都内のマンションで実際にあった話などノンジャンル や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

都内のマンションで実際にあった話

公開日: : ノンジャンル |47 view

もう7年以上経ってるしカキコしてもいいかな?
関係者の方、もし見ていたらごめんなさい。
都内のマンションで実際にあった話です。長いです。

そのマンションには家族4人で3年程住んでいました。
ある日、家の傍の古くからあると言うお寿司屋さんに行った所、
私たちの他にお客さんはいなかったので、一人しかいない職人さんに
その土地の昔話などをしてもらって興味深く聞き入ったりしていました。

彼はその土地と店舗のオーナーで、地元の人でした。
そして店のすぐ横を流れる川に架けられた橋について教えてくれました。
それは○○橋と言ってその先に昔、死刑場があって、
死刑囚が死刑執行前に川に映る自分の顔を覗いた事からその名前がついたらしいです。
その時は、それ程怖い話とは思わなかったのですが、
その話を聞いてから家族が立て続けに同じ女性の霊らしきものを見ました。
全く霊感の無い筈の夫が白い着物の女がベッドの足元に立っているのを見たと言い、
4歳の子供は、おかっぱののっぺらぼうが、寝ている時に自分の顔を覗きこんだといい、
私自身にもおかっぱで顔の無い女が寝ている自分に、顔を間近に近づけてきたりしました。
全員、その女を見たときは金縛り状態で、女を見たのはお彼岸の前の別々の日でした。
娘と私の話で共通した女の特徴はおかっぱで顔が無く、両腕も無かった事です。
ですから、肩がこけしの様にストンと落ちたような状態でした。

マンションの下にあるまた別の飲食店で、いつもお世話になっているその店のオーナーに
その話をしてみると、そのマンションの会議室で似たような女性の目撃情報があったとの事。
ある日、会議室で住民同士のミーティングがあり、20人程が部屋に集まる時に
何となく視界の端っこにおかっぱの女性を確認していたけれど、いざ全員集まると
彼女の姿は無かった。その場にいた数人がその女を見た、飲食店オーナー本人も見たと言うのです。
その話をした事が原因とは言えませんが、数ヵ月後にそこの飲食店のチーフが、
一人暮らしの自分の家で心臓発作の為、部屋で床に倒れて亡くなっていました。
それを見つけた同じ飲食店の従業員は数ヵ月後にバイク事故に遭い、でも軽症でした。
もう一人の従業員はある朝突然顔面半分が麻痺して、口が利けない状態になりました。

もう一部屋多いマンションに引っ越そうと言う事で、近所の方にあいさつすると、
私たちは分譲マンションを持ち主から借りていたのですが、
持ち主が引っ越す前にそこのお風呂場で老婆が水死したことをその時初めて聞きました。
隣の区に引っ越したのですが、1年後、そのマンションに住んでいる知り合いの奥さんに
マンションの管理会社の従業員が最上階で首を吊って自殺をした事を聞きました。
そしてまた翌年、私達が住んでいた階の1つ上の階で家事がありました。
今はもう、以前住んでいた地区の方々とは疎遠になってしまったので
その後の話を聞く事はもう無くなりましたが、その辺一帯は昔、地上げが凄くて、
泣く泣く立ち退いた人も多かったようです。
関係者の方々、書き込みをしてしまった事を何卒ご容赦ください。
そして亡くなった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

都内のマンションで実際にあった話の情報やノンジャンルのノンジャンルのまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 塩うさぎ より:

    ×家事
    ○火事

  2. 特命 より:

    文章力が悪いのか
    読解力が悪いのか

    全く頭に入らなかった

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

【従姉妹シリーズ】現実に追いついた

語り部というのは得難い才能だと思う。彼らが話し始めると、それまで見てきた世界が別のものになる。例えば

記事を読む

鬼とのチャンネル

624 本当にあった怖い名無し New! 2007/06/21(木) 01:03:23 ID

記事を読む

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。 いつもと同じ時間に、いつもの道をいつも

記事を読む

ポルポト派の狂気[1]

●カンボジアのポル・ポト政権、戦慄の歴史 20 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 20

記事を読む

虚ろな目の女

この話は、私の父が生前体験したことを、なるべく当時の様子を変えず、またその時の父の口調、内容を崩さぬ

記事を読む

窓から煙突が見える話

576 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/16 07:13 数

記事を読む

管理人の記録

管理人です。 閲覧者の皆様いつもご覧になっていただきありがとうございます。 私は毎日夜中にサ

記事を読む

治験TGN1412

治験って知ってますか? 製薬会社が新しい薬をつくり、そのテストで健康な人間に投与してみる事です。

記事を読む

おまえの隙間

ぼくたちあわせて一人しかいなかった ねぇなんでこっち見てるの? なんであの時連れてってくれな

記事を読む

入れ替わった

小3のとき、母親と先生が入れ替わった。 本当に理解できないんだが、 いままで幼稚園の送り迎え

記事を読む

監視カメラ 障害報告

1.タイトル  ○○様 倉庫内 監視カメラ正副故障 2.障害発

電車のつり革

仕事帰りのある日、いつものように終電に乗って家に帰ることにしました。

濡れたチケット

以前、某コンサートホールでバイトをしていました。 そのときの経験

お姉さん

オレの叔母さんから聞いた話。 叔母さんが一人暮らしをしている息子

家電量販店B

 家電量販店Bはお客さんとしてお店に行くには問題ありません。  しか

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑