鬼とのチャンネルなどノンジャンル や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

鬼とのチャンネル (本当にあった怖い名無しさんからの投稿)

公開日: : ノンジャンル |566 view

鬼とのチャンネルなどの怖い話は

624 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 01:03:23 ID:GhcDVpXW0

もう5,6年ぐらい前になるんだけど
ウチのジーサマがガンだったのね
そんでジーサマびびりまくったのかどうか知らないけど
知人の霊能者とよく話してたんだわ
どんな話してたのかは知らない

627 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 01:07:10 ID:GhcDVpXW0
で、その知人からしょっちゅう霊能アイテムもらってた
お札が多かったかな

ある日、いつものようにお札をもらったんだけど
譲った霊能者が
「このお札を、1週間(だったかな?)家の南東の壁に貼り付けてくれ。
1週間経ったら、木で燃やしてくれ」
って言ったんだわ
なんか、お札についた悪い霊を燃やすってことらしい

628 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 01:12:13 ID:GhcDVpXW0
実は当時の俺は、霊みたいなものがよく見えてた
子供の時からたまにあったんだが、
ジーサマがガンを宣告されたあたりから急激に見えるようになった
今考えるとあのジジイが関係してるとしか思えないんだが

で、ジーサマが言われたとおり、札を1週間壁に貼ったあと
庭で燃やす準備をオヤジにさせてた
俺がぼんやり見てる中、準備も整って
オヤジがボーボー燃えてる火の中に札をブチ込んだ
そしたら・・・

629 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 01:16:50 ID:GhcDVpXW0
俺は見えたんだ
今でもはっきり目に焼きついてる

10センチ×5センチの燃えてる札の中央に
両手を挙げて悶えてる「鬼」の姿を

コトが終わってからジーサマにそのことを話してみたんだ
俺が何か見たあとに、その話をするとジーサマは喜んでたから
そしたらジーサマこう言うんだ
「お前、何で『鬼』って分かったんだ?」
頭を誰かに思い切りケリ飛ばされた気分だった

630 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 01:21:17 ID:GhcDVpXW0
そう、その時初めて気付いたんだよ
「何で『鬼』って感じたのか?」って
それまでは一分の疑問も感じなかったのに
ジーサマの一言でひっくり返っちまった

その日から、夢に「鬼」が出てくるようになったんだ
童話に出てくる赤鬼、青鬼、黒いやつなんかも出たな
でも、どんな色のやつでもみんな同じ姿してんだよ
俺があの時見た、炎に焼かれて悶えてるカッコでこう言いやがんだ
「何で、燃やす」

632 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 01:28:10 ID:GhcDVpXW0
1日2日ならどうでもいいが、毎晩毎晩出てこられるとさすがに滅入る
しかも工夫もなく同じこと言いやがって
2週間も経つとみんな心配してくるんだけど
俺自身、解決策が見つからないからどうしようもなかった
ちなみにその間、しょっちゅう見えてた霊(っぽいやつ)も
全く見なくなった

1月半ぐらいたって、ジーサマが逝っちまった
でっかい病院の1室で死んだんだけど、その今際に立ち会った時、聞こえたんだ
「今回はこれで許してやる」って
直感で、あの鬼が言ったんだなって思った
それっきり鬼はおろか、それまで見えてたモノも一切見なくなった

635 本当にあった怖い名無し 長文ゴメスw  New! 2007/06/21(木) 01:36:14 ID:GhcDVpXW0
で、それからは霊のことも忘れて生きてたんだけど
先週、ジーサマが死ぬ前によく話してた霊能者と話す機会があった
その人と会うのはジーサマが死ぬ前だからほんとに久しぶりだった

歳の離れた人だったから喋るネタもなかったんだけど
ちょうど近くで火事があったみたいですげえ煙が出てたんだ
それを見てふっと思い出してあの当時見た鬼の話をしてみた
そしたらその霊能者のオッサン、目ん玉飛び出そうな顔して
「その話教えてくれ。ただしここではするな。車に乗れ」
とかぬかしやがった
で、車で1時間近く走って着いたのが、寺、だった

638 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 01:44:42 ID:GhcDVpXW0
そこで初めて聞いたんだけどそのオッサン、
今は霊能者として活躍(w)してるけど、若い時にその寺に修行してたらしい
お祓いなんかもよくしてるらしいけど俺はよく聞いてなかった
なんつーか、その寺にいるだけで異常に吐き気がするんだよ
ぶっちゃけすぐに回れ右して帰りたかったけど、
オッサン、有無を言わさずに中に入らせるんだよ

で、入ったのは講堂(?)の奥にあるすげえ狭い部屋だった
立って5人ぐらいしか入れないような部屋の壁に
「東清(? 達筆でよく読めなかった)」
みたいな「方角+清(みたいな字)」が書かれたでかい札が貼ってあった
その部屋に入ると吐き気はきれいになくなったよ
でもやっぱり空気は異常だった

639 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 01:52:03 ID:GhcDVpXW0
オッサンが北、俺が南の方角(札の)に座って
俺はあの時の話をオッサンの質問に答えながら話した
で、話し終わった後、オッサンが
「鬼は本来、全ての悪い生き物の上位にいるやつだ。
だからそんな上等なやつはちゃんと修行を受けたやつか、
普通の人間とはほぼ全くチャンネルの違う人間にしか見えない。
しかも鬼がとりつくのは大抵が人間じゃない。
知能が低くて、野性の高い動物がよくとりつかれる。
そしてあの札も、上等っちゃあ上等だが、せいぜいが
紙で制御できるモノしか吸収できない。
つまり、鬼が出てくるなんて、絶対に、あってはならないことなんだ」
って言った。
が、見えたり、つかれたもんはしょーがなくね?

640 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 01:55:30 ID:GhcDVpXW0
そっからなんか有難いっぽい話を延々とされたが、
結局、オッサンの結論は
「お前は、おかしい。異常だ」ってことだった

俺は、あれ以来鬼どころか霊も見てないし、
鬼のことなんか思い出すこともなかった
誰かに話したのもあれ以来だって言ったら
オッサンの顔が蒼白になった
俺がびびるくらいに

645 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 02:08:30 ID:GhcDVpXW0

で、顔面真っ白になったオッサンがこう言った
「2ヶ月も鬼につかれたのに、6年もの間、
一度も思い出さなかったことを不思議に思わないのか?
そして6年も忘れていたものを今になって急に思い出したことに
疑問を感じないのか?」

言われて初めて気付いた
何で俺はあんな死にたくなることを綺麗さっぱり忘れていたのか
何で忘れたままでいたものをいきなり思い出したのか
原因は1つしかない

あの火事だ

646 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 02:12:07 ID:GhcDVpXW0
最初に行ったオッサンの家の周りに、
何軒かオッサンがお祓いした家がある
他の人は知らないけど、オッサンは大抵が札を使った祓いをする
オッサンが祓った家の中に、あの当時に使った札があったら・・・

そしてその家が偶然にも火事に遭ったのなら・・・

そこで全てが繋がった

647 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 02:18:14 ID:GhcDVpXW0
オッサン曰く、俺は普通の人とは完全にチャンネルが違うらしい
言い換えれば、きちんとした修行を受けた霊能者と同等だ
霊感の強いやつは何もしなくてもナニカが寄ってくるらしい

つまり、偶々燃やされたあの「鬼」が俺につくことが
完全に「無い」わけじゃない

「鬼が見えた人間は、鬼とのチャンネルが近くなる。
要するに、自分が鬼を見なくとも、鬼が自分とのチャンネルが近いやつに吸い寄せられる」

この言葉を聞いて、意識がなくなった

650 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 02:26:02 ID:GhcDVpXW0
起きたら、オッサンの家のベッドにいた
すげえいいマット使ってやがった

「こんな事、霊能者として言いたくはないが、
お前に鬼がつくことはほぼ確実だろう。
俺は鬼をみたことがないからな。
つくとなれば、お前に間違いない」
もう一度倒れそうだったけど、オッサンがお守りを渡してきた

「この封(お守りのことらしい)は俺が持ってる中で最高のものだ。
日中は肌身離さず、寝てる間は北東の壁に掛けろ。
もしかしたら鬼も帰ってくれるかも知れない」
とか言って俺にくれた
それだけが救いだった

何かあればすぐに連絡することを言って、家に帰った

653 本当にあった怖い名無し ラスト New! 2007/06/21(木) 02:30:02 ID:GhcDVpXW0
あれ以来、オッサンの言われたとおりにしてるんだけど、
昨日あたりから変なものが見えるようになった
ジジイが死んでから全く見なかったのに
何かまた鬼が来そうな気もするぜ

以上、オチなし&長文すまん
120%実話だ

鬼とのチャンネルの情報やノンジャンルのノンジャンルのまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    このジーサマは封印役。
    つまり、ジーサマはガンでびびっていたのではなく、死ぬことで鬼の標的が他に移ることを恐れたってこと。
    ジーサマは死ぬ前に、目先の鬼を地獄に堕としておこうとしたのに、標的マークだけ残されてしまったということ。
    死んだジーサマがチャンネルを塞いでくれていたのに、火事でフラッシュ・バックした。
    しかし運良く、生きた救済者が居る時点での覚醒となったのは、死んだジーサマでの最後の巡り合わせへの御尽力では?
    効き目が切れたのは、ジーサマらの役目を担う年頃になったってことかも?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

海亀のスープ

17世紀半ば、長い療養生活を経て病院を退院した船乗りがいた。 病院の不味い食事ばかり食べていた彼は

記事を読む

コーヒー症候群

私が厨房の時、受験で夜中まで勉強してると眠くなるので、いつもコーヒーに砂糖を5杯入れて飲んでいた。

記事を読む

リアル

この怖い話を携帯で見るそこまで面白いことでもないし、長くしないように気をつけるが多少は目をつぶって欲

記事を読む

移動する死体

夏にはちょっと早い怪奇現象 子供が生まれたけど死産だったらしく、まったく動かず 話しかけ

記事を読む

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。 いつもと同じ時間に、いつもの道をいつも

記事を読む

妹の笑う声

私が家に帰ると、庭のほうから妹の笑う声が聞こえた。 庭では今年6歳になる柴犬を飼っているので、妹

記事を読む

この前の探偵ナイトスクープがめっちゃ怖かった件

http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-19226.h

記事を読む

四指死天昇

俺が高校生だった頃の話。 当時、俺は柔道部に所属していた。段位は弐段。 150kgのバー

記事を読む

被害者と加害者

数年・・・いや、もう10年ぐらい前の話 俺の通ってた中学は相当のDQN学校で、 何回もテ

記事を読む

管理人からのお知らせ【東北地方太平洋沖地震で思うこと】

ごめんなさい、お知らせというほどでもないのですが、 私のまとまりのない文章を公開させてください。

記事を読む

監視カメラ 障害報告

1.タイトル  ○○様 倉庫内 監視カメラ正副故障 2.障害発

電車のつり革

仕事帰りのある日、いつものように終電に乗って家に帰ることにしました。

濡れたチケット

以前、某コンサートホールでバイトをしていました。 そのときの経験

お姉さん

オレの叔母さんから聞いた話。 叔母さんが一人暮らしをしている息子

家電量販店B

 家電量販店Bはお客さんとしてお店に行くには問題ありません。  しか

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑