あるカメアシなど怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

あるカメアシ

公開日: : 怖い話 |175 view

僕は都内でエロ系の撮影現場で働くカメラマンのアシスタントです。
数年前後味の悪い体験をしたのですが、驚くことに今年の5月頃に
テレビで芸人さんがとてもよく似た話をしていました。

内容はかなり割愛されて核心の部分は語られてはいませんでした。
放送用にアレンジされていたのか、またはその芸人さんも核心を知らないまま
誰かから伝聞しただけなのかもしれません、だけど僕が触れたもののことだと思います。

2度飛んだ男という話です、あるテーマについて芸人さんたちが、
それぞれの話をするというある人気のある番組で放送されたので、知っている人は知っていると思います。

僕はフリーなので何人かのカメラマンの助手としていろいろな現場を渡りあるいています。
そんななかで半年に1、2回入る現場がありました。そこは鬼畜系SMのハードな現場です。 
そこの助監督さんと顔見知りでよく話をしていました。
その人との最後の現場のときに聞かされた話です。 

撮影現場で昼の食事休憩中にいきなりその人がADが最近死んだんだと言いました。
なんとなく顔を覚えていたその現場にいつもいたADは確かに今回はいませんでした。
精神を病んでしまい自殺してしまったそうです。

ただその死に方は少し異常です。
建物から飛び降り自殺をしたのですが最初の1回目で死ぬことができず
そのまま立ちあがってまた同じ場所から飛び降りて死んだというのです。

このくだりが芸人さんの話として放送されたところです。
建物の階段部分にADの血痕が点々と残されていたので 
他殺の線で警察も聞き込みをしましたが、司法解剖の結果からみて自分の意思で
2回飛んだ自殺ということでこの件は終了したそうです。

「実はさあ、あいつが死んだ日、俺あいつから電話もらったんだよねえ。」
助監督がちょっと怖い目で話だしました。

175: あるカメアシ:2010/08/08(日) 00:22:40 ID:1SPHGXmG0
「別の仕事で電話でれなくてさ 留守電にメッセージが残ってるんだ・・・」

電話を取り出すと助監督が電話を取り出しました。
まさかと思ってると助監督がちょっとそれ聞いてみてくんないと、僕にそれをよこしてきました。

気持ちの悪い話だったし、特に友達でもないのになくなってしまった人の声なんか聞きたくない 
でも助監督の無言の圧力に屈する形で電話機のボタンを押して耳に当てました。 

機械音と発信音の後
「OOさん・・・ はぁはぁ・・OOさん・・・」
息遣いの異常に荒い声で助監督の名前を呼び続けるAD
聞き覚えのあるような声 

ADは少し泣いているみたいでぐしゅぐしゅ鼻音がします。 
そしてそのADの声の後ろで
「・・・こっちこっち・・・・・・こっち」
と3回ほどこっちと呼ぶ若い女の声がかすかながらはっきりと聞こえました。

ぴーっという発信音で我に返った僕は鳥肌がたち、聞いちゃいけないものを聞いたと直感しました。

「たぶんな それ時間的に最初に落ちた直後だと思う、変にひきずるような音あるでしょ」
「ちょっと!気味の悪いの聞かせんなよ!」
助監督はちょっと怒り気味の僕をまばたきもしないで、見つめるのでまた鳥肌がたちました。

「おまえも聞こえたよな?」
「は?」
「おまえも女の声聞こえたよな?」
僕がうなずくと助監督は納得したように大きく息をつきました。
 

176: あるカメアシ:2010/08/08(日) 00:56:28 ID:1SPHGXmG0
確定はできないけど飛び降りの現場で、その電話をADがしてきたのなら
その声の女がそこにいたというのは、他殺の疑いもでてくると思いました。
警察には知らせているのかと聞くと助監督は知らせてないといいました。

「事件かもしれないから知らせたほうがいい」
「うんその必要ないわ たぶん その女生きてる人じゃない」
助監督は何もかも知っているようでした。

「変なの聞かしてわるかったな、知っておいてほしかったんだ」
そういって助監督はいってしまい、その現場でその話はそれっきりでした。

今でもその現場にいくことはありますがその助監督はもういません。
その時の撮影現場の後失踪中です。

その助監督とADはもう潰れてしまったメーカーから流れてきた人達だったらしく 
そのメーカーはレイプものの作品で、かなり女優にぎりぎりのことをしてきたらしいのですが 
あの留守電の女の声と因果がありそうなのはそれくらいです。

ADの自殺は噂になったので、その芸人さんのところまで伝わったんだと思います。 
助監督が何を知っていたのかはわかりません。
長文で失礼しました。

あるカメアシの情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

女の存在を知らせること ※長文注意

* この話を読む前に次のことをしてくれるとうれしいです。 1、 左足のすねを触ってください。

記事を読む

首絞めオジサン

俺がまだ小学生だった頃のリアル体験談。 小雪がぱらつく中、俺は二つ年下の弟と一緒に外へ遊びに

記事を読む

鳥居の前で・・・

俺が一番怖かったのは、自身も含めての体験談。 高校生の時って結構肝試しってやったよね?皆一度は

記事を読む

これはまだ僕が京都で大学生だった時の話です

当時バンドを組んでいた僕は週末の夜になるとバンドメンバーとスタジオに入り練習をしていました。

記事を読む

こっくりさん

中学校の先輩(男子)から聞いた話。 給食が終わって昼休みに入ってすぐに、数人の女子が「コックリさん

記事を読む

ネカフェにて

学生の時の話を一つ投下。霊的な話ではないが、今までで一番恐怖を感じた洒落にならん話。 自分は

記事を読む

ベビーカーを押す母親

一昨年の夏休みの出来事。 車であてのないぶらり一人旅をしていたんだけど、新潟から長野へ向かう途

記事を読む

もう私を探さないで ※長文注意

あまり思い出したくないのですが、私が体験した話を書きます。 先にお断りしておきますがこれは幽霊

記事を読む

記憶を追う女

中学三年の初夏、従姉妹がこんな話をしてくれた。 春頃から、従姉妹は頻繁にある夢を見るようになっ

記事を読む

俺が関西の大学似通っていた時の話。

俺が関西の大学似通っていた時の話。当時つきあっていた彼女は歯科医の娘で、四国から出てきていた。

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑