田んぼのくねくね(くねくね)など怖い話 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

田んぼのくねくね(くねくね)

公開日: : 怖い話 , |82 view

高校の時、家に友達を呼んでくだらない話で盛り上がっていると、
玄関を勢いよく開けて母が転がり込んできました。
尋常ならざる様子に俺が駆け寄ると母は
「お願い、お願いだから田んぼには行かないで」
と繰り返しました。
買い物帰り、自転車で田んぼ道を走っていると見なれない黒いものがうごめいているのが見えたそうです。
カカシかな、と思い自転車を止めてよく見てみると手足の細い人型の物体がその四肢を狂ったように、
[くねくね]と動かしていたらしいのです。
とたんに得も言われぬ恐怖に襲われ、逃げてきたそうです。
その時は「分かった。」と一言いって母を落ち着かせたのですが、話のネタにも困っていた俺達は
こっそり母の言った田んぼにいってみることにしました。
それはやはり居ました。風も無いのに、ひたすら手足を動かす黒いもの。
しかもそれはゆっくりと移動していました。
しまった!と思ったときにはもう遅く、目からは涙があふれ膝はがくがくと震え出しました。
友人も口元を振るわせながら目をうるませていました。
泣きながら逃げ帰ったのは言うまでもありません。
くねくね動くだけのものがどうして怖いのか?と問われると言い返しようがありませんが、
まるで俺を飲みこむようなあの圧倒的な違和感はこの世のものとはとても思えません。
ほんとに怖かったんです。

田んぼのくねくね(くねくね)の情報や怖い話の怖い話のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

ドルフィンリング

951 :本当にあった怖い名無し:2011/05/31(火) 22:57:27.90 ID:Bndr

記事を読む

リアルな髪の絵

学生の頃、同じサークルの後輩で、すごくオレのことを好きになってくれた子がいた。 すごくいい子で、み

記事を読む

水の恐怖

私は趣味の一つである釣りによく行きます。 もっぱら海釣り専門なのですが私は船に弱いので防波堤とか磯

記事を読む

犬鳴峠

中学生のころ、地元福岡の犬鳴峠に、友人と二人で無謀にもチャリで出かけた。 今はわからないが、当時は

記事を読む

地元の病院(投稿作品)

まだ地元(大阪の)にいたころ。 夜中に、待ち合わせて遊びに行こうって話になりました。 あ

記事を読む

パンドラ[禁后]2 解説編

代々、母から娘へと三つの儀式が受け継がれていたある家系にまつわる話。 まずはその家系について説明し

記事を読む

迷路

ケンちゃんがいってた、 『あっちの裏山は変なにおいするぞ、ひとつも木が生えてん場所すっぱいにおいす

記事を読む

テナントの警備員

友人が体験した恐怖をお話しさせてください。 現在20代半ばの彼が、小学6年の時に体験したもので

記事を読む

忌箱[2]

翌朝一番でCとEが見舞いにきた。Cは泣きながら「すまん!俺、30分待ってもお前が帰って来ないからAと

記事を読む

人間の力 ※長文注意

長いんですけどすいません。 別スレに書こうと思ったんですが、そっち向きじゃなかったので。 書いて

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑