犬鳴峠など怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

犬鳴峠

公開日: : 怖い話 |101 view

中学生のころ、地元福岡の犬鳴峠に、友人と二人で無謀にもチャリで出かけた。
今はわからないが、当時は旧道も閉鎖されておらず、自由に行き来できた。
時刻は夕方だったので、他には誰も居なかったが、まだ微妙に明るくて怖さもイマイチだった。それよりなにより、旧道の曲がりくねった坂道をチャリを押しながら上がっていったことでトンネル前に着いたときには二人ともクタクタで、おまけにだんだん暗くなってきたから、トンネル内部まで入らず、すぐに帰ろうという話になったのだが、本心は異様な寒気がしてやっぱり怖かったんだと思う。
中学生ながら、少しでも友人の前で勇敢なとこを見せようと、
友人よりも若干トンネル入り口に近い位置に立っていた自分。
トンネル内はほとんど真っ暗で辺りもかなり薄暗くなってきたころ。
ふと気づくとトンネル内部から、ピチャピチャという水滴の音(トンネル内は常時雨漏り状態だった)が、なんだかコツコツって感じの人の足音みたいに聞こえてきた。んで、二人とも怖くなったので、後ろの友人のほうを向いて、すぐに引き返して帰ろうと言って、トンネルのほうを振り向いた瞬間、目の前に白い着物姿の髪のなが~い女性がトンネルからもの凄いスピードで自分に向かって飛んできた。
今まで、霊体験の無い自分は、震え上がって一歩も動けなかった。その女性は一瞬で自分のカラダをすり抜けていった。
すり抜ける瞬間、女性の顔が目の前数センチのところで笑っていたのを今でも鮮明に覚えています。なのに友人には全くそれが見えなかったらしいです。4~5秒もの間鮮明に自分には見えていたのに…。震え上がって一目散にチャリこいで帰りました。

んで、話はまだあり、その日のうちに近所の香○宮という神社で急遽お払いをしてもらうことになり、その後それぞれの家に帰宅したのだが、友人宅に留守番電話がかかっていたと言う。怖いからウチに泊めてくれというので、素直に泊めてやった。
詳しく聞くと、留守電は3回かかっており、そのいづれも無言電話で、ちょうど犬鳴にいた時刻にかかっているとのこと。バックで風の音というか木々のざわめく音というか、そういう感じのノイズが入っていたらしい。
もう15年以上前の話だったのだが、たまたま最近インターネット上書き込みを見ていて、全く同じような証言を複数発見。
再度震え上がった次第です。
やっぱりあれは犬鳴峠からの電話だったのだろうか…。
最近は知らないが、当時犬鳴トンネルの新道の入り口(旧道への分かれ道でもある)にはなぜだか電話ボックスがあったのを記憶しています。

蛇足で、当時地元福岡で山崎パンだったかのパンを購入すると、包装紙の裏側に092-XXX-9999(一応伏せとく)と書かれた犬鳴怪談専用チャンネルがあった。

犬鳴峠の情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

地厄(じんやく)

ちょっと今から25年前の小学3年生だった頃の話を聞いてくれ C村っていう所に住んでたんだけど、T

記事を読む

長男が0歳のとき

長男が0歳のとき、仕事で遅くなった日の夜自宅の玄関を開けると女房が寝室から出てきて 「一人いない

記事を読む

飛ぶ女

そんなある夜、いつもの様に部屋の電気を落として、出窓開けてタバコ吸ってたんだ。 そしたら、ふと視

記事を読む

深夜放送

駄分だが勘弁してくれ 俺が小学校五年のころ皆で肝試しをやろうということになった。

記事を読む

Webページ共鳴部 ※長文(投稿作品)

とあるサイトがあった とある小学生が立ち上げたスレだった そのスレは怪談をカキコしあう そのた

記事を読む

ナール、ナシュ

722 1/10 sage 2011/09/16(金) 17:18:31.71 ID:5MdxD

記事を読む

ワラズマ

62 本当にあった怖い名無し sage 2012/01/14(土) 05:56:54.08

記事を読む

首絞めオジサン

俺がまだ小学生だった頃のリアル体験談。 小雪がぱらつく中、俺は二つ年下の弟と一緒に外へ遊びに

記事を読む

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだとき、お葬式の晩は村の男を10人集め、 酒盛りをしながらろ

記事を読む

隣の住人

少し前まで、私は今付き合ってる彼と 田舎にあるとあるマンションで、同棲していました。 そこは

記事を読む

狙われる路上の宗教勧誘

路上の宗教勧誘ってどう思いますか? ウザいですよね。メンドイですよね

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑