四指死天昇などノンジャンル や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

四指死天昇

公開日: : ノンジャンル , |63 view

俺が高校生だった頃の話。

当時、俺は柔道部に所属していた。段位は弐段。
150kgのバーベルを持ち上げる事も出来るくらい鍛えていた。
そんな俺にはライバルであり、仲間であり、親友と呼べる奴がいた。
ある日、そいつと俺は足腰を強化する為に校庭で走行訓練を行っていた。
そして走り終わり、校庭の隅で休憩している時、背中に強い衝撃を感じた。
振り返ると、そこには巨大な楔(くさび)を持った友が居た。
友の手に握られた楔は校庭で使うロープを固定する為の物で
太さ2cm、長さ30cmで先の尖った鉄製のシロモノだ。
どうやら友は、そいつを俺の背中に突き立てたらしい。
俺は友に「何をしているんだ?」と聞いた。
友は「う~ん、痛いかなぁ、と思って」と答えた。
俺の背中に何か生暖かい物が流れる感触がする。どうやら出血したようだ。
俺が「痛くはないが、血が出たぞ」と言うと「う~ん、血が出ただけかぁ」と友は言う。
「いいから、楔を元に戻せ」そう言うと友はつまらなさそうに楔を元の場所に戻す為に振り返った。
その時だった。

俺は友の将来の為に何か御仕置きをしなくてはならない、と思った。
俺だったから良かったが、これが一般人相手だったら大事だ。
悪い事をしたのだと躾けなければならない。
その頃、俺は対人用として「必殺」と言える技の開発をしていた。
ボクシングの「カエル飛びアッパー」を知っているだろうか?
低い体勢から全身のバネを使い、下から上に一気に拳を突き上げる技だ。
あれを浣腸でやる。
しかも両手の人差し指と中指の計4本の指を使う。
ただでさえ危険な、その技を鍛え上げられた肉体を持つ
俺がやると洒落では済まない威力を発揮する。
正に「必殺技」
名を「四指死天昇」と言う。

楔を元の場所に差し込んでいる友の背後に素早く近づき
俺は「四指死天昇」を炸裂させた。
肛門とは実に脆いものだ。中指の第二関節までキレイにめりこんだ。
それと同時に肉が裂ける感触も伝わる。
友は何も言わず、その場で前のめりに崩れ落ちた。
衝撃のあまりに一瞬で落ちたのだ。そして痙攣していた。
友は救急車で病院に搬送され、緊急手術となった。
その後、俺と友は教員や親に度重なる尋問並びに説教をされる事になった訳だが
俺も友も「俺とあいつは親友だ。何も問題はない」と言い通した。

後遺症で友は便を排出する度に激痛に襲われる症状が1年間続いた。
友は自分にこれほどのダメージを与える俺を尊敬していると言う。
俺もまた、肛門の激痛に耐える友を尊敬している。

そんな昔話を職場の同僚に話すと必ずキチガイ扱いされる。

四指死天昇の情報やノンジャンルのノンジャンルのまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. てす より:

    あー、あれ、痛いんだよねぇ…

  2. ひな より:

    死ぬほどワラタwww

  3. 匿名 より:

    肛門も鍛えよう

  4. 不良 より:

    それは、キチガイだよ

  5. 四代目 Kanazaki より:

    ギャハハハ

  6. 四代目 Kanazaki より:

    オレ友達にドラゴンスクリューしたっけ友達の足折れた

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

家族でお祭りに行きました。

家族でお祭りに行きました。 21時も過ぎ、出店も片付け始めたので、帰ろうとしました。 ところ

記事を読む

会社を辞めた理由

最近、会社で俺の顔をみてクスクスと笑う同僚が増えた 俺は嫌な感じを持ちつつも気のせいと思うように

記事を読む

管理人の記録 ~2011年お盆前~

もうすぐ今年もお盆がやってきますね。 私も連休がとれたので休暇をとって実家に帰ろうと思っています。

記事を読む

クリスマス

クリスマスの日に、ある子供に3つのプレゼントが届きました。 1つ目の箱を開けると中に「靴下」が入っ

記事を読む

移動する死体

夏にはちょっと早い怪奇現象 子供が生まれたけど死産だったらしく、まったく動かず 話しかけ

記事を読む

虚ろな目の女

この話は、私の父が生前体験したことを、なるべく当時の様子を変えず、またその時の父の口調、内容を崩さぬ

記事を読む

井戸に落ちる女の子

うちの会社は結構ブラックで、絆を深めるためなのか精神修行なのか知らないけど毎年、新入社員に山登りとか

記事を読む

海亀のスープ

17世紀半ば、長い療養生活を経て病院を退院した船乗りがいた。 病院の不味い食事ばかり食べていた彼は

記事を読む

都内のマンションで実際にあった話

もう7年以上経ってるしカキコしてもいいかな? 関係者の方、もし見ていたらごめんなさい。 都内

記事を読む

凶器

近ごろの警察はなにやってるんだろうね。 血税でで食わせてもらってるくせに、ろくな働きしねぇんだから

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑