禁断のイチジクなど不思議な話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

禁断のイチジク

公開日: : 不思議な話, 怖い話, 意味が分かると怖い |1,299 view

男は深い森を歩いている。
突然、少女が現れ、男に言う。
「『イチジク』を食べてはダメ。森から出られなくなる」
少女には片足が無い。
男は眩暈を覚える。

男は深い森を歩いている。
突然、みすぼらしい老婆が現れ、男に言う。
「『イチジク』を取ってはいけない。森から出られなくなる」
みすぼらしい老婆には片腕が無い。
男は眩暈を覚える。

男は深い森を歩いている。
突然、半裸の女が現れ、男に言う。
「『イチジク』を見てはいけない。森から出られなくなる」
半裸の女には両目が無い。
男は眩暈を覚える。

男は深い森を歩いている。
突然、男は気付く。
「そうか、俺はこの森で・・・」
もう、眩暈に襲われる事は無い。

次の日、男は森の奥で死体で発見される。
男の死体には舌が無かった。

禁断のイチジクの情報や不思議な話の不思議な話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    イチジク?

  2. 匿名 より:

    誰かこの話の意味を説明して。意味が分からん

  3. 匿名 より:

    舌がないということは食べたから?

  4. 匿名 より:

    気になって調べたところ、いろいろな解説がありましたが、僕が1番しっくりきた解説に少し手を加えたものを…
    1番目の少女は自ら森に入り、イチジクを食べた。しかしその後、迷って出られなくなってしまった。これを自ら森に入った足の所為だと考え、少女は足を切り落として死んだ。2番目の老婆は1番目の少女の忠告を聞き、イチジクを取ってしまう可能性を消すため、腕を切り落として死んだ。3番目の女性は前の2人の忠告を聞き、そもそもイチジクを見ることが無い様に、目を無くして、森で迷って死んだ。最後に主人公の男は前の3人の忠告を聞き、イチジクを食べたいと思うのはイチジクの味を知っている舌の所為だと考えて、舌を抜いて死んでしまった。人間が道に迷ったり、恐ろしい忠告をされたとしても、後先を見ずに体を傷付け、死んでしまうのはありえない様な気がしないでもありませんが、もし一向に脱出出来そうに無かった、もしくは森に迷った事で食糧を得られず飢えていたらどうでしょうか?これからも被害者は増えていくかもしれません。

    長々とすみません。
    これは、解説の一説に過ぎませんので注意してください~

  5. 匿名 より:

    ↑なるほど…ありがとうございます(^-^)

  6. 匿名 より:

    半裸で両目が無い女という設定が、解読へのヒントでは?
    明らかに強姦されて殺された。その切っ掛けは、強姦魔が以前に森にて見つけた『イチジク』生息地という秘密を見つけた所為で。
    少女は、逆に(過剰好意から)たくさん食べさせられて、糖尿病を発しての足からの腐敗で死んだ。
    これが切っ掛けで、後の強姦魔は森の秘密のイチジクを過剰に守ろうとなった。
    老婆は森で取った所為で、その腕を落とされ、死んだ。次に、三番目の女が犠牲に。

    男は忠告を守って、食べも、取りも、見もしなかったが、森にあるイチジクの秘密をばらさないよう舌を斬られ、結局は死んだ。しかし、辛うじて森から死体として出れた。
    更に、この男は多重人格であり、殺害されたのはその家族であって、その夫とすれば、森のイチジクからの殺戮をこれ以上増やさないために舌を噛み切って自殺し、そのことに幽霊として気付いて、眩暈からの人格交代の心配が無いことに安堵した。
    たぶん、老婆(母親)と女(妻?)とは、当日に三人で森のイチジクを探索しに行き、老婆が見つけて捥いで来て、嫁に見せ、旦那に第一報の声をかけた瞬間に、子の病死を思い出した父が人格交代して殺人鬼になっての方が話が合う。

  7. 匿名 より:

    折れにはわからなかった

  8. Mikel より:

    S’il faut des rollers en parpaing pour trouver l&rmsuo;Aqoûûûûr, pas étonnant que je sois toujours célibataire. Et c’est pas plus mal comme ça.

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

【3人組シリーズ】T祭り

O県N市・・・まぁ俺の地元なのだが、ここにはいわくつきの祭りというものがある。 Y川下流域の河

記事を読む

会社の同僚が亡くなった。

会社の同僚が亡くなった。 フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて 家族

記事を読む

喪服の貴婦人

903 喪服の貴婦人 sage New! 2007/03/21(水) 23:58:20 ID:KxU

記事を読む

ある春先の出来事

ある春先の出来事 仕事を終え、帰宅すると妻が玄関先で出迎えてくれ一言こういった。 「お帰りなさい

記事を読む

エレベーター

高層マンションに住んでいる男性の話。 彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須。 夜中に

記事を読む

窓を叩くものは

深夜、A子さんは異様な物音を聞いて目を覚ました。 何かを引きずっているような音が窓の外から聞こえて

記事を読む

【住職シリーズ】憑きすぎた人形

信じるか信じないかは別として知り合いに変わったやつがいる。小学校時代からの友人で、現役の住職をやって

記事を読む

道に頭が落ちてた

195 :本当にあった怖い名無し:2010/07 /17(土) 22:13:22 ID:lYKEHq

記事を読む

能代での出来事(くねくね)

たぶんクネクネと思われる体験談なんですが ここでも散々でてる秋田、能代での出来事です。 私が小学

記事を読む

ヤマ目

あれは母の実家から帰る途中の出来事。 母の実家はG県の田舎で夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑