不気味なメールなどノンジャンル や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

不気味なメール

公開日: : ノンジャンル |55 view

私は小さいころからずっとこのマンションに住んでいます。
しかし最近お父さんの出張で引っ越すことになりました。
荷物運びを手伝って階段を下りていると、一枚の写真が足元に落ちました。
小さいころに私とCちゃんが写ってる写真・・
「あのころはまだ仲がよかったんだよな・・」

当時、私には好きな男の子がいて、一番仲良しだったCちゃんによく相談に乗ってもらっていました。
Cちゃんの協力もあって、付き合えるようになった時はとても嬉しかったです。
ですが、その頃からおかしな事が起きるようになりました。

その男の子と電話で話した日には、直後に知らないアドレスから会話がそのままメールで送られてくるのです。
それも、私がしゃべったセリフのみが全てカタカナでずらっと書かれていてすごく不気味でした。
メールは次第にエスカレートしていき、シネとかのキツい言葉が混じるようになりました。
とうとう我慢できなくなり、Cちゃんに相談したところ、もしかして部屋に盗聴器があるんじゃないかと言われて、
怖かったので一緒に探してもらいました。
結局それらしいものは見つかりませんでしたが。
Cちゃんが帰ったあと、部屋で見慣れない携帯を見つけました。
普段Cちゃんが使っているのとは違ったので不思議に思いましたが、
2つ携帯を持ってたのかなあと、あまり気にしませんでした。
その日の夜、Cちゃんに相談してだいぶ気持ちが楽になっていた私は、思い切ってあの知らないアドレスに返信してみることにしました。
誰なんですか、とかそういう内容だったと思います。
すると、送信完了と同時にCちゃんの物と思われる携帯のバイブが鳴りました。
まさかと思い、もう一通送るとまたバイブが。
私はCちゃんに申し訳なく思いながらその携帯を開けて見てしまいました。
あの不気味なメールを送っていたのはCちゃんでした。

次の日、携帯をCちゃんに返し、その日の夜、また男の子と電話をしました。
すると嫌がらせメールが。
涙が出てきて、本当にCちゃんなの? と送った瞬間、部屋の窓のすぐ外から着メロが鳴り、そのあと走り去る足音が。
カーテンを開けて見たところ、窓には2つの手形がくっきりと。
Cちゃん、窓にくっついて話聞いてたの?
数分後、メールが来ました。

「バレたかぁ↓↓ごめんねッ(^_^;)」

不気味なメールの情報やノンジャンルのノンジャンルのまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. ジョー より:

    ブラボー!!すばらしいオチだ!
    悪意が目に見えるようだったよwww

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

変わってしまった母

これは確か漏れが小四の頃からの話(今から8年ほど前)  小4のある時に、両親が離婚をすること

記事を読む

虚ろな目の女

この話は、私の父が生前体験したことを、なるべく当時の様子を変えず、またその時の父の口調、内容を崩さぬ

記事を読む

管理人の記録

管理人です。 閲覧者の皆様いつもご覧になっていただきありがとうございます。 私は毎日夜中にサ

記事を読む

祖母と兵隊さん

昔、祖母から聞いた話です。 昭和20年春先の事。 祖母は戦時中強制的に工場で働かされていた上

記事を読む

リアル

この怖い話を携帯で見るそこまで面白いことでもないし、長くしないように気をつけるが多少は目をつぶって欲

記事を読む

入れ替わった

小3のとき、母親と先生が入れ替わった。 本当に理解できないんだが、 いままで幼稚園の送り迎え

記事を読む

ゲシュタルト崩壊

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい 鏡に映った自分を見ながら 『 お前は誰だ

記事を読む

この前の探偵ナイトスクープがめっちゃ怖かった件

http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-19226.h

記事を読む

海亀のスープ

17世紀半ば、長い療養生活を経て病院を退院した船乗りがいた。 病院の不味い食事ばかり食べていた彼は

記事を読む

ポルポト派の狂気[1]

●カンボジアのポル・ポト政権、戦慄の歴史 20 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 20

記事を読む

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

お面の神様

俺が小学生の頃の話。 昔っから絵を描くのが好きだったんだ。コンクール

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑