私が大学生だった頃の話。など怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

私が大学生だった頃の話。

公開日: : 怖い話 |119 view

その日は友人と待ち合わせをしていた。ところが、
約束の時間を過ぎても友人は来ない。
30分待ったが一向に来ないので、携帯に電話をしてみた。

何度かけても全く出ない。留守電にもならないので、
自宅まで行ってみることにした。
マンションに着いて友人の部屋のインターフォンを
鳴らしてみたが返事がない。
入れ違いになってしまったのかと考えていたら、どうも中から
「うー、うー」と唸るような声が聞えてきた。

これは何かあったのだと思い、ドアを開けようとしたんだが
鍵が閉まっていて開かない。
管理人の所まで行き、事情を話し鍵を開けてもらった。
すると、ワンルームのベッドの上で、友人が半分意識朦朧になりながら
苦しそうに唸っていた。

驚いてすぐ救急車を呼んで病院に運んだ。
私が付き添って行ったのだけど、そこでの医者からの話が
「全身打撲で、かなりの骨折があり内臓にも
損傷があるので緊急手術をします。」
とのこと。 どうしたら良いのかわからないまま手術が始まった。

5時間もかかって手術が終わり、どうやら命は取り留めた。
だが、友人はとても話ができる状態ではなかったので、
一体何があったのかは全くわからなかった。

一週間後、様態が安定して話もできると言うのでお見舞いに行った。
そこで、「一体どうしたんだよ。」と聞いてみると、
友人は信じられない事を言い出した。

「お前と待ち合わせた前の夜、夢を見たんだ。
夢の中で、気がつくとオレは高いビルの屋上のフェンスの
外側に立って下をみおろしているんだ。
びっくりしていると、後ろから フフフ という笑い声が聞えた。

振り向くと、お前が笑いながらこっちに近づいて来るんだよ。
オレが 助けてくれ! と言うと、お前は笑いながら
オレを突き飛ばしたんだ。
オレは落ちながらも これは夢だこれは夢だ 
と必死に目覚めようとしたんだが、
とうとう地面に叩きつけられてしまったんだ。

それで気がついたらこのザマだよ…

お前のせいだっ! お前のせいだっ! お前のせいだっ!」
突然友人は錯乱して、医者やナースがとんできて
ちょっとした騒ぎになってしまった。

いたたまれなくなった私は、どうして良いのかわからずに病院を後にした。

それ以来 その友人とは疎遠になってしまったのだが、
夢の中での出来事で、実際にケガをするなんて事があるんだろうか…

私が大学生だった頃の話。の情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 月神 より:

    強迫観念による自傷行為いわゆる幻聴や幻覚によって身体に傷を負ったと思いこんで傷が具体化した、つまりドライアイスを触ったら本当は極度の冷たさで凍傷になってるのだが傷自体は火傷に似ているとかスズメ蜂に刺されたら死ぬって思い込みで刺された瞬間にショック死になるとか、自分は友達にビルから突き落とされたって意識が身体に同等のダメージを知らない間に与えると言う事だと思います

  2. ゴリラーマン より:

    無い
    無い

  3. (´・ω・ より:

    話者も友人を突き落とす夢見てたんかな(´・ω・

  4. より:

    視覚的ショックや思い込みで、アザやミミズ腫れができる…なんてのは聞いたことありますけど、骨折や内臓損傷とは…
    よっぽどエキセントリックでアクロバティックな寝相だったんでしょうね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

ある廃ホテルで(投稿作品)

学生の時の実体験です。 夏休み、連日仲間と夜中に集まり遊んでいました。 夏といえ

記事を読む

帰り道の怪異

体験談&長文失礼。 体験した私自体はホントに洒落にならなかった話。 実は昨日、女性二人だけで

記事を読む

一途な思い[1]

僕の家の隣に女の子が越してきたのは小四の夏休みだった。 彼女の家庭にはお父さんがいなかった。 お

記事を読む

狂骨

喪女は死んでも喪女なんだなぁ、と思った昔話 その昔、福島県には狂骨という妖怪が出たそうだ。狂

記事を読む

このトイレに鏡は

新潟の某大手メーカーの工場の従業員家族慰安会の営業に行った時、 楽屋にあてがわれた応接室からトイ

記事を読む

廃病院の悪夢

263 :本当にあった怖い名無し :04/08/16 16:03 ID:RoswYuSq それほ

記事を読む

ベビーカーを押す母親

一昨年の夏休みの出来事。 車であてのないぶらり一人旅をしていたんだけど、新潟から長野へ向かう途

記事を読む

愛車のソーラ

友人(以下M)は車やバイクが大好き。類友と言うのか、周りもそういう人が多いみたいだった。 ある日

記事を読む

面を取ってくれ

俺の爺さんには従兄がいたらしいんだが、10代前半で亡くなっている。 それがどうも不自然な死に方だ

記事を読む

鬼ごっこ

963 本当にあった怖い名無し sage 2005/09/27(火) 23:31:00 ID:JiH

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑