コーヒー症候群などノンジャンル や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

コーヒー症候群

公開日: : ノンジャンル |107 view

私が厨房の時、受験で夜中まで勉強してると眠くなるので、いつもコーヒーに砂糖を5杯入れて飲んでいた。

コーヒーを飲むと左眼に強烈な痛みが走るのだが眠気を吹き飛ばすため我慢して飲んでいた。
ある日コーヒーが体に合わないのかと思いミルクティーに変えてみたが、相変わらず左眼に激しい痛みが走る。
だが、牛乳やコーラを飲んでも左眼は何とも無かった。

どこか体がおかしくなったと思い眼科で診てもらうことにした。
病院で一通り検査を受けたが左眼が鬱血してる以外、特におかしい所がない。
医者が曇った顔で私にもう少し詳しくコーヒーを飲んだ状況を説明してくれと言った。

私はコーヒーを飲む状況を事細かく、身振り手振りを交えて説明した。
私が説明し終えると医者は自信に満ちた顔で原因が分かりましたと言った。
「貴方はコーヒーを混ぜた後スプーンをそのままにして飲んでいませんか?」と言った。
私はその言葉を聞いたとき後頭部を鈍器で殴られたように、しばし放心状態になった。

そうだそうだったんだ。
私はコーヒーを飲む時砂糖をスプーンで掻き混ぜて、そのままで飲んでいた。
左眼の激痛の原因がこんな単純なことだったとは、単純過ぎて気が付かなかった。

私はこの日の感動を忘れることが出来なかった。
同じ症状で苦しむ人々を救おうと思い、猛勉強の末、医大に入り現在は眼科医をしている。
毎日100人近く、往診に来るのだが私と同じ症状の患者はまだ一人もいない。

私が感じたあの日の感動を与えてやるまで私は頑張る。

コーヒー症候群の情報やノンジャンルのノンジャンルのまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. より:

    スプーンの先が左目に突き刺さってたってこと?

  2. 匿名 より:

    往診って医者が患者の自宅に行って診察する事でしょ?なのに「往診に来る」?これ書いた人、本当に医者なのかねぇw?

  3. GEN より:

    スプーンがカップに入ったままでなぜ目が痛くなるの?
    その辺りの説明がないと話しの意味がわかりません

  4. 名無 より:

    カップにスプーン入れたまま飲むとき、下手したら持つところが目元に刺さりそうになるもんね。

  5. 名無しさん より:

    みんな突っ込んでやるなよ
    可哀相じゃないかw

    ギャグとして読めば面白いぞ

  6. 匿名 より:

    昔からあるジョークじゃないか

  7. ちょん より:

    そんなバカなのに、よく医大に入れたね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

神戸の高2殺害事件

821 :本当にあった怖い名無し:2010/10/06(水) 08:39:54 ID:Pij/NQN

記事を読む

新幹線「のぞみ」

平成5年の8月だったかな? 東京から京都まで、出張帰りに、新幹線「のぞみ」号を利用した者です。

記事を読む

会社を辞めた理由

最近、会社で俺の顔をみてクスクスと笑う同僚が増えた 俺は嫌な感じを持ちつつも気のせいと思うように

記事を読む

ボタン

ある日、私のもとに黒服を着た男がやってきた。きっちりとしたスーツに白いネクタイがよく似合う顔つきだ

記事を読む

ガリガリに痩せた子供みたいな奴

俺はちょっと変な趣味があった。その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自

記事を読む

不気味なメール

私は小さいころからずっとこのマンションに住んでいます。 しかし最近お父さんの出張で引っ越すことにな

記事を読む

ポルポト派の狂気[1]

●カンボジアのポル・ポト政権、戦慄の歴史 20 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 20

記事を読む

人間っぽいもの

仕事が終わって帰路に着いた。22時前後のこと。 途中で高速の高架下を通るんだけど、そこ、ちょっと

記事を読む

【従姉妹シリーズ】現実に追いついた

語り部というのは得難い才能だと思う。彼らが話し始めると、それまで見てきた世界が別のものになる。例えば

記事を読む

妹の笑う声

私が家に帰ると、庭のほうから妹の笑う声が聞こえた。 庭では今年6歳になる柴犬を飼っているので、妹

記事を読む

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

狙われる路上の宗教勧誘

路上の宗教勧誘ってどう思いますか? ウザいですよね。メンドイですよね

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑