一夜の恋人はいかが?など怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

一夜の恋人はいかが?

公開日: : 怖い話 |61 view

トイレの落書きなんて他愛のないこと、誰も気に止めない。
岡山市田町の公園、そこのトイレに自分の電話番号を書いておくと一夜の恋人が見つかるという。
数年前のこと……………… まだ明るいうちにそのトイレに用を足すために入った。
噂の通り電話番号が無数に書いてある。なぜかそれぞれに横線がひかれ消されている。ご丁寧に筆記用具まで置いてあった。
私はほんの冗談のつもりで、友人の電話番号を書いた。
後日その友人と会う機会があり、そのトイレの一件を話すと「突然知らない女の子から連絡があり、今晩10時に田町の○○公園で待ち合わせをした」とのこと。彼はまんざらでもなく、とても得意げに教えてくれた。
少し冷やかしてみた。
「噂は本当だった。しかし、どんな子がくるのか判らない。ビデオに撮って、あとで見せてくれないか。」とたまたま持っていたビデオカメラを渡した。
勝ち誇ったように、ほくそ笑んでいた(生きている)彼は、私が見た最期の姿である。翌日「○○が亡くなった」と訃報がはいる。彼の母親から。急ぎ通夜に参列した。
泣き崩れる家族の前に、恐怖の形相まま死に絶えた友人が横たわっていた。
私は昨日のエピソードが脳裏を過ぎったが、それを押し殺して母親に状況を聞いた。
「田町の○○公園で、ボロボロになって転がっていた。」とのこと。
(例の待ち合わせの公園だ!)なにか腑に落ちない気持ちだったが「そうですか…。」としか返事が出来なかった。
次の日…。

「あんたのビデオカメラを預かっている。取りに来てくれないか。」と知らない男性からの電話。
詳しく聞くと、その人は清掃中例の公園の茂みでカメラを見つけた。携帯電話の番号と名前があったので、さっそく連絡をしてくれたとのこと。有り難さより、気味の悪さが先にたったが、親切心を有り難く受け止めて、引き取りに行った。

とりに行った先で、その人は険しい表情で「今直ぐそのカメラを寺に預けるか、どこかへ売り払うほうがいい」と押し付けるように渡してくれる。………………………………なにが映されているのか?見ていいのか、見ないほうがいいのか。悩んだ挙げ句見てしまった。
…………暗闇の中、所々灯が点いている。…バカな鼻歌を歌いながら公園の中を進んでいる。…遠くに例のトイレ…一瞬、薄暗い木の下に視線が移ると…ぼんやりと女の姿が見える…友人の「あの子かな?」と言う声…続いて「その前に仕返しを」と言いトイレに入り、壁に私の電話番号を書いている…その後、「よ~し」と言いながら電話を掛け…遠くからの着信音…木の下の女に視線が移る…その瞬間、氷の上を滑るように女がス~と近付いてくる…「わー」と言う恐怖の声…さらに近付いてくる女…次第に女の顔が大写しに…………少しボケたような、でも目だけはこちらを注視している。垂れた前髪の間から、こちらをジッとみている。
そこまで見て、私は恐ろしさのあまりカメラを投げ付け、何度も踏み付けた。
しばらくして、冷静に戻ると映像のなかで自分の電話番号を壁に書いていた友人を思い出し、急いで例のトイレへ向かった。
トイレの壁、先ず友人のものを探す。案の定横線で消されている。次に私のものを…
たくさんの番号のなか、やっと見つけた。……まだ消されていない。どうにかならないかと、石で削ったり上から塗りつぶす努力をするが数字は鮮明に読め努力は無駄に終わった。
私は携帯電話に知らない女の子からの電話が、掛かってくるのが恐ろしい。
あれ以来、使っていたものは電源を切り何重にも包み天井裏に隠している。
新に番号を取得しているが今だに恐怖心は吹っ切れていない。

一夜の恋人はいかが?の情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. ('∵) より:

    これガチならお前最低だよな

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

変わった人。(青い風船様からの投稿作品)

私の友人が体験した話です。名前は仮にSさんとします。 Sさんは家族とファミリーレストランで食事

記事を読む

あるカメアシ

僕は都内でエロ系の撮影現場で働くカメラマンのアシスタントです。 数年前後味の悪い体験をしたのですが

記事を読む

天井裏の子供

昔5階建てのカラオケでバイトしてた時のお話 3階の部屋が客で埋まったら4階に、4階が埋まった

記事を読む

怪異 カラコロシ

中学の時の地元での話。 うちの地元の神社では変な神が祀られていた。神の名前はメジャーじゃない

記事を読む

寝室

僕の友人に、古美術商をしている坂さんという人がいる。店が坂の途中にあるから「坂さん」。 30過ぎ

記事を読む

ヤマ目

あれは母の実家から帰る途中の出来事。 母の実家はG県の田舎で夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来

記事を読む

首のない警官

私はある離島の駐在所に、勤務しております。 この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。

記事を読む

恐怖郵便

これは僕が高校の頃の話です。 「かんひも」に関わって以来、微妙な霊感に目覚めてしまったわけです

記事を読む

Webページ共鳴部 ※長文(投稿作品)

とあるサイトがあった とある小学生が立ち上げたスレだった そのスレは怪談をカキコしあう そのた

記事を読む

一途な思い[3]

そのうち彼女は部屋を出た。アルバイトも始めた。 だんだん性格も明るくなり始めた。彼女のお母さんから

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑