ライバルなどノンジャンル や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

ライバル

公開日: : ノンジャンル |22 view

今になって思い返してみれば、中学時代にはいつもアイツと競い合っていた気がする。

その友人Dは、勉強も運動も私とよく釣り合い、よく競争していた。
「へっへー、お前もなかなか頑張ったが、俺の勝ちだな」
「さすがだな…でも次は絶対に負けないからな」

そんなことを言い合っては、よく笑っていた思い出がある。
勝っても負けてもお互い笑い合えるような、良きライバル。
私にとって、Dはそんな存在だった。

その切磋琢磨こそが、私の勉学へのやる気の大部分を支えたといっても過言ではないだろう。
そんな中学の頃の思い出は根強く私の心の奥に焼き付いている。

最近になって、ふとその思い出がよみがえったのは、ある夢を見たときだった。
夢の中でDと二人、まだ中学の頃のままの姿で立っていた。

地平線が果てしなく遠く見える、広―い大地。
「向こうのほうまで、競争しようぜ」
Dがそんなことを言ってきた。

私も、当時の記憶が懐かしくなってきて、
「面白い、やってやろうじゃないか」
そう言って、勝負に乗る。

よーいドン、の合図で二人同時に駆け出す。
「くっ……」
何だか、足がうまく動かなくてなかなか進めない。

それに比べ、Dは軽やかな足取りでどんどん進んで私を引き離していく。
ハア、ハア、ハア…
足が鉛のように重く、息切れしてきて、私はその場に立ち止まってしまった。

その間にもDは瞬く間に向こうに駆けて行き、やがて見えなくなってしまう…

そこで目が覚めた。
なんだか、モヤモヤしたような切ないような気持ちだった。

(そういえば、Dはどうしてるんだろうな)
私は地元の高校、Dは遠い高校へ上がってしまったため、それ以来は会っていなかった。

なぜか無性に気になった。

友人を何人かあたって、何とかDの連絡先を知ることが出来た。

さっそく電話してみると、驚くべき事実を知ることになった。
電話に出たのは、なぜかDの母親。
哀しそうな声だった。

今、Dは病院で生と死の間をさまよっている…
少し前からクスリに手を出してしまったDは、ついに過剰摂取により意識を失った。
救急車で病院に運ばれたが、未だに昏睡状態で目を覚まさないというのだ。

私は、病院へと急いだ。
ベッドに寝かされたDの、すっかり変わり果てた姿を見て私は言葉を失った。

(どうして…どうしてなんだよ…!)
静かに眠り続けるDの手を握ると、ほのかに温かかった。
いつの間にか、私は涙を流していた。

家に帰ってからも、私はDの回復を心から祈り続けた。
(D、生きろ!生きるんだ!)
拳をギュッと握り締めながら、心の中で何度も呟いた。

数日後、Dが意識を無事取り戻したという連絡を受けたときは、感極まり嬉し泣きした。
それから休日に急いで病院へ行くと、Dは少し気まずそうにうつむいていた。

「久しぶりだな…」
私がそう言うと、Dは途切れ途切れに呟いた。
「懐かしいな…あのさ…俺…」

私はただ黙ってDの手を握った。
「何も言わなくていいさ…生きててくれて、良かった」
周りの目も気にせず、二人でただ子供のように泣きじゃくった。

だいぶ落ち着きを取り戻したところで、私達はしばらく語り合った。

「くそったれな世の中だよな…でも俺達が力を合わせれば、そんなに悪いもんじゃない。
一緒に生きよう。中学の時みたいに…なっ」
そう言って肩をポンと叩くと、Dは少し照れて微笑んだ。

「まだまだ人生これからじゃないか。
果てしなく長くてつらい道のりだって、力を合わせて一歩一歩進んでいこう。」

私はDと堅い握手を交わした。
今は懐かしい、中学の頃のように。

そしてDは今、もう一度立ち直るために毎日を頑張っている。

「生きてるって、良いもんだな」
ある日Dは少し照れながら、そう呟いた。
私は何だか嬉しくて、何度も頷きながら微笑んだ。

ライバルの情報やノンジャンルのノンジャンルのまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    あの世へと駆けて行く際に、ドン臭くされた主人公の存在が気になってしまうほど、Dは主人公を親友として刷り込みが事前に為されていたおかげで、途中で振り返ったことで、免れたということ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

不気味なメール

私は小さいころからずっとこのマンションに住んでいます。 しかし最近お父さんの出張で引っ越すことにな

記事を読む

窓から煙突が見える話

576 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/16 07:13 数

記事を読む

妹の笑う声

私が家に帰ると、庭のほうから妹の笑う声が聞こえた。 庭では今年6歳になる柴犬を飼っているので、妹

記事を読む

新幹線「のぞみ」

平成5年の8月だったかな? 東京から京都まで、出張帰りに、新幹線「のぞみ」号を利用した者です。

記事を読む

クリスマス

クリスマスの日に、ある子供に3つのプレゼントが届きました。 1つ目の箱を開けると中に「靴下」が入っ

記事を読む

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。 いつもと同じ時間に、いつもの道をいつも

記事を読む

リアル

この怖い話を携帯で見るそこまで面白いことでもないし、長くしないように気をつけるが多少は目をつぶって欲

記事を読む

ゲシュタルト崩壊

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい 鏡に映った自分を見ながら 『 お前は誰だ

記事を読む

都内のマンションで実際にあった話

もう7年以上経ってるしカキコしてもいいかな? 関係者の方、もし見ていたらごめんなさい。 都内

記事を読む

妻の病気を治癒するため

【中国】墓地から死体30体を盗んでスープを作る 中国は四川省にて妻の病気を治癒する為に墓場から

記事を読む

お面の神様

俺が小学生の頃の話。 昔っから絵を描くのが好きだったんだ。コンクール

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

狙われる路上の宗教勧誘

路上の宗教勧誘ってどう思いますか? ウザいですよね。メンドイですよね

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑