小悪魔キャラなどノンジャンル や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

小悪魔キャラ

公開日: : 最終更新日:2011/02/18 ノンジャンル , |53 view

554 1/3 sage 2006/07/11(火) 17:31:10 ID:+njKB7IT0
心霊話じゃないけど投下

何年か前、自分のバイト先にいたAちゃんは、おっぱいでかくてかわいくて
好きな色はピンクであまえんぼ、って感じの小悪魔系モテキャラだった。

バイト先でもモテモテで、とっかえひっかえ付き合ってたAちゃんが
「初めてマジになった」という男が、同じバイト先のBくん。
Bくんはかっこよくて性格もよく、美男美女カップル誕生だねーという感じで、
バイト仲間女子からは好評だった。

それから自分はバイトを辞めて、しばらくバイト仲間とは疎遠になって
いたのだが、半年ぶりにバイト仲間の女子と遊ぶことになって、Aちゃんとも
久しぶりに会った。AちゃんとBくんはまだ付き合ってるらしい。

「そうなんだー、Aちゃんいつも長続きしなかったのにすごいじゃんw」とか
茶化していたのだが、

A「そうなのぉ、ほんと大好き☆別れ話されたら殺しちゃうかもぉ」

などとニコニコして言う。まあ周りは冗談かと思うから流す。
ところが、Aちゃんの愛情は冗談なんかじゃなかった。

555 2/3 sage 2006/07/11(火) 17:32:14 ID:+njKB7IT0
A「ケンカもするんだょ~。こないだも別れ話されたしー」
外野「え!何で?」
A「Aがワガママゆうからだって…でね、この間お泊りに行くとき、
うちのお台所から包丁持っていったの!」
外野「 ( ゚д゚)ポカーン」
A「もうぶっ殺してやる!と思ってー。でも会ったらやっぱ大好きだったから
殺さなかった☆」
外野「 ( ゚д゚)ポカーン」
A「あ、でも一回ハサミで腕突き刺しちゃったことはあるんだよね…だって
携帯つながらないんだもん!ありえない!」

A「おとといはケンカして、もう出てけ!って締め出されたのー。それで、
入れてよーってドアをドンドン叩いたんだけど出てこないから、廊下にあった
消火器ドアに投げつけちゃった☆」
外野「 ( ゚д゚)ポカーン」
A「そんでも出てこないから、ポストの窓から消火器噴射しちゃった☆」

…そんな感じで武勇伝が続き、外野は一様に「この子もしかしてヤバイのでは…」
という雰囲気になった。まあほどほどにね!とか適当なことを言って解散。

556 3/3 sage 2006/07/11(火) 17:32:58 ID:+njKB7IT0
それから1ヶ月ほどたって、またバイト仲間で集まる機会があった。
自分と友人は、飲み会場に行く途中にBくんによく似た人を見かけた
んだけど、そんなに親しくなかったので話しかけなかった。

会場に到着すると、浮かない顔のAちゃん。
自分「あれ、さっきBくんがそこで見かけた気がしたけど、一緒じゃないの?」
と何気なく言った瞬間

A「どこで!?いつ!?どんな服着てたの!?」

とものすごい剣幕で詰め寄られた。もしかしたら似てるだけかもしれない、と
伝えると、「そっか…」としょんぼりする。事情を聴いて見た。

A「昨日の話なんだけどね…電話してもつながらないの。それで、心配になって
Bのうちに行ってみたの。着いてみたら、ドアの鍵が開いてるの。あれ?と
思って中に入ってみたら、

な ん に も な く な っ て た の …Bも、いないの…  」

外野「…ああー…。そうなんだ…(夜逃げしたな…)」

Aちゃんは必死にバイト仲間にBの行方を聞いていたんだけど、みんな知らない、と
言う。今思うとかくまってたんだと思う…。

まあこの後もAちゃんが探偵雇ってBくんが見つかったり、親が出てきてBくんに
Aを捨てるな!と説得したり、大変だったらしい。

…夜逃げの前日まで、バレないように普通に振舞ってたBくんはほんと男前だと思った。
今では幸せに暮らしてるみたいですけど、女性不信になったらしい。

小悪魔キャラの情報やノンジャンルのノンジャンルのまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. (*´д`*) より:

    ヤンデレ?いいなぁ…

    Aちゃん一台欲しい〜

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。 いつもと同じ時間に、いつもの道をいつも

記事を読む

コーヒー症候群

私が厨房の時、受験で夜中まで勉強してると眠くなるので、いつもコーヒーに砂糖を5杯入れて飲んでいた。

記事を読む

サンタさんが来ない

ある昼下がり。 小鳥のさえずる森の中を、一人の少女が走っていた。 「おかあさん!どこにい

記事を読む

管理人からのお知らせ【東北地方太平洋沖地震で思うこと】

ごめんなさい、お知らせというほどでもないのですが、 私のまとまりのない文章を公開させてください。

記事を読む

姉からのメール

四国にいる姉からメールで送られてきた話。 三十年ほど前に、四国にある離島へと電気を送る 海底

記事を読む

治験TGN1412

治験って知ってますか? 製薬会社が新しい薬をつくり、そのテストで健康な人間に投与してみる事です。

記事を読む

おまえの隙間

ぼくたちあわせて一人しかいなかった ねぇなんでこっち見てるの? なんであの時連れてってくれな

記事を読む

かごめかごめ

かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀が滑った

記事を読む

窓から煙突が見える話

576 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/16 07:13 数

記事を読む

古き神降臨

お前らオカルト好きなら知ってるヤツも多いと思うがクトゥルフ神話ってあるよな。 H.P.ラブクラフ

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑