なんや、あれは!?(ばいきんマンさんからの投稿作品)など怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

なんや、あれは!?(ばいきんマンさんからの投稿作品)

公開日: : 怖い話 |168 view

あれは、私が関西にある某家電会社に、コンピューターのオペレーターとして、勤務していた時のことでした。
入社して半年ほどたった10月下旬の薄ら寒い夜、私は夜勤のオペレーションルームにいました。
コンピューターは熱を発するため、常に冷やしておく必要があります。
「なんか、寒いなあ。」
私は容赦なく流れて来る冷気に、首をすくめて電光掲示板のを見ました。
エマージェンシーの赤いライトが点灯しないことだけを祈って…。

真夜中の午前2時を過ぎた頃、コンピューターからの冷気とはまた別の、足を掴まれるような悪寒が、私を捕らえ始めました。
足元からはい上って来る身震い。
それに反して、私の額や背中には脂汗が吹き出しています。

私は自分に起きた異変をどうすることもできずに、ただ天井を見つめていました。
私の喉はカラカラになり、私は肩で息をするしかなくなりました。
(どうしたんやろ。オレ、病気になったんやろか?)

その時、
コン…
小さなノックが、入口のドアに聞こえました。
オペレーションルームのドアには大きな磨りガラスが入っています。
そこに髪の毛のボサッとした女性らしき陰がありました。
「こんな時間に女の人?」
私はドアの前へ行って、悪寒に耐えながら営業用の声で言った。
「どちら様でしょうか?どうぞお入り下さい。」

返事はありません。
廊下の防犯灯に、その人影はくっきりと揺らめいています。
「どうぞ。」
私は冷たいドアノブを握り、サッとドアを内側にひらきました。

そこに私が見たものは

髪の毛がチリチリに焦げ、目だけを残して顔の全てが焼けただれた、鼻と下顎の無い女性の顔だったのです!
「ギャアーーーッ!!!」
私は自分でも信じられない悲鳴を上げて、ドアをバタン!と閉めました。

その後何がどうなったのか、私は覚えていません。
ひとつ分かったのは、あの悪寒が消えていったことだけでした。

「君も見たんか…。」
翌朝、先輩に言われました。
「ここの洗礼や。」
ここには戦時中軍需工場があり、空襲で多くの女工さんが亡くなったそうです。
合掌

今はその会社は辞めていますが、私にとって一生忘れられない思い出となりました。
(実話です。)

なんや、あれは!?(ばいきんマンさんからの投稿作品)の情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

俺は幼少期、G県の山間部に住んでいた。(くねくね)

俺は幼少期、G県の山間部に住んでいた。 まあ田舎にありがちな話だけど、隣近所は全部自分の一族。

記事を読む

ひよこ

ある農家の話。 ある日、その家の幼い娘が楽しげな顔を浮かべて母親に言った。 「お母さん、

記事を読む

隣の住人

学生時代はずっと1人暮らしをしていました。 築10数年たっている狭いワンルームのアパートでしたが、

記事を読む

廃ホテル

去年夏男3人、女3人でバーベキューを楽しんでいました。 話しも盛り上がっていて、すごく楽しかったの

記事を読む

【住職シリーズ】蹴り飛ばした何か

信じるか信じないかは別として知り合いに変わったやつがいる。小学校時代からの友人で、現役の住職をやって

記事を読む

俺たちの成人の日

もう20年以上前の話だが、今でも忘れられん。 成人式の後、地元のツレ3人と久しぶりに会った。

記事を読む

206号室

去年の梅雨、私と彼氏は夕方からオールで大喧嘩をしていて、朝になりやっとお互い納得し落ち着きました。

記事を読む

瑕疵物件

624 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/26(金) 00:33:10 ID:O2C

記事を読む

足の無いビデオ

これは、去年の12月の出来事です。 友人も何名かその後死んでしまいました。 ここから先は危険

記事を読む

ゴミ漁り

俺は、40歳近い独身。 どこに転職しても職場に全然馴染めず、会社員は諦め、 10年位前からはアル

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑