ボタンなどノンジャンル や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

ボタン

公開日: : ノンジャンル |31 view

ある日、私のもとに黒服を着た男がやってきた。きっちりとしたスーツに白いネクタイがよく似合う顔つきだ

男「あなたはほんとに運がいい」

私「あの・・・どういうことですか?」

男「あなたは90億分の1に選ばれました。90億とは我々が把握している人間の数です。あなたは本当に運がいい」

私は意味がよくわからず、詳しく聞きかえそうと思ったがやめておいた。
『この人は本気だ』私は直感でそう感じ、同時に冷や汗をかいた。
男には人間であって人間でないような不自然な冷たさがあり、この男の言うことは全て本当だと思えるなにかがあった。

男「では、ここにボタンがあります。このボタンを押すことにより、あなたは日本円で約1億円の現金を手に入れることになります」

私「でも、」

男「はい、そうです。当然ボタンを押すことによってことがおこります」

私はボタンを押すと決めた訳でもないのに、自分に危機迫っているのを感じ、恐怖し同時に身体から汗が吹き出た
しかし男は意外なことを口にする

男「あなたには今回、このボタンによって危害が加わることはありません」

私「ではなにがおこるんです?」
間髪を入れずに返す

男「あなたのまったく知らないどこかの誰かが死にます」

私「そんなことっ・」

男「猶予は一日。ゆっくり考えて下さい。では」

男は帰っていった。不思議と追いかける気にもならなかった。
一日の間、押すか押さないか考えたのは初めのうちだけで、押すと決めた訳ではないが残りの時間はお金を何に使うか考えていた。自分が不甲斐ない。

そうこうしてるうちに昨日とまったく同じ時間に男はやってきた

男「決められましたか?」

私「はい。」

カチッ

私は前にボタンを差し出し押して見せた

男「ありがとうございます。ではこちらが現金になります。」

目の前にはお金の束が積み上げられた。思ったより少なく見え、こんなお金のために人を殺したのかと思うとお金への興奮よりも罪悪感の方が滲みでた

男「では私はこれで」

私「あの」
私は最後に何気なく質問をしてみた

私「これからどちらへ?」

すると男は初めて私に笑みをみせ
静かにこう言った
男「次のあなたのまったく知らないどこかの誰かのところですよ」

私は絶望した

ボタンの情報やノンジャンルのノンジャンルのまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    これ、映画の話まんまじゃん。
    運命のスイッチ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

水中痴漢

怖くないかもしれんが俺的には洒落にならん話。明日が同窓会なんで急に思いだした 消防の時、Yという

記事を読む

この前の探偵ナイトスクープがめっちゃ怖かった件

http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-19226.h

記事を読む

入れ替わった

小3のとき、母親と先生が入れ替わった。 本当に理解できないんだが、 いままで幼稚園の送り迎え

記事を読む

鬼とのチャンネル

624 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 01:03:23 ID

記事を読む

井戸に落ちる女の子

うちの会社は結構ブラックで、絆を深めるためなのか精神修行なのか知らないけど毎年、新入社員に山登りとか

記事を読む

管理人の記録

管理人です。 閲覧者の皆様いつもご覧になっていただきありがとうございます。 お盆前の出来事で

記事を読む

祖母と兵隊さん

昔、祖母から聞いた話です。 昭和20年春先の事。 祖母は戦時中強制的に工場で働かされていた上

記事を読む

家族でお祭りに行きました。

家族でお祭りに行きました。 21時も過ぎ、出店も片付け始めたので、帰ろうとしました。 ところ

記事を読む

ポルポト派の狂気[1]

●カンボジアのポル・ポト政権、戦慄の歴史 20 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 20

記事を読む

失明する文章

437 3回読み3回思うと失明。 2005/05/15(日) 23:35:00 ID:jNJSUju

記事を読む

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

お面の神様

俺が小学生の頃の話。 昔っから絵を描くのが好きだったんだ。コンクール

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑