峠道など怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

峠道

公開日: : 怖い話 |83 view

オカンが会社の同僚? から聞いたお話

話者は男なんだが、二十年も前、二十歳そこらの時分には暴走族をやっていたそうだ。
毎日、県下では難所として有名な峠道を、暴走族仲間と一緒に爆走していた。

ある日、その人の暴走族仲間の一人が事故を起こして死んだ。
その事故と言うのが妙なものだったそうで、カーブを曲がりきれなかったのか、
彼と彼が乗ったバイクは峠道の外に放り出され、あとはバイクごと谷深い山中へと消えていった。

一緒に走っていた仲間の通報ですぐさま警察がやってきたが、
どういうわけか谷底から彼とバイクが見つからない。
数百人態勢での捜索活動が行われたが、結局彼の遺体もバイクも見つからなかった。

数日後、話者の男性が夜中、暴走仲間の男女四人と車でその峠道を通った。
しばらく経って、今までわいわい騒いでいた運転手の男性が急に押し黙った。

どうしたんだとみんなが言うと、運転手の男性が「何か聞こえないか?」と言って耳をすます仕草をした。
突然なんだと耳を澄ましてみると、後方から改造バイク特有の、唸るようなエンジン音が聞こえてきた。

「あいつのバイクの音だ」

暴走族だったこともあって、エンジン音を聞いてすぐに、
そのエンジン音が事故を起こした彼のものだと気がついたそうだ。

66: 2/2:2010/09/23(木) 11:12:21 ID:KpSku53d0
すぐに、後方からバイクのライトが追いかけてきた。
そのヘッドライトは光が上下二股になっていた。
その改造も、やはり彼のバイクに施されていた改造だった。

車内は騒然となった。遺体が見つからないとはいえ、場所が場所だ。彼が死んだことは間違いない。
だったら後ろから追いかけてくるのは……。

とにかく車を路肩に止めて、彼が来るのを待つことにした。

バイクの唸りがすぐ背後に来た。ヘッドランプの光が車の横に来た。
物凄い唸り声を上げて、彼のバイクは車の横をすり抜けて行った。

テールランプが見えた瞬間、あ、と全員が声を上げた。

「車体がない」

そのバイクはヘッドランプとテールランプの光しか見えなかった。
ランプの光に照らし出されて浮かび上がるはずの車体も、搭乗者も、見えなかった。

体のないバイクは、そのまま峠道の向こうに消えていった。
彼の遺体も車体も、いまだに見つかっていない。
東北の某所、自殺の名所としても有名な峠道であったお話。

峠道の情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

忌箱

これは高校3年の時の話。 俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったんで近所の廃神社が遊び場と

記事を読む

霊柩車[3]

ところがどうでしょう。 いつもはひっそりとしていた車から、何人もの黒い服を着た人達が下りてきて

記事を読む

田んぼのくねくね(くねくね)

高校の時、家に友達を呼んでくだらない話で盛り上がっていると、 玄関を勢いよく開けて母が転がり込んで

記事を読む

鬼のような女

何で読んだのかわからないが、恐ろしい昔話 江戸時代の三大飢饉の中で最も甚大な被害を出したの

記事を読む

てんらく

もうだいぶ昔、浮遊霊様っていう遊びにハマっていた時期がある。要はコックリさんの類。 名前なんて何

記事を読む

ベビーカーを押す母親

一昨年の夏休みの出来事。 車であてのないぶらり一人旅をしていたんだけど、新潟から長野へ向かう途

記事を読む

不調のエレベーター

俺が引越し屋をやってたころの話。 俺がまだ新入りだったころ、3月の繁忙期だったかな、 前の現

記事を読む

あるカメアシ

僕は都内でエロ系の撮影現場で働くカメラマンのアシスタントです。 数年前後味の悪い体験をしたのですが

記事を読む

ヒトナシ坂

俺の中学生のときの話を投下。長文&駄文許して。 俺は週末に、中学で仲良くなった友達 Aのとこ

記事を読む

迷路

ケンちゃんがいってた、 『あっちの裏山は変なにおいするぞ、ひとつも木が生えてん場所すっぱいにおいす

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑