竹田が喫茶店でバイトを始めたなど意味が分かると怖い や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

竹田が喫茶店でバイトを始めた

公開日: : 意味が分かると怖い |427 view

竹田が喫茶店でバイトを始めたと聞き、俺たち四人は冷やかしに行った。

「よお」

店に入り声をかけると、竹田がカウンターからポカンとした顔を向けた。棚の上のテレビを見ていたようだ。

いわゆる“純喫茶”の部類に入るのだろうか。あまりパッとしない店だ。他に客はいない。

「……なんだ、おまえらか」

竹田はリモコンで素早くテレビを切り、相変わらずの無愛想な口調で言った。

「なんだはないだろ、せっかく励ましに来てやったのに」

「それより竹田、真面目にやってんのか。今サボッてなかった?」

「うるせえな」

仏頂面をしながらも、竹田はどこか上の空だった。

ただ、俺たちの来訪に特に驚いた様子もないようだ。

「じゃあ俺、レスカで」

「レモンスカッシュね。今時しないぞ、その略し方」

「俺、冷コな」

「レイコ?」

「アイスコーヒーに決まってんだろ。知らないのかよ」

「俺、クソひとつ」

「馬鹿かおまえは」

「違うよ、クリームソーダの略だってば」

「ええと、俺はカフェ・ド・ロワイヤルね」

「……やってねえよ」

「わりい、トイレどこ?」

しばらくそんな下らない話をしたあと、俺たち四人は立ち上がった。

「そろそろ行くわ。いくら?」

「迷惑料込みで百万円、と言いたいところだけど、今日は特別に俺のおごりにしといてやるよ」

「おっ、珍しく気が利くじゃん竹田。サンキュー。邪魔したな」

「二度と来るなよ」

「アハハハ、キツいわ。それじゃあな。頑張れよ」

「おう、おまえらも……」

店を出た後、俺たち四人は街を見渡した。

街は今日も静かだ。さて、何をしようか。

竹田が喫茶店でバイトを始めたの情報や意味が分かると怖いの意味が分かると怖いのまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    他の作品での「竹田」つながりというなら、無意味なエントリー。

    もうちょっとダイイング・メッセージを刷り込ませておくべきな作品では?
    例えば、注文品の頭文字を順に並べるとなど。
    難易度が高すぎ。

  2. 匿名 より:

    「今日も静か」ということは深夜を暗示させたい?
    深夜営業の喫茶店を出て「何をしようか」とは、犯罪?
    その意図で、四人での注文内容は、それぞれが犯罪隠語を指す?
    あまりに不自然で簡単そうなのは、
    クソひとつ→留守宅への窃盗侵入後に部屋に糞するおまじない。
    冷コ→覚醒剤?(コ●への勘違いが起きそうな略なので「御冷」の方が妥当では?)
    レスカ→レディース・カットだと一般業界用語だけど?
    カフェ・ド・ロワイヤル→バトル・ロワイヤルのつもり?
    関西系の読者の方が逆に理解できないと思う。

  3. 匿名 より:

    もしかして、「しばらく」での後という状況が、4人の内の誰かがトイレへと立っている最中という設定?(トイレから帰って来た描写を省略したらダメな理由とは?)
    「俺たち四人は立ち上がった」ということで、「トイレの仲間の代わりとなる存在が席を立った」というドッペルゲンガー話のつもりがオチ?
    しかし、4人程度の少人数だと、4人であることは目視で把握できる。一人がトイレに立てば三人が残っていることの方に違和感を感じない。トイレに立っても4人のままだと、素早すぎる帰りに違和感を覚える。トイレから帰らずに席にドッペルゲンガーが出れば、ワープしたみたいで驚きになる。
    または、最初からペルゲンガーが店内に居て、勘違いでそれを同行させたとすれば、そもそも店内に入って見付けた時点で違和感となる。しかも、トイレの客のことを竹田は忘れている設定?(不愉快な連中がトイレを使うってだけで気が向くだろう。)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

覗き見る何か(投稿作品)

私の住む兵庫県神戸市に、今は使われていない飛び降り自殺の名所となっているマンションがあります。 あ

記事を読む

黒いスーツを着た男

終電が過ぎてしまい困っていた。 ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。 偶然目が

記事を読む

二匹の飼い猫

俺は実家に住んでいるんだが、訳あって両親がいない時間の方が多い。 夜も俺は1人で過ごしている。

記事を読む

何を食べるの?

何を食べるの?と聞くとその子はいつも数字で答える。 興味が沸いた私はその子を引き取った。 肉

記事を読む

小屋の二階

洒落にならない話なんだけど、怖いかな? あんま自信ないけど、俺、このことで警察にも呼ばれたから、

記事を読む

図書館で本を借りに行った。

図書館で本を借りに行った。 壁際の棚にある小説の特集コーナーに行き、面白そうな タイトルの本を抜

記事を読む

練炭自殺

俺の友人に東京消防庁の消防士と地元交番の警察官がいて、お互いにとても仲が良い。 そんな友人達の話な

記事を読む

目玉

これは俺が高校のとき足骨折して入院したときの話なんだけど よく深夜までテレビ観てたんだ

記事を読む

もうすぐ彼女と出会って一年

月曜日 もうすぐ彼女と出会って一年。 君は隣の部屋で動物もののドキュメンタリー番組を観ながら涙を

記事を読む

座薬

僕「先生、どうでしょうか?」 医者「心配ないですよ。よく効く座薬がありますから、それを使いましょ

記事を読む

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

お面の神様

俺が小学生の頃の話。 昔っから絵を描くのが好きだったんだ。コンクール

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑