テンキーなど意味が分かると怖い や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

テンキー

公開日: : 意味が分かると怖い |276 view

学生時代に住んでいたアパートの鍵はテンキーだったんだが、
夜中の3時頃に部屋で漫画を読んでいたら突然ドアノブをがちゃがちゃする音が聞こえた。

ビビったけど鍵かけてるし大丈夫だと思っていたらピッピッと暗証番号を押す音が聞こえ血の気が引いた。

その当時テンキーの設定を変にいじってしまい

Eというパネルを押すだけでロックが解除される設定になってて、ドアの向こうにいる奴が適当にボタンを押している内にロックが解除されてしまった。

運よく普段めったにかけないチェーンをかけていたんだが、チェーンで開けられないにも関わらず、ドアを無理やり開けようと3分くらいガンガンやった後、静かになったので恐る恐るドアを開けて見たらもういなかった。

すぐに暗証番号の事情を知っている友人に連絡を取ったが、部屋には来ていないし深夜だったので怒られた

そもそも普段から廊下を歩く音が余裕で聞こえるのに、そいつが去った時に聞こえるであろう足音が全く聞こえなかったのが怖かった

テンキーの情報や意味が分かると怖いの意味が分かると怖いのまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    「ドアを開けて見たら」という行動が大胆すぎ。通常なら覗き穴から外を確認するか、チェーンのままで隙間から外をうかがう。
    隣人が罰ゲームなどでの奇行なら、裸足での足音なしというシチュエーションもありとできるかも。

  2. 匿名 より:

    「テンキー」という前置きなら、絶対に数字でのパネルと決め付けてもいいということ?(A~Jの10文字タイプはテンキーとしないということ?)
    「暗証番号の事情を知っている友人」という意味合いが「Eであることを知っているだけ」というなら、「Eを直ぐに押すのに乱打した」というのが矛盾?(ど忘れしても一文字だけのことだけ覚えていたら、順に押すのが常識。)
    幽霊がテンキーを押すなんてありえないということ?
    「去った時に聞こえるであろう足音が全く聞こえなかった」とは書かれているが、来た時の足音について触れていないのが矛盾?
    大家か業者以外は設定を変えることができないのが常識なのに、「テンキーの設定を変にいじってしまい」が矛盾ということがオチ?
    そうなると、「暗証番号の事情を知っている友人」とは、設定を替えることができるハッキング能力者であり、
    二人は犯罪共謀者で、家宅侵入中に、部屋の主の方が帰って来て、(いつも無錠なのに、施錠したのをど忘れしたと思い)本来の暗証ボタン順を押したが、なぜかチェーンが架かっていたので不思議がり、駄目押し揺さぶりを続けて、内部に居る知り合いのはずに音で知らせたが、無反応だったので奇妙に思い、普通ならチャイムの方を鳴らすところをあえて沈黙を守ったまま、隅の死角へと潜んで、内部者の出方を伺った。(次の展開が、呼んでもいない警察が飛んできたとあればそういうこと。)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

くちゃーに

小学生の頃、5人ぐらいで構成されたいじめのグループがあり、そのターゲットになってるA君がいた。 勉

記事を読む

ロボット

ある時、父さんが家にロボットを連れてきた。 そのロボットは特別で、ウソをついた人の顔をひっぱたくっ

記事を読む

ものしり

俺はものしりだ。 特に有名な人名などは世界一知ってると自負してる そして今日は学校で友達に織

記事を読む

医者

脳死が確認され、 無数のチューブと人工呼吸器や点滴により生き続けた。 しかし死んでしまった。

記事を読む

迷惑電話

昔、地方から東京に引っ越してきた20歳の若い女性がいた。その女性が引っ越してきたのは木造2階建てのア

記事を読む

8階に住んでいる

仕事が忙しく帰りはいつも深夜だ にわか雨が肩を濡らすが気持ちいいくらいに思っていた。 ただ、

記事を読む

年上の女

ある年上の女と知り合った。 40になったばかりというが20代後半に見えるくらい若々しく 美人

記事を読む

黒いスーツを着た男

終電が過ぎてしまい困っていた。 ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。 偶然目が

記事を読む

パチプロ

とてもやかましい店だったので、そのパチプロ、 耳栓替りにパチンコ玉を左右の耳に詰めました。 とこ

記事を読む

コピー人間

老人『本当にこれで若返れるのか?』 男『えぇ。我社の開発したこの機械はあなたの細胞から全盛期だっ

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑