‚na zgoda! Dzieci sÄ… wychowywane przez ludzi, którzy jeszcze dziadkami nie byli lub co gorsza przez dziadków, krórzy chcÄ… odzczÄ™dzić wnikom wszelkich cierpieÅ„.Ale zdumiewa mnie Å‚atwość z jakÄ… mÅ‚odzi przyjmyjÄ…, że sÄ… bardziej godni odpoczymku.Q mojej mÅ‚odoÅ›ci strasznym wstydem byÅ‚o być bardziej zmÄ…eczonym niż stary pierdziel.kÅ‚aniam siÄ™

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

アタマイタイ

いまだに住んでいるのですが築5年のまだまだ新しいアパートでの話。 その日もいつもどおりベッドで寝よ

記事を読む

ベビーカーを押す母親

一昨年の夏休みの出来事。 車であてのないぶらり一人旅をしていたんだけど、新潟から長野へ向かう途

記事を読む

人間の怖さ

GW中に、家族みんなで実家に帰ってたんです。 帰省してすぐ、庭で洗車してると、むかしから近所に住ん

記事を読む

わたしの弟から聞いた本当の話(くねくね)

わたしの弟から聞いた本当の話です。 弟の友達のA君の実体験だそうです。  A君が、子供の頃A

記事を読む

助けて(投稿作品)

ヤバい。隣にイケメソ引っ越して来た。 めっちゃヤバい。超カッコイイんだけど。 珍しいかな、夕

記事を読む

飛ぶ女

そんなある夜、いつもの様に部屋の電気を落として、出窓開けてタバコ吸ってたんだ。 そしたら、ふと視

記事を読む

【住職シリーズ】憑きすぎた人形

信じるか信じないかは別として知り合いに変わったやつがいる。小学校時代からの友人で、現役の住職をやって

記事を読む

走る男

そうタイトルだけ記された、何とも斬新? なパッケージのビデオ。 「しょうがない、どうせ百円だし暇つ

記事を読む

姦姦蛇螺

小中学の頃は田舎もんで世間知らずで、特に仲の良かったA、Bと三人で毎日バカやって荒れた生活してたんだ

記事を読む

彼女は誰

初めて書き込みします。 私は結婚して2年目。 平日は仕事で休みは土日。 いつもは洗濯や掃除をま

記事を読む

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

狙われる路上の宗教勧誘

路上の宗教勧誘ってどう思いますか? ウザいですよね。メンドイですよね

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑