【住職シリーズ】とばっちりなど怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

【住職シリーズ】とばっちり

公開日: : 怖い話 , |396 view

信じるか信じないかは別として知り合いに変わったやつがいる。小学校時代からの友人で、現役の住職をやってるやつがいる。私自身は霊感なんてこれっぽちも持ち合わせていないのだが、こいつのせいで 何回かありえない現象にあっている。

大学生時代、みんな免許取り始めてうきうきしてた時分の話です。季節的には、夏 夜遊びしてて、ふとある話題から怪談話に移っていった。

私自身は1ミリも信じていないんだが、女の子もいたこともあり大いに参加。よくいう都市伝説の話とかしてました。

むろん住職(学生時代は髪があり出家はしてなかった)もがんがん話しをしてもりあがりました。

やはり行き着くところ、ミステリーツアーということになり人で夜中に関西地方で有名な幽霊トンネルに車で出発。

山中を目的地にむけて車を走らせること数十分。街から離れ、街灯もろくになく、対向車すらなくなってようやく目的のトンネルの前にきました。

時計は夜中の2時過ぎをさしており、幽霊ターイムと大騒ぎでトンネルに突入。トンネル自体は全長90メートルちょっと。さほどスピードをださずにゆっくりと走っていました。

オレンジ色の灯火が車内をうっすらと照らし、女の子達が

「なんかでそーだねーー」

とか

「ここはでるんやとぁ」

とか与太話をしてちょうど真ん中くらいのどこで、車の天井に

ドンッッッ・・・・・・

運転手A「なんや いまの・・・」

一瞬で車内が車内が静まり返りました。するとまた、

ドンッッ・・

ここで住職がちょっとためてから

「ん・・・おい A車止めろ」

車は静かに止まりました。また

ドンッッ・・

車の上で、ゴムのボールをついてるみたいな、そんな感じの軽い振動が再び車内に響きました。

住職「おい降りてみてこいよ。日頃いないっているし、この音の正体なんなのか確かめてみたら?それかもしかしてこわいとかそんなんいわへんやろ?」

いやらしぃくらいニヤニヤわらいながら、俺にそういってきました。

私「・・・・・まじ?・・いや・・ここで?」

ドンッッ・・・・ドンッッ・・

一定の感覚で音が車内に伝わってきている。

そう答えると めちゃめちゃうれしそうな顔して

住職「まぁこわいなら、しょうがないなぁ・・口だけかぁ・・」
私「あほか 何いうか そんなもんはおらへんわ 見てきてやるわ」

そういって車のドアをあけて車外にでました。車の天井の上には何もない・・・

住職「車の後ろとか しっかり確かめろよぉ」
私「うるせぇ いわれんでもちゃんと見るわ」

乱暴に車のドアを閉めて、車の後ろにまわりました

車のエンジン音以外は、恐ろしく静寂で、オレンジ色の一色の不思議な光景が広がっていました。もちろん車以外は何一つない。

ふぅ・・・と思ったら、不意にドーーンッと音がして車自体が上下に一回激しく揺れました。

びっくりして後ろに飛びのいたら、

ギュルルル

私をトンネルにおいて車が全力発進・・・・みるみるうちににテールランプが遠くの方に消えていった・・

あまりの突然の出来事にしばし放心状態になりましたが、落ち着くためにタバコを取り出して一服。不意になんともいえない恐怖心が沸いてきてトンネルの出口に向けて走りました。

トンネルの出口に車が止まってるの見つけた途端、いきなり怒りが爆発

私「そこを動くなあああああああああああっこらあああぁぁ」

遠くの方から

「でたぁぁぁ・・・・・・・・」

悲鳴と共に叫び声がトンネル内に響いてかえってきました。

車は、無常にも再び走りだして消えていきました。車で数十分の山の中に放置、罰ゲームとしかいいような仕打ち。。。

1時間ほど待っていたのですが全く迎えずにこずふつふつと殺意に似た怒りを胸に山中を歩いて帰っていたら、前方からカブにのった住職が、走ってきて 人の顔をみるなり爆笑しながら

「あいつら腰抜かしてた。迎えにきたで」

詳細をきくと私が車の周りを、音の正体をさがして回ってるときに、得たいの知れない塊がボンネットの上に落ちてきたそうです。

びっくりして急発進。私をおいていったのに気がついてトンネルの外でまっていると、

「そこをうごくなぁぁ」

と声が響いてきて、たまらず街まで逃げたそうです。

私「なぁ落ちてきたんて何?何が落ちてきた?」
住職「さぁなぁ・・・なんやろな?お前見てへんの?」
私「なんもいねーよ」
住職は「いやいや まぁあれはトンネルから出れへんからなぁ。。」
私「はぁ?なんもいーへんし。でれへんて意味わからん」

後日逃げた3人に聞いても、口を閉ざして何もいわず、Aの車のボンネットだけがしばらくの間、いびつな形でへこんでいました。なにがおこったのかいまだにわかりません。

後日トンネルで、大学生が行方不明になったとか、男が車を追いかけてはしってくるといった話が噂につけたされてました。


【住職シリーズ】とばっちりの情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

ネットカフェでの災難

学生の時の話を一つ投下。 霊的な話ではないが、今までで一番恐怖を感じた洒落にならん話。 自

記事を読む

ヤマ目

あれは母の実家から帰る途中の出来事。 母の実家はG県の田舎で夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来

記事を読む

山奥の子供

夏の出来事。 学生だった俺達は夏休みに男5人でキャンプに行こうってことになった。 ボロボ

記事を読む

幻の集落

私は子供の頃、山深い小さな集落に住んでいました。 小学生になったばかりの頃の話です。 私の家は学

記事を読む

鬼ごっこ

963 本当にあった怖い名無し sage 2005/09/27(火) 23:31:00 ID:JiH

記事を読む

テレビモニター

聞き書きなんだけど… 後輩Kは某コンビニで深夜バイトをしてたらしい。 そのコンビニの立地

記事を読む

花子さん?

296 本当にあった怖い名無し 2005/09/19(月) 18:35:31 ID:hS7MWyyH

記事を読む

返却BOX

しまった!今日がDVD返す日だった!! 夜中布団の中で、はっと気付いた。時計を見ると1時ちょ

記事を読む

寝室

僕の友人に、古美術商をしている坂さんという人がいる。店が坂の途中にあるから「坂さん」。 30過ぎ

記事を読む

廃墟で拾った日記帳

俺は霊感が全くない。 人間は死ぬのが怖いのは死後の世界を確認できないから。 死んだ後、苦しみ

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑