管理人からのお知らせ【東北地方太平洋沖地震で思うこと】などノンジャンル や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

管理人からのお知らせ【東北地方太平洋沖地震で思うこと】

公開日: : ノンジャンル |41 view

ごめんなさい、お知らせというほどでもないのですが、
私のまとまりのない文章を公開させてください。

地震発生の日から、原発と地震のニュースで緊張状態が続きます。
ニュースが気になるので、深夜まで起きていて、朝は早くに目が覚めてしまいます。
でも私が心配したからと言って世界は変わりません。
できることは、募金(貧乏人なのでわずかばかりの)と献血、あとはしっかりと仕事をすること、しっかりごはんを食べて良く寝ること!
明日からは心掛けたいと思います。

私は今も昔も神戸の中心地に住んでいます。

小学校6年生の卒業間近に阪神大震災を経験しただけに今回ばかりは少しナイーブになってしまいますが、
今日祖母と久しぶりに話をしました。

祖母は、
「被災地の人が泣いたり落ち込んだりしてる時間なんてほんの少しや、あとは生きるためにがんばってはる」
と言いました。

私は1度だけの経験ですが、
祖母は戦中の生まれで、焼け野原(一部ですが)になった神戸の街を2回みたと言っています。

そういえば震災の時の避難先では皆必死ではあるものの、
皆口々に「こうなってしもたもんはしゃーないわ!」「頑張るしかないな!」と、
冗談も言えば、お互い笑いあって助け合っていたことを思い出しました。

祖母も今の私よりずーっと若い年齢の時、
空襲の後の街で泣いても仕方ないから兄妹で笑って過ごしていたそうです。

神戸の時は隣接する都市は機能していたので、
物資が届くのが早かったため今回テレビで見た程の不便はしたということはなかったのですが、
それでも、自衛隊の方に貰った菓子パンのおいしかった記憶。
解放された温泉につかったときの解放感。
ドラムカンの焚火の暖かさ。
友達の家が火事の時感じた無力感。
いろいろなことが思い出されます。

今日もテレビで避難所の様子が映っていましたが、
確かに祖母の言うとおり被災者の方々は暗いだけではありませんでした。
その映像を見ていると、生きてるだけで「良かった!」と思える感覚を実に15年振りに思い出しました。

仕事がある、健康な体がある、食べるものがある毎日に感謝して、
しっかりと未来の日本を、地域を、家庭を守る力を蓄えなければいけないことに使命感を感じました。
元気があればなんでもできる!はほんとですよね。

皆様はきっと賢い方が多いでしょうから自分の意思で募金なり、なんなりと被災地のためになる手段を考えてらっしゃると思いますので、
特に私から何もいうことはないのですが、一言だけいうとすれば

「一緒にがんばりましょう!」

これだけですね。
最後に、PC版でしかみることはできませんが。既に有名になっている動画のご紹介を。

毎日朝から晩までテレビやネットで地震関連の映像を見続けていますが、
私はこのおじいさんの動画が最も勇気づけられました。
若者が言っても格好よくない、おじいさんだからこそ感動します!

私も日本経済の端っこで頑張っていきたいと思いました!

あとちなみに神戸の人が震災の時うれしかったものを友人と話したら、
水のいらないシャンプー、体がふけるペーパー、カセットコンロという意見がありました。
個人的にカセットコンロは外で暖も取れたし、調理もできたし、湯もわかせたし、かなり重宝した記憶があります。
ひとつご参考に。

管理人からのお知らせ【東北地方太平洋沖地震で思うこと】の情報やノンジャンルのノンジャンルのまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    募金、節電、買い占めしない。
    僕も出来ることからやります!
    一緒に頑張りましょう!

  2. Homepage より:

    Woh I like your posts , saved to fav! . 851112

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

ポルポト派の狂気[1]

●カンボジアのポル・ポト政権、戦慄の歴史 20 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 20

記事を読む

都内のマンションで実際にあった話

もう7年以上経ってるしカキコしてもいいかな? 関係者の方、もし見ていたらごめんなさい。 都内

記事を読む

移動する死体

夏にはちょっと早い怪奇現象 子供が生まれたけど死産だったらしく、まったく動かず 話しかけ

記事を読む

トムとジェリ-の最終回(投稿作品)

ある日 トムも歳を取り自分がもう命が長くないと気づいた そしてトムはジェリ-にばれないようにこっ

記事を読む

凶器

近ごろの警察はなにやってるんだろうね。 血税でで食わせてもらってるくせに、ろくな働きしねぇんだから

記事を読む

変わってしまった母

これは確か漏れが小四の頃からの話(今から8年ほど前)  小4のある時に、両親が離婚をすること

記事を読む

妹の笑う声

私が家に帰ると、庭のほうから妹の笑う声が聞こえた。 庭では今年6歳になる柴犬を飼っているので、妹

記事を読む

神戸の高2殺害事件

821 :本当にあった怖い名無し:2010/10/06(水) 08:39:54 ID:Pij/NQN

記事を読む

サンタさんが来ない

ある昼下がり。 小鳥のさえずる森の中を、一人の少女が走っていた。 「おかあさん!どこにい

記事を読む

コーヒー症候群

私が厨房の時、受験で夜中まで勉強してると眠くなるので、いつもコーヒーに砂糖を5杯入れて飲んでいた。

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑