濡れたチケットなど怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

濡れたチケット (kさんからの投稿)

公開日: : 怖い話 |136 view

以前、某コンサートホールでバイトをしていました。

そのときの経験を話そうと思います。

はじめに気がついたのは
来客総数を試算する、チケット・チェックの場所でした。

わたしたちはもぎったチケットを事務室にあつめ、
総数を出して公演の主催者に報告するんです。

楽しい時間でした。

ほとんど女の子ばかり、
おしゃべりしながらチケットを数えるのは
飽きることのない作業です。

わたしの場合、
事務机にもりあがったチケットの山を両手でくずしながら
束をつくってゆくのですが、
あるとき、当日発売なのにぼろぼろの、
水分をふくんで膨れあがったチケットを見つけたのです。

記載事項を確認しようにもインクは滲んで、
かろうじて「R-11-○○」(忘れました)という席番が
読み取れるだけでした。

さて、コンサートホールのバイトは演奏中、
シフトによってホールのなかにも入ることができます。

正直なところ、
わたしはいわゆるタダ見をねらって
バイトを申し込んだクチでした(ごめんなさい)。

マホガニーの二重扉のかたわらに座っているだけの気楽な仕事ですが、
演奏中、体調の悪化されたお客さまがいればロビーまで導きますし、
不正に録音をこころみている方を発見すれば
主催者に報告しなければなりません。

しかしそのときまで、
わたしは演奏中になにか不都合に出くわしたことはありませんでした。

その日もチケット・チェックをおこなったのち、
後半の演奏、シューベルトの四重奏をしずかに楽しんでいたのを覚えています。

ただ、演奏がゆったりとしたアダージョの楽章に入ったときでした。

低音を基調とする弦楽器の曲調のはしばしに、
トライアングルを打つような、
するどい高音が断続的に聴こえるのです。

はじめ、演奏者が舞台をふみならすきしみかと思っていたのですが、
ぴん、ぴん、ぴん、ぴん、という音がだんだん大きくなっていき、
やがて痛みとなって鼓膜につたわるような、
耐えがたいトーンになっていきました。

わたしは思わず耳を両手でふさいで、首を垂れると、
ローファーの靴のところにひとすじ、
透明な液体が流れてくるのが見えました。

ホールは舞台にむけて勾配が下ってゆく構造になっています。

カーブを描きながら流れてくる液体を逆にたどってみると、
わずかな照明の下、黒髪を短く刈りこんだ二十歳くらいの女性と、
不意に、視線があったのです。

おおきな瞳でした。

そのとき音はやみ、
液体は舞台のほうへ流れてゆきました。

そのときは、
誰かがペットボトルから
ミネラルウォーターのようなものをこぼしただけと思い、
それほど気にかけずに勤務を終えたような気がします。

ただ、更衣室で着替えながらくりかえし思いだしたのは、
あの、トライアングルのような響きの、かたいかたい耳ざわり、
不思議に粘りけのあるように見えた液体の、
するすると舞台にくだっていく様子、
そしてショートカットの女の子のまわりがホールの青い照明をあつめたように
ぼんやり、にぶく光っていたように感じたことです。

いま考えてみるのですが、
当時のわたしがそれほど体験を不気味に感じなかったのは、
ちょうど一時期の木村カエラのようなファッショナブルな女の子の髪型と、
その表情のかわいさが影響したのだと思います。

それからも勤務は続きましたが、
不思議と、わたしはいつも濡れたチケットを探りあてました。

チケットはいつもぶよぶよに膨らんで、
やはりR側の(つまり、舞台に向かって右側の)同じ座席を示していました。

それからも何度か、
演奏中のホールに入り客席をながめる機会はあったのですが、
あの女の子の姿は見えず、妙な音も聴こえなかったのです。

たしか、はじめの、
奇妙な体験から半年くらい経過したときだったと思います。

わたしは客席に入る直前の、
ロビーのゲートでチケットをもぎる勤務についていました。

わたしがもぎり、
後輩の音大生の男の子がパンフレットを渡す手順です。

背後からは、曲名は忘れましたが、
相当の音量でオケがリハーサルをおこなっているのが聴こえました。

そのとき、まったく唐突に、
あのトライアングルのぴん、ぴん、ぴんという音が響いてきたのです。

さきほど硬い耳ざわりと書きましたが、
こればかりはどう表現すればよいか分かりません。

ともかく鼓膜をアイスピックでこまかく、
痛ぶるように突くような、
物理的に「痛い」音響なのです
(いまでも幻聴をかんじるときがあります)。

思わず後ろを振りかえろうと思いましたが、
どうしてもできませんでした。

ただし、いわゆる金縛りではなく、
わたしの好奇心です。

しっかり目に焼きつかなければ、
この音の真実をたしかめられない、
そんなという思いです……

あの女の子が、
チケットをもってわたしのゲートに近づいてくるのが見えました。

髪型がすこし変わって、
しかしそれでもperfumeののっちさんのような、
お洒落なおかっぱでした。

にっこり笑って、
黒革のバッグからチケットを探っていました。

華奢な、ピアノを弾くように大きな指だったのを覚えています。

ピンクのマニキュアでした。

ああ、やっぱりぶよぶよのチケットだ、
そう思ったとき、女の子の前髪がべったり、
水で濡れていることに気が付きました。

おかっぱ頭の全体が、
糊を塗ったようにくろぐろと濡れているのです。

きれいにきりそろえた前髪の束から、しずくが落ちて、
わたしの靴に落ち、ぴん、ぴん、と撥ねました。

おかしなことに、
わたしはそのとき怖いというよりも、
なんだか納得がいってしまったのです。

それでぶよぶよのチケットを裂くようにもぎって、
ぼんやりと、可愛い子はピアスもいいのをつけてるなあ、
なんて考えていました。

それでも、何人か続けてもぎっているうちに、
急に混乱してきたのです。

「このホールのロビーはふかふかの絨毯なのに、
なんであの子のしずくは撥ねるんだろう」

「なんであの子のしずくは、撥ねて、ぴん、と音がするんだろう」

と、考えまい、考えまいとしながらぐるぐる回って、
気をゆるめれば膝がくずれるほど怖くなってきました。

入口から見える空は晴天でした。

演奏がはじまりました。

わたしはチケットを事務室に預けてからゲートに戻ると、
絨毯に透明な液体がぽつぽつついているのが見えました。

そこだけ、絨毯の模様がゆがんで見え、
小さなレンズをところどころに置いたような違和感があるのです。

わたしは逃げだしたい気分になりましたが、
どうしてもそれを触らずにはいられませんでした。

すると、液体はわたしの指先で粘り、
手首から前腕、肘にどろどろ流れていきました。

指にはひとつぶ、少ししか手にとらなかったはずなのに、
右手にいく筋も跡がつくほど液体が流れていったのです。

怖くて、気味が悪くて仕方ありませんでしたが、
わたしはモップを取って、
公演終了してからも拭きとろうとしました。

それなのに、
丸い、ちいさな水たまりの跡は取れませんでした。

マネージャーが掃除を手伝ってくれたのですが、
わたしが奮闘している作業を不思議そうに眺めているのを覚えています。

そのときは返答を聞くのが怖かったので黙っていたのですが、
マネージャーにあの水滴の跡は見えていたのでしょうか?

もし見えていないのだとしたら、
そう考えると、バイトを辞めたいまでも怖くなります。

最後にひとつだけ。

わたしは指先についたあの水の臭いをどうしても表現できません。

なんというか、淋しい、
かすかな臭いだったような気がします。

濡れたチケットの情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

田んぼのくねくね(くねくね)

高校の時、家に友達を呼んでくだらない話で盛り上がっていると、 玄関を勢いよく開けて母が転がり込んで

記事を読む

八尺様

親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。 農家なんだけど、何かそういった雰囲気が好き

記事を読む

山奥の子供

夏の出来事。 学生だった俺達は夏休みに男5人でキャンプに行こうってことになった。 ボロボ

記事を読む

彼女は誰

初めて書き込みします。 私は結婚して2年目。 平日は仕事で休みは土日。 いつもは洗濯や掃除をま

記事を読む

人間の怖さ

GW中に、家族みんなで実家に帰ってたんです。 帰省してすぐ、庭で洗車してると、むかしから近所に住ん

記事を読む

裏ポケGO

最近の半紙です。 ポケモンGOが大流行している昨今 大人も子供も一生懸命歩き回っています。 で

記事を読む

【従姉妹シリーズ】廃墟のテレビ

電話やテレビ、ラジオなど所謂メディアにまつわる怪談は多い。その殆どが、どこかに繋がってしまうというパ

記事を読む

マイナスドライバ-

そんなに怖くないのですがきいてください 私がまだ4~5歳の頃の話です。 当時家には風呂が無く

記事を読む

黒い人

ちょっと前に思い出して少し背中がひんやりした体験。 と言っても、ド派手な心霊話ではないので期待し

記事を読む

霊柩車[1]

Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に 住んでいました。おばあちゃんはもともとはと

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑