怪異 カラコロシなど怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

怪異 カラコロシ (長谷川亮太さんからの投稿)

公開日: : 怖い話 |833 view

中学の時の地元での話。
うちの地元の神社では変な神が祀られていた。神の名前はメジャーじゃない、聞いたことのないもの。
『カラコロシ』。何でも地元にだけヒッソリと伝わってきた伝説のため、外部の人間は知らないし知る由もないらしい。
このカラコロシ、伝説と悪い噂があるのだがこれがまた面倒くさい。伝説は鎌倉時代にまで遡る。
当時、村にとても忌み嫌われてる若者がいた。若者は嘘とも本当ともとれない自慢話を毎日毎日うるさいくらいしていたからだ。
自慢話をうるさく感じていた村人たち。ついに怒りは爆発し、村の男全員で若者の家を襲撃。
若者は家から引きずり出されたのち、殴られ、刺され、性器を千切られて死亡した。
うるさいのがいなくなったとはしゃぐ村人たち。しかし、若者が死んでから不吉なことが連続して続いた。
村の子供達が次々と謎の奇病で死んでいった。顔に性病で性器にできるようなブツブツが発症し、それから息を絶つ。
これは確実に若者の呪いと察した村人たちは神主に相談。神主は若者の怨みを晴らし、成仏させるために神様に祈った。
その神様がカラコロシだ。カラコロシはとても強力だった。祈った日から1~2週間後、全ての村の子供の夢に出てきた。
そしてその後、カラコロシが夢に出てきた子供からどんどん心に安心感が湧いてきて若者の怨霊を心配する者がいなくなった。
こうして、村の騒動は終わったかに思われたがカラコロシにも問題があったそう。

怪異 カラコロシの情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 長谷川亮太 より:

    続き
    カラコロシは一説によると幼い頃、自分が原因で弟が死んだとかなんとか。
    その影響か子供が大好き。特に小さい女の子と兄がいる男の子に目を付けるらしい。
    若者の怨霊の次は、そのカラコロシによる子供の誘拐未遂が相次いだ。
    未遂というのは行方不明になった子供が必ず1日経てば帰ってきてしかもみな楽しかったと口を揃えて言っていたから。
    子供が帰って来てるなら問題は無いしそれにカラコロシは村の救ってくれた恩神だし多少は……
    そんな考えで村人は放っておいたがこれが間違いだった。
    ついに行方不明者が出たのだ。兄持ちの男の子2人、女の子3人。
    村はこの事態に酷く怯え、5人を必死で捜索。しかし、5人が見つかることは無かった。
    不思議にもその5人以降被害は出なくなったため親御さんの思いも虚しく捜索を断念。
    そして数十年後、村の者が出張がてら別の村へ遠出したところその村で5人を発見。
    しかし、5人は村の頃の記憶が無く、精神疾患者という扱いになっていた…..。
    これが一連の事件の流れ。

  2. 匿名 より:

    ヒェッ・・・

  3. 匿名 より:

    カラコロシは平将門と同じタイプの神みたいですね。
    祀った時に強力な恩恵と呪いを与える神という点で共通するものがあると思います。
    余り大きな声では言えませんがカラコロシを祀る宗教は現在も細々と続いておりカラコロシの神社のあった場所にお参りを続けているそうです。
    ただその巡礼場所に現在住んでいるのは政界に顔の利く大物らしく現在お参り出来ないように現地で警察を使った嫌がらせをしているそうです。

  4. 匿名 より:

    カラコロシを祀ってある神社が東京にあるらしい

  5. 匿名 より:

    チンフェと尊師ついに怖い話にデビューしたのか(驚愕)

  6. 匿名 より:

    から殺す

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

窓を叩くものは

深夜、A子さんは異様な物音を聞いて目を覚ました。 何かを引きずっているような音が窓の外から聞こえて

記事を読む

廃ホテル

去年夏男3人、女3人でバーベキューを楽しんでいました。 話しも盛り上がっていて、すごく楽しかったの

記事を読む

縁(えにし)

もう随分と前に亡くなったウチの爺さんなんだが、 変に、と言うかオカルト方面になんか詳しかった。

記事を読む

別の症状

ダチの話 ガキの頃そいつは階段を勢いよく下るのにはまっていた。 その日もいつもの神社で全力ダ

記事を読む

私が大学生だった頃の話。

その日は友人と待ち合わせをしていた。ところが、 約束の時間を過ぎても友人は来ない。 30分待っ

記事を読む

【住職シリーズ】とばっちり

信じるか信じないかは別として知り合いに変わったやつがいる。小学校時代からの友人で、現役の住職をやって

記事を読む

午前零時の子守

半年ほど前のことです。 その日私は友達の家に遊びに行ってました。 夜の10時過ぎまで他愛のな

記事を読む

絶対にばあちゃんが教えてくれなかった怖い話

俺は怖い話が好きでよく「ばあちゃん怖い話して」って子供の頃しょっちゅう言ってた。 ばあちゃんはま

記事を読む

隣人

数年前の今頃にあった話をこの場を借りて話させて頂く。 その頃の俺はまだニートだった。親の金でアパー

記事を読む

霊柩車[1]

Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に 住んでいました。おばあちゃんはもともとはと

記事を読む

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

狙われる路上の宗教勧誘

路上の宗教勧誘ってどう思いますか? ウザいですよね。メンドイですよね

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑