お宅の旦那と寝たわ!!など怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

お宅の旦那と寝たわ!!

公開日: : 怖い話 |78 view

『私、お宅の旦那と寝たわ!!』

そう電話がかかってきたのは、私が夕飯の買い物から帰ってきた時だった。

『私、お宅の旦那と寝たわ!!』

私は無言で電話を切った。

あの女…そう、主人の浮気相手。主人の部下のあの女だ。

電話のそばにあった鏡にふと目がいく。

家事がやりやすいように短く切った髪、マイホームの為にと節約して何年も着続けているトレーナー。
そこには生活に疲れた中年女が立っていた。

あの女は髪を茶色く染め、綺麗にカールしていた。流行の服を着ていた。

動揺している時間はない。私は学校から帰ってくる子ども達の為に夕食を作り始めた。

次の日もまた次の日も、あの女から電話がかかってくる。

『私、お宅の旦那と寝たわ!!』

その度に私は無言で電話を切る。

なんで!?どうして!?そんなに私を苦しめたいの?
私と子ども達から主人を奪った泥棒猫のクセに!

ふと手を見ると、毎日の水仕事でガサガサに荒れた指が目についた。

あの女は爪を伸ばし、ネールアートをしていた。

…憎い

あの女が憎い

あ、洗濯物とりこまなくちゃ。

『私、お宅の旦那と寝たわ!!』

あれから毎日あの女から電話がかかってくる。

どうして愛人は自分の存在を本妻に知らせたがるのだろう…。本当にバカな女だ。
あんたなんかに言われなくても主人が浮気していた事なんてとっくにお見通しだったのよ。妻の勘を馬鹿にしないでよ!

『私、お宅の旦那と寝たわ!!』

『私、お宅の旦那と寝たわ!!』

『私、お宅の旦那と寝たわ!!』

毎日毎日もう電話してくるのはやめて!
何で電話してくるの?

1週間も電話が続くと、さすがの私ももう限界だった。
でも私がしっかりしなきゃ。子ども達を守ってあげれるのは私しかいないのだから。

また今日も電話がなる。

「…はい。」

『私、お宅の旦那と寝たわ!!』

「………。」

『私、お宅の旦那と寝たわ!!』

「…今も…一緒にいる…くせに…。」

『私、お宅の旦那と寝たわ!!』

「…知っていますよ。」

『私、お宅の旦那と寝たわ!!』

「だから主人と一緒に殺して山に埋めてあげたじゃない!仲良く2人でずっと寝ていなさいよ!!!」

まだ本妻に対抗しようだなんて本当にバカな女だわ。

「ママ~!ただいま~!あれ?パパから電話あったの?」

「おかえりなさい。まだパパからは電話はないわよ。」

お宅の旦那と寝たわ!!の情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. ゾンビ より:

    すごくゾッとした
    小説家ですか?

  2. 奈那 より:

    文章上手いなぁ

  3. 匿名 より:

    スカッとした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

リゾートバイト その2(※長文なので分割2/4)

広間に着くと女将さんと旦那さん、そして悲しそうな顔をした美咲ちゃんが座っていた。 俺達は3人並

記事を読む

これはまだ僕が京都で大学生だった時の話です

当時バンドを組んでいた僕は週末の夜になるとバンドメンバーとスタジオに入り練習をしていました。

記事を読む

天井裏の子供

昔5階建てのカラオケでバイトしてた時のお話 3階の部屋が客で埋まったら4階に、4階が埋まった

記事を読む

30年間外に出なかった男

10年位前まで、富山県のある介護タクシー事務所へ所属しており、今は都内で別な仕事をしている知人Aの話

記事を読む

【住職シリーズ】とばっちり

信じるか信じないかは別として知り合いに変わったやつがいる。小学校時代からの友人で、現役の住職をやって

記事を読む

二人の女性

私のバイト先での出来事です。発端は1年ちょっと前でした。衝撃的な出来事でした。 当時のことは、今

記事を読む

愛車のソーラ

友人(以下M)は車やバイクが大好き。類友と言うのか、周りもそういう人が多いみたいだった。 ある日

記事を読む

返却BOX

24 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/06/30 11:38 ID:MUYf

記事を読む

バス停の女[2]

二度目 その翌週の金曜日。またもや帰宅が遅くなった孝史は、先週の事を思い出しながら 車を

記事を読む

思い出したくないトラウマ

とても怖いトラウマ体験です 20代の頃会社勤めの私には 出会いがまったくなく彼女がいませ

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑