真っ黒な案山子など怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

真っ黒な案山子

公開日: : 怖い話 , |69 view

年末から年明けにかけて、俺は実家の在る群馬に戻って郵便局でバイトをしていた。
高校2年の時から長期休みの時は必ずこの郵便局でバイトをしていた。
田舎な事もあって、その郵便局の配達ルートを全て覚えていた。

そんな事もあって、局員には「即戦力が来てくれた」と喜ばれた。
今回初めて郵便局でバイトするという工房Sの引率を任されてしまった。
早い話が、2,3日一緒に配達して、配達ルートを覚えさせろという事だ。

このS、かなりの御銚子者で、俺とは直ぐに冗談を言い合える仲になった。
こいつが配る所は50ヶ所程度。
配る家は少ないが、次の配達場所まで滅茶苦茶遠い、俗に「飛び地」と呼ばれている地域だ。

バイトを始めて8日目だった。
俺とSの配達地域は隣同士だった事もあり、局に帰る時にバス停横の自販機で待ち合わせをしていた。
その日、Sは目を真っ赤にして涙を流しながら、猛スピードで自転車を漕いで現れた。
時間は17時になろうとしていて、バイトは局に帰らないといけない時間を大幅に過ぎている。

転けたらしく、顔も服も自転車も泥まみれだった。
「どうしたんだ?」と聞くと、「ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ」を繰り返すだけで要領を得ない。
俺は配達物を破損・紛失したのかと思って、「とりあえず局に戻るぞ」と言って、Sを引っ張って局まで戻った。

Sの姿を見た集配課の課長が何事かと駆け寄って来た。
課長が「どうした? 手紙をなくしちゃったのか?」と聞くと、Sは「全部配りました」と言った。
どうにもこうにも要領が得ず、俺が「何があったんだ?」と聞くと「信じてくれないから」とSは言った。

その後、数名の局員が帰って来て同じ様な事をSに聞いたが「信じてもらえないから」の一点張り。
一人の局員が「もしかして真っ黒のカカシを見たのか?」と聞くと、Sは何度も頷いた。
もう一人の局員が「ああ、森で?それとも川?」と聞くと、Sは「両方」と答えた。

Sの配達ルートに、Aという家がある。
配達物を見る限り、中年の夫婦が2人で住んでいるようだ。
其処に行くには、300mほどの暗い森を抜け、小さな小川を渡り、畑の中道を通らなければならない。

ぶっちゃけ、こんな所に家建てるなと言いたくなるような所だ。
そのA宅は20年くらい前に火事になったらしい。
その火事で夫婦の子供と年寄りの3名が亡くなったそうだ。
年寄りの爺さんは子供を病院に運ぼうとして、森の道で力つきて婆さんは黒こげで小川に浮かんでいて、子供は救急車で病院に運ばれたが、移送先の病院で死亡したそうだ。

今、A宅があるのは畑の中道を通った所になっているが、前は今の畑があった所らしい。
局員の話では、爺さんは子供を捜して、婆さんは今も熱さから逃げようとしているんじゃないかという事だ。

「最初はカカシだと思った。だけど真っ黒な頭の目が開いた。真っ白だった」とSは言った。
俺もふと思い返してみた。

確かあの畑にはカカシは無かった。
だけど、今年になって一回だけ川に浮かぶカカシを見た気がする。

真っ黒な案山子の情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

一夜の恋人はいかが?

トイレの落書きなんて他愛のないこと、誰も気に止めない。 岡山市田町の公園、そこのトイレに自分の電話

記事を読む

鬼のような女

何で読んだのかわからないが、恐ろしい昔話 江戸時代の三大飢饉の中で最も甚大な被害を出したの

記事を読む

警官の指示

深夜仕事から家に帰ってたら、変な人がいたな 髪がまるで貞子みたいに長く前髪が顔を隠していて、格好

記事を読む

ネットカフェでの災難

学生の時の話を一つ投下。 霊的な話ではないが、今までで一番恐怖を感じた洒落にならん話。 自

記事を読む

深夜のおやつ

これは友達から聞いた話 受験勉強のために部屋で猛勉強してたら、 夜中の二時ごろに部屋のド

記事を読む

【従姉妹シリーズ】ノッポな人形

中学二年の秋口、俺は勉強や部活そっちのけでオカルトにはまっていた。そのきっかけになったのが近所に住ん

記事を読む

犬鳴峠

中学生のころ、地元福岡の犬鳴峠に、友人と二人で無謀にもチャリで出かけた。 今はわからないが、当時は

記事を読む

ばりばり

はじめに、私は先日ひどく怖い夢をみました。それで誰かに聞いてもらいたく ここに書き込むことに決め

記事を読む

瑕疵物件

624 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/26(金) 00:33:10 ID:O2C

記事を読む

ジャングルジム

私が大学生の頃。帰りにタバコを買おうと思って足を止めたときのことでした。 6、7歳位の女の子がそば

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑