サンタさんが来ないなどノンジャンル や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

サンタさんが来ない

公開日: : ノンジャンル |59 view

ある昼下がり。
小鳥のさえずる森の中を、一人の少女が走っていた。

「おかあさん!どこにいるの?」

叫ぶ少女。だが答えは無い。
そのうち少女は、とある家の前に辿り着いた。

「ここね!ここにいるのね!」

そう言って少女は扉を開けた。
だがそこにあったのは、たった一つの日記帳。
何も無い家の中心にポツリと置かれている。
少女はそっと手に取り、読み始めた。

5月16日
明日は楽しい楽しいクリスマス。
プレゼントがいっぱい。とっても楽しみ。

5月17日
サンタさんがこない。
サンタさんがこない。
サンタさんがこない。

5月18日
昨日はとっても楽しかった。
サンタさんにいっぱいプレゼントもらっちゃった。
でもおかしいなぁ。そのプレゼントどこに置いたんだろう?

9月33日
時計の針がね、ゆっくりゆっくり私に近づいてくるの。

12月65日
今日ね、お外に出てみたの。
そしたら人がいっぱいいたんだよ。
いっぱいいっぱいいたんだよ。
でもみんな変な色だった。なんでかな?

少女は突然、日記帳を閉じた。少女は気付いてしまったのだ。
そう。少女は、気付いてしまったのだ・・・。

サンタさんが来ないの情報やノンジャンルのノンジャンルのまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. もえぎ より:

    どういう意味?

  2. 匿名 より:

    意味不明

  3. 匿名 より:

    これはナポリタンじゃないの?

  4. ナポリタン より:

    ナポリタンのコピペはっておきますね

    ある日、私は森に迷ってしまった。
    夜になりお腹も減ってきた。
    そんな中、一軒のお店を見つけた。
    「ここはとあるレストラン」
    変な名前の店だ。
    私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
    数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
    ……なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
    私は苦情を言った。
    店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
    数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
    私は店をでる。
    しばらくして、私は気づいてしまった……
    ここはとあるレストラン……
    人気メニューは……ナポリタン……

  5. ナポリタン より:

    この話のヒント、これらしいですねえ。。。
    よんでもわからない・・・

    以下コピペします
     1)少女はなぜ、母親を訪ねに森の中に来たのでしょうか?
      この場合、少女と母親は別居状態です。 そして母親の
      家を少女は知りません。 更に2人の間に距離がある。

    2)家の中は日記帳以外、何もありません。 なぜ、家の中
      は”空っぽ”なのか? (赤ずきんちゃんも、ヒント)

    3)『サンタさん』はサンタクロースです。 12月25日
      に赤い服を来てプレゼントを持ってきます。 母親はこ
      の日が楽しみで、そして日記を付けたんです。 しかし
      日付は”5月16日”←なぜ? いきなり違ったのか?

    4)5月16日→17日→18日、と連続で書いていた日付
      が、ある日突然『9月33日』『12月65日』とオカ
      シナ日付になっている。 なぜなのか…? (-_-)

    5)日付が可笑しくなった『9月33日』、母親は「時計の
      針がね、ゆっくりゆっくり私に近づいてくるの。」と、
      オカシナ事を書き始めた…。 それもこの後も・・・。

    6)『12月65日』の日付で、母親は”久しぶり”に外に
      でました。 そしたら人がいっぱいいたんです。 その
      人たちは、”変な色”になっていた。 それは母親自身
      分かっていない。 「なんでかな?」 なんでですか?

  6. 匿名 より:

    これは妊娠から中絶までを表してると言ってた

  7. 林檎 より:

    なにに気付いたんだろう??

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

姉からのメール

四国にいる姉からメールで送られてきた話。 三十年ほど前に、四国にある離島へと電気を送る 海底

記事を読む

妹の笑う声

私が家に帰ると、庭のほうから妹の笑う声が聞こえた。 庭では今年6歳になる柴犬を飼っているので、妹

記事を読む

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。 いつもと同じ時間に、いつもの道をいつも

記事を読む

管理人からのお知らせ【東北地方太平洋沖地震で思うこと】

ごめんなさい、お知らせというほどでもないのですが、 私のまとまりのない文章を公開させてください。

記事を読む

この前の探偵ナイトスクープがめっちゃ怖かった件

http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-19226.h

記事を読む

海亀のスープ

17世紀半ば、長い療養生活を経て病院を退院した船乗りがいた。 病院の不味い食事ばかり食べていた彼は

記事を読む

ゲシュタルト崩壊

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい 鏡に映った自分を見ながら 『 お前は誰だ

記事を読む

虚ろな目の女

この話は、私の父が生前体験したことを、なるべく当時の様子を変えず、またその時の父の口調、内容を崩さぬ

記事を読む

水中痴漢

怖くないかもしれんが俺的には洒落にならん話。明日が同窓会なんで急に思いだした 消防の時、Yという

記事を読む

ライバル

今になって思い返してみれば、中学時代にはいつもアイツと競い合っていた気がする。 その友人D

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑