Webページ共鳴部 ※長文(投稿作品)など怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

Webページ共鳴部 ※長文(投稿作品)

公開日: : 怖い話 |173 view

とあるサイトがあった
とある小学生が立ち上げたスレだった
そのスレは怪談をカキコしあう
そのために作られたサイトだった
これより以下は原文である

568>>> 名無しの怪談
最近減ったね おもしろいの
569>>> 名無しの怪談
オフ会でもする?
570>>> 名無しの怪談
569>>>馬鹿じゃねぇの
この流れでどうしたらオフ会になるんだwww
571>>> うるさい570>>>しねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしね572>>> 名無しの怪談
ここでそうゆうのは止めて
そうゆうあんたらが死ねよ
573>>> 名無しの怪談
と 言うあんたもしね
574>>> 名無しの怪談
怪談 タイトルは「エレベーター」
580>>>から
575>>> 名無しの怪談
いまそうゆうの期待してない
オタっぽい2人の喧嘩楽しいwww
576>>> 名無しの怪談
575>>>もしね
:
:
999>>> 名無しの管理人
このスレも終わりですね
あまり怪談なかったですけどwww
まぁよかったとおもうんだお!
じゃあ最後に誰か!
これってゆう怪談お願いします(=。_。)

しばらく誰も更新しなかった
誰も ただの1人も
だがある日1000件目が遂に更新された

1000>>> 名無しの怪談
http://www.en5r6w1r4t1=t4.1s3****

スレッドが終了しました
新たにスレッドを立ててください

最後に書き込まれたのは
アドレスだった
始めにそれを見たのは管理人の小学生
因みにこの後新しいスレは
立てられていない
このスレ自体が半年後には無くなっていた更にこのスレにかかれた
最後のアドレスのサイトも
現在は存在しない
ではこのアドレスの先には
いったいどのようなサイトが
存在していたのか
信じるも信じないも自由だが
「呪われたwebpage」である
この名前は後からつけられていた物で
実際、正確には
「怪談webpage閲覧の認証・又その同意意志確認の詳細説明」という名前である
よくある課金系のサイトの
一番始めにする同意のページと同じく
サイト閲覧に関する同意を
求められるページであった
詳細説明は以下の通りである

原則
このサイトは一度のみ閲覧可能です
このサイトを閲覧する際には
以下の条件の同意を押して頂きます

Ⅰ このサイト閲覧後に起こる心身への影響は同意された方の自故責任です
当サイトは一切責任を負いません
Ⅱ このサイトでは強制的に音量が最大になります
如何なる音が出ても責任は負いません
Ⅲ このサイトでは心霊的な画像又は動画が次々と開かれます
如何なる恐怖が生まれても
責任は負いません
Ⅳ このサイトが原因だと思われる機器の故障ないしその他の故障は自故責任です
Ⅴ この全てを同意出来る方のみ
どうぞごゆっくりと閲覧下さい

と 全4点に同意した場合のみ
閲覧が可能となっていた
そしてこのサイトを閲覧した者の
体験談をここにかこう
始めにいっておくが
管理人の小学生についてはここでは
説明しない
よってこの話は管理人の小学生ではない
ある女性の話である

女性は始めのスレからではなく
友人から教えられて見たのだった
壊れかけのパソコンだし
周りに家は少ないし
怖いのは大丈夫だし
と思って軽い気持ちで同意して
閲覧を押した
するといきなりすごい音が鳴り出した
怖さを演出するような音だった
始めは驚いたがすぐに慣れた
音楽が一段落すると静かな音楽に変わり
画像が急に開いた
目のえぐられた人の顔の画像であった
次は血だらけの部屋にいる人
顔がない
次は荒れた都会のような場所に
数え切れないほどの拷問されている人
次は…というように始めの30ぐらいは
画像が続いた
35ぐらいから動画が入り混じり
50個目の動画は虐待によって
死ぬまでずっとドライバーで刺される
男の子の映像だった
もはや恐怖をこえた戦慄だった
グロさが増した画像や動画が次々と
開かれていく
60を越えたときには既に涙も出ず
ただただモニタから流れる叫び声や
血の音、人とは思えない画像と動画
70を越えもう耐えられず
シャットダウンを押したが
反応はしなかった
震える手で電源を長押しした
だがそれでも消えなかった
コンセントを抜いた
それでもなお新たな画像、動画、
叫び声、血、視線、微かな呼吸の音、
途絶える呼吸…
遂には人をチェーンソーで斬り始める
動画まで出てきた
深夜 それもただ一人女性が
まともな精神状態で見れるものの
範囲を越えていた
もう消すことは不可能だと思った女性は
目を閉じ耳を覆おうとした
動かない
体がどこも動かない
目はこの上ないほど開き
耳は今まで感じたことないほど澄んでいる85…90…もう叫び声も掠れていた
「い、いやぁ…………
いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
絶叫だった
人のものとは思えない程の

「もう……殺して………」

この先は語らない
語れない
これだけは言おう
このサイトは現実にあった
実際に存在したサイトである事に
間違いない
実際に存在した
ちょっとパソコンと家と人間が
おかしくなってしまうサイトである

Webページ共鳴部 ※長文(投稿作品)の情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    つまらない作り話ですね

  2. (●⁰౪⁰●) より:

    読みづらいし、つまんない。
    しかも長い(-。-;

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

鳥居の前で・・・

俺が一番怖かったのは、自身も含めての体験談。 高校生の時って結構肝試しってやったよね?皆一度は

記事を読む

アタマイタイ

いまだに住んでいるのですが築5年のまだまだ新しいアパートでの話。 その日もいつもどおりベッドで寝よ

記事を読む

女の存在を知らせること ※長文注意

* この話を読む前に次のことをしてくれるとうれしいです。 1、 左足のすねを触ってください。

記事を読む

飛ぶ女

そんなある夜、いつもの様に部屋の電気を落として、出窓開けてタバコ吸ってたんだ。 そしたら、ふと視

記事を読む

コタツの中

もう4カ月も経ったし、体験した時の私的には怖かった話なので 書き込んでみようと思います。 も

記事を読む

ゴミ漁り

俺は、40歳近い独身。 どこに転職しても職場に全然馴染めず、会社員は諦め、 10年位前からはアル

記事を読む

三白眼

332 三白眼 ◆5VufNcZOO6 2009/06/07(日) 17:03:59 ID:HsrO

記事を読む

どこかいけ

夏の出来事。 学生だった俺達は夏休みに男5人でキャンプに行こうってことになった。ボロボロのワ

記事を読む

走る男

そうタイトルだけ記された、何とも斬新? なパッケージのビデオ。 「しょうがない、どうせ百円だし暇つ

記事を読む

秋田にある祖母の実家(くねくね) ※長文注意

そこれは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時の事である。 年に一度のお盆にしか訪れる事のない

記事を読む

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

お面の神様

俺が小学生の頃の話。 昔っから絵を描くのが好きだったんだ。コンクール

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑