どこかいけなど怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

どこかいけ

公開日: : 怖い話 |264 view

夏の出来事。

学生だった俺達は夏休みに男5人でキャンプに行こうってことになった。ボロボロのワンボックスカーで**県の山に向かった。

道中、キャンプ場はいくつもあったんだけど、酒を飲んで騒ぐことが目的だったので、周りに他のキャンプ客のいない(当然民家も無い)山奥の河原にテントを張った。

誰に気を使うことなく、BBQを食いながらビールとワインを飲んでドンチャン騒ぎをした。俺達の声以外には、川の音と虫の鳴き声しか聞こえない。

深夜になるとみんな酔っ払って誰からともなくテントで寝だした。俺も寝ようとテントに入ったんだけど、山の夜は寒くて寒くて寝れたもんじゃなかった。俺はテントで寝るのをあきらめて、車で寝ることにした。

車の後部座席をフルフラット(ベッド状態)にして毛布をかぶって寝ていると、後部座席のドアを外からコンコンって誰かがノックした。俺は

「テントで寝ていて寒くなった誰かが避難してきたな」

と思いながら、スライドドアをガララと開けた。

その瞬間、幼稚園児ぐらいの男の子が車内に入ってきた。

「!!!!!!」

俺はビックリして車の一番後ろまで転がった。車内に入ってきた男の子は後部座席から運転席に行き、シートに立ってオモチャの車で遊ぶようにハンドルを動かしている

こんな山奥にこんな小さな子供がいるわけない!

俺はハッチバックを内側から開けて、外に転がり出て裸足で河原まで走って行きテントで寝ていた4人を叩き起こし今起こった事を半泣きで説明した。

「寝ぼけてたんじゃないのか?」

と1人の友人が言ったとき、

ビーーーーーーーッ!!   ビビーーーーーーーーッ!

と俺達の車のクラクションが鳴った。

「・・・・これはやばいな」

震えた声で1人がそう言った。俺達はテントで夜が明けるのを無言で待った。クラクションが鳴ったのはその2回だけだった。

30分ぐらい経った頃、イライラしだした1人の友人が

「幽霊かナニか知らないけど、こーゆーときは弱気になったらダメなんじゃね?子供なんだろ?『どこか行け!!』って怒鳴った消えるんじゃないか?」

と言い出した。

そのときテントの入り口から男の子がヌッと中に入ってきて

「お前たちがどこか行け」

と無表情で言った。

そこから記憶が無い。気付くと朝になっていた。逃げるようにその場所を離れた。

どこかいけの情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

【住職シリーズ】憑きすぎた人形

信じるか信じないかは別として知り合いに変わったやつがいる。小学校時代からの友人で、現役の住職をやって

記事を読む

助けて(投稿作品)

ヤバい。隣にイケメソ引っ越して来た。 めっちゃヤバい。超カッコイイんだけど。 珍しいかな、夕

記事を読む

着物を着た女の子

自分の体験談。 だがまるっと覚えてなくて親から聞いた話。 五歳の時、姉の七五三の打ち

記事を読む

あるカメアシ

僕は都内でエロ系の撮影現場で働くカメラマンのアシスタントです。 数年前後味の悪い体験をしたのですが

記事を読む

ネカフェにて

学生の時の話を一つ投下。霊的な話ではないが、今までで一番恐怖を感じた洒落にならん話。 自分は

記事を読む

訪問販売

心霊などの類ではないけど怖かった話をします。実体験です。 鳥肌って頭の先まで立つんだと初めて知った

記事を読む

ドッペルゲンガー

俺は今、追われている。 追いかけてくるのは“俺”。 こんな訳の分からない切迫した状況

記事を読む

このトイレに鏡は

新潟の某大手メーカーの工場の従業員家族慰安会の営業に行った時、 楽屋にあてがわれた応接室からトイ

記事を読む

【住職シリーズ】放置プレイ

信じるか信じないかは別として知り合いに変わったやつがいる。 小学校時代からの友人で、現役の住職をや

記事を読む

そういうやりかたは

「・・・そういうやり方は卑怯だと思う」 薄暗い自分の部屋の中で、自分の部屋の外に向かってそう言っ

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑