障子の穴など怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

障子の穴

公開日: : 怖い話 |282 view

子供(小学校高学年)の頃の話。

当時、自分の部屋は、畳と障子のバリバリの和室で、布団を敷いて寝る生活だった。

ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。
寝込んでるときって日中もずっと寝てるから変な時間に目が覚めるんだよな。

当然、電気も消えてるし障子も閉め切ってるから、部屋の中は真っ暗。
でも真っ暗な中でも、目が慣れてくるとある程度(外の明かりもあって)
部屋の様子が見えてくる。そんな状態で、ぼーっと寝たまま障子の方を見ていた。

なんだか、部屋の様子が変な気がした。
いつも見慣れてる自分の部屋なのに、どこか違和感がある。ゲシュタルト崩壊とは
また違う、なんともいえない違和感があった。

で、気づいたんだ。自分の部屋の障子は、自分で開けてしまった穴が何箇所かあったんだが、
心なしか、その数が多いような気がした。
おかしいな、こんなに穴って多かったっけ、そう思って穴の数を数えだしたんだよ。
高熱で、寝起きのぼーっとした頭で。

いや、本人のコメントがない限りなんともいえんが
これはなかなかの洒落にならない怖い話だろ

明らかに、普段知ってる穴の数より多かった。普段3だとしたら7ぐらいまで増えてた。
さすがにおかしいだろ、ってことでもう一回数えようとしてたら

ぶすっ

と穴が開く瞬間を見た。
一瞬凍りついた。障子の外側は窓ガラスになってて、当然ガラスも閉め切ってる。
外から何か(誰か)が穴を開けるなんて有り得ない。混乱しながらどうすることも
できずに障子を見ていると、また

ぶすっ

と別のところに穴が開いた。怖くて飛び起きようとしても、高熱のダルさなのか
何なのか、起き上がることができない。もう障子の方を見たくない、でも背中を
向けるのも怖い、どうしよう、と思ってたら

ずぼっ

と、一気に五箇所、穴が開いた。まるで五本指をそのまま突っ込んだみたいに。
そして、五箇所の穴がそれぞれ下方にどんどん広がった。突っ込んだ五本指を
使って、障子を裂いていくみたいに。

実際に障子に五本指突っ込んで下方向に裂くと、きれいに五本筋はできずに、
途中からまとまって破けてしまうのはイメージできると思うけど、そのときも
まさにそうなった。まとめて結構な面積が破れた。

もう半泣きで、でも障子から目を背けられずにいると、破れてできた大きな
穴から、真っ黒い、長い髪の毛が垂れてきた。もう外の窓ガラスが閉まってる
とか閉まってないとか、そんなことは関係なく、幽霊がすり抜けて入ってこようと
してるんだと思った。髪の毛はどんどん垂れてきて、もう頭が全部部屋の中に
入ったぐらいになっていた。そこで意識が途絶えた。

次に気がつくと、もう朝になっていた。
無事に朝が来たことにまずほっとして、次に夜のことを思い出してゾッとして、
障子を見た。障子の穴は無くなっていた。そこでまたほっとしたが、また違和感を感じた。

障子の穴が、一つ残らずなくなっていた。自分で開けた、普段からあった穴も
全部無くなって、張り替えた直後のようになっていた。
不思議に思って障子をまじまじと見てみたが、張ってしばらく経った、若干色が
黄ばんだ感じのまま、ただ穴だけが消えていた。

障子を開けてまたぞっとした。窓ガラスには手形が二つと、長い髪の毛が10本程
べったりと張り付いていた。

親に言っても信じてもらえず、障子の穴も「最初からなかった」と言われた。
だけど、絶対自分で開けた穴はあったはずだった。

以来、家を建て替えるまで、寝るときは絶対に障子に背を向けて寝るようになった。
幸いその夜以外には異変とか怪異はなかったが、今でもどんどん障子の穴が増えていく
あの光景を思い出すとぞっとする。

障子の穴の情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    「窓ガラスには手形が二つと、長い髪の毛が10本程べったりと張り付いていた。」という変わりようのない証拠を「親に言っても信じてもらえず」としただけで、なぜ親に見せない?
    誰がそれを掃除したのだ?(風雨で消失するまで、恐怖の物体を放置ということ?髪の毛は風化しにくいものだが?)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

訪問販売

心霊などの類ではないけど怖かった話をします。実体験です。 鳥肌って頭の先まで立つんだと初めて知った

記事を読む

ある廃ホテルで(投稿作品)

学生の時の実体験です。 夏休み、連日仲間と夜中に集まり遊んでいました。 夏といえ

記事を読む

ジャングルジム

私が大学生の頃。帰りにタバコを買おうと思って足を止めたときのことでした。 6、7歳位の女の子がそば

記事を読む

忌箱[1]

これは高校3年の時の話。 俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったんで近所の廃神社が遊び場と

記事を読む

瑕疵物件

624 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/26(金) 00:33:10 ID:O2C

記事を読む

首のない警官

私はある離島の駐在所に、勤務しております。 この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。

記事を読む

壁の穴

前に叔父から聞いた話を紹介したいと思います。 おそらく二、三十年前、叔父が様々な地方を巡って仕

記事を読む

ロフトの怪

とある会社員(男性)が某北関東の都市に転勤を命じられ、東京からつい先日越して来た。 東京ではワ

記事を読む

廃病院の悪夢

263 :本当にあった怖い名無し :04/08/16 16:03 ID:RoswYuSq それほ

記事を読む

繰り返す家族

先週のことなんだけど、小三の俺の弟が体験した話。 弟はその日、学校終わって一度うちに帰ってから仲

記事を読む

ヤマチュー

ある男性の話。 Aさんは、友人のBさんとお酒を飲みながら世間話をして

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑