開けて開けてなど怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

開けて開けて (Kさんからの投稿)

公開日: : 怖い話 |47 view

これはオレが浪人してた年の夏

家族は二泊三日の旅行に行ってて、
浪人生ってことで
オレだけ一人で留守番してた時の話

オレんちはマンションの6階なんだけど、
昼飯買いにコンビニ行こうと思って
エレベーターに乗り込んで
1階のボタンを押した

で、
エレベーターが4階にさしかかろうって時に
急に寒気がした

顔を上げると、
まさに幽霊のテンプレって感じの
白いワンピースを着た髪の長い血だらけの女が
4階のエレベーターホールからこっちを覗いてる

うわ、なんだあれ!
って思うか思わないかのうちに4階を通り過ぎ、
次の階が見えてきて愕然とした

そこにはさっきの女が立っていて、
やはりこちらを覗いていた

階段で走って下りてきたのか?
って考えたけど
いくらなんでも速すぎる

そして次の階、
そのまた次の階にも女は立ってて
もうこわくて仕方ない

それから何度も何度も女を見たんだけど
いつまでたっても1階に到着しない

オレは慌てて
今エレベーターが何階にいるのかを確かめた

そこに表示されてる数字は4

そしてその数字はいつまでも変わらない

4階を繰り返し通過し続けているってことになる

そう理解した時には
吐き気すら覚えるほど戦慄した

通り過ぎるたびにヤツが見えて
もうこわくてこわくて
で、何回か4階を通過した時、
ヤツはエレベーターのドアを叩きだした

ドンドンドン!

もうこえーって!
いい加減にしてくれ!
って思った

で、よく聞くと
ドアを叩きながら何か言ってる

「開けて開けて」

なんとか聞き取れた

しかしそれは無理なお願いってやつだ

あんなやつをエレベーターに入れたら
何されるかわからない

しかし、このままだと
一生エレベーターに閉じ込められたままだ

4階のボタンを押せば
エレベーターは4階に停止して
外に出ることができるんだろうけど
ヤツが何するかわからない限り
ボタンを押す勇気はない

オレは悩んだ

そうしてると、
女に加えて
エレベーターホールに男が現れた

マスク、サングラス、ニット帽をしていて
顔は見えないが、
右手にナイフを持って
女の背後に立ってた

いかにもヤバそうなヤツが二人

ああ、オレ死ぬんだって思った

女はいっそう激しくドアを叩きはじめた

ドンドンドン!

「開けて!助けて!お願い!」

あまりの恐怖に一歩も動けなかった

そうしてると、
男はナイフをゆっくり振り上げた

そして、
女の背中に勢いよく振り下ろした

オレ「え」

ズサッ

「ギャアアアア!」

次の瞬間、
エレベーターが通り過ぎる階には
だれもいなかった

急いで何階にいるのかを確認したら
表示されてる数字は3だった

ホッとした

やっと抜けられたんだって

エレベーターが1階に着く

幻覚でも見たんだと自分に言い聞かせて、
一歩踏み出した

だけど、
その時聞いてしまったんだ

「どうして見殺しにしたの?」

開けて開けての情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

「カン、カン」

幼い頃に体験した、とても恐ろしい出来事について話します。 その当時私は小学生で、妹、姉、母親

記事を読む

こっくりさん

中学校の先輩(男子)から聞いた話。 給食が終わって昼休みに入ってすぐに、数人の女子が「コックリさん

記事を読む

アタマイタイ

いまだに住んでいるのですが築5年のまだまだ新しいアパートでの話。 その日もいつもどおりベッドで寝よ

記事を読む

思い出のデパート

こないだ閉店が決まった某有名デパートが市内の中心部にあるんだが、俺が生まれる前からあったと思う。

記事を読む

僕にも見せてよ

まだ俺が小学生の頃、カケル(仮)という天体マニア?の友達がいて、ちょくちょく二人で夜中に家を抜け出し

記事を読む

峠道

オカンが会社の同僚? から聞いたお話 話者は男なんだが、二十年も前、二十歳そこらの時分には暴

記事を読む

警官の指示

深夜仕事から家に帰ってたら、変な人がいたな 髪がまるで貞子みたいに長く前髪が顔を隠していて、格好

記事を読む

布団回収

「ピンポーン」 大学の授業を終えて、家で寛いでいるときに呼び鈴がなりました。 どうせ宗教の勧

記事を読む

パチ屋隣のランドリー(投稿作品)

俺の住んでる県は、別名パチンコ県。 ホントそこらじゅうパチ屋だらけで、何でこんな場所に建てたの?っ

記事を読む

隣人

数年前の今頃にあった話をこの場を借りて話させて頂く。 その頃の俺はまだニートだった。親の金でアパー

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑