失明する文章などノンジャンル や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

失明する文章

公開日: : ノンジャンル |84 view

437 3回読み3回思うと失明。 2005/05/15(日) 23:35:00 ID:jNJSUjudO
飛び行く鳥よどこへやら木に住む鳥よどこからか疑より強しは両目の痛み
強い日差しは彼方の巧みか隣の猫は鳴き止まず石転がせれば窪みに堕ちる
河原に果て行く人々消えて気づけば辺りは暗黒の果て
河原に果て行く人々消えて強い日差しは彼方の巧みか
3回唱えど彼方の巧みは現れず暗い果てまで宛てなく進む
病み止む宛ては彼方の巧みか疑より強しは両目の痛み

失明する文章の情報やノンジャンルのノンジャンルのまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. より:

    誰か解説たのむ

  2. 匿名 より:

    この詩のキーワードは、飛び行く鳥、木に住む鳥、両目の痛み、強い日差し、隣の猫、石、河原、暗黒の果て、病み。
    暗示の一瞬だが失明はしない。
    不安な人は以下を唱えればおk
    「八重垣の三重の御山に八雲たちて
    シナドの風のふきたちたるごとくに」

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

ボタン

ある日、私のもとに黒服を着た男がやってきた。きっちりとしたスーツに白いネクタイがよく似合う顔つきだ

記事を読む

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。 いつもと同じ時間に、いつもの道をいつも

記事を読む

おまえの隙間

ぼくたちあわせて一人しかいなかった ねぇなんでこっち見てるの? なんであの時連れてってくれな

記事を読む

都内のマンションで実際にあった話

もう7年以上経ってるしカキコしてもいいかな? 関係者の方、もし見ていたらごめんなさい。 都内

記事を読む

ゲシュタルト崩壊

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい 鏡に映った自分を見ながら 『 お前は誰だ

記事を読む

ガリガリに痩せた子供みたいな奴

俺はちょっと変な趣味があった。その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自

記事を読む

治験TGN1412

治験って知ってますか? 製薬会社が新しい薬をつくり、そのテストで健康な人間に投与してみる事です。

記事を読む

サンタさんが来ない

ある昼下がり。 小鳥のさえずる森の中を、一人の少女が走っていた。 「おかあさん!どこにい

記事を読む

四指死天昇

俺が高校生だった頃の話。 当時、俺は柔道部に所属していた。段位は弐段。 150kgのバー

記事を読む

曲がって!!

ついこの間、妻と2人で来るまで仙台に旅行に行った帰りのことです。 時間は午前0時過ぎだったと思

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑