北海道に伝わる山の由来など都市伝説 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

北海道に伝わる山の由来 (変星さんからの投稿)

公開日: : 都市伝説 |926 view

北海道に伝わる山の由来などの怖い話は

TDnaoさんのお話を読み私も昔に祖父から同じような妖怪の話を聞かされたことがあるので投稿します。

私が住む北海道の村には近くに阿萬山(アマンサン)と呼ばれる山があります。
祖父に小さい頃、なんで阿萬山というの?と、きくと
阿萬と呼ばれる妖怪が住んでいるからだよと言っていました。

昔々に阿萬という男がいたそうな。
阿萬は友人の阿久徳(アクトク)、影虎(カゲトラ)とともに瑠迂図(ルウズ)と呼ばれる遊びをしていたそうな。
※瑠迂図はアイヌ民族に伝わるボードゲームのようなものです。
瑠迂図に負けた阿萬は二人を殺してしまいました。
殺した罪を償うために阿萬は山に逃げ込みました。
それが今の阿萬山です。

それからというもの、山に入った者たちから、不思議な人物を見たという噂が広がります。
蒼白の顔面に長髪の髪、暗闇に光る赤い眼。
山に入った者にそっと近寄ってきては
「おれいっちばーん♪」
と つぶやくそうな。
こうして 妖怪 阿萬 は生まれました。

私の住む村では妖怪 阿萬を見かけたという話はごく一般的で祖父も昔はよく見かけたそうです。
画家であった祖父に書いてもらった阿萬の絵をアップロードしておきます。

北海道に伝わる山の由来の情報や都市伝説の都市伝説のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. k より:

    画像が師匠に見えて仕方ない

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

犬鳴村

福岡県宮若市にある、犬鳴峠にかかる2つトンネルおよび、その近くにあるという犬鳴村は、日本有数の知名度

記事を読む

京都駅

私が小学生の頃、地元のソフトボールクラブの合宿キャンプで体験した恐ろしい話。 夜、部屋に

記事を読む

コンビニ弁当

コンビニ弁当は賞味期限が一日でも過ぎると一つ残らず廃棄処分される。この決して人の手に渡ることの許され

記事を読む

三本足のリカちゃん

ある女性が公衆トイレを利用した時のこと。 用をたして女性が手を洗おうとすると鏡のまえに古びたリカち

記事を読む

もう死なないで準一

秦野市の善波トンネル付近にそれはあってね。 どう考えても不自然なんだ。 看板の上には観音様が祀っ

記事を読む

初めての共同作業

友人の父が若い頃に体験した話です。 大手企業から内定をもらっていたのですが、世の中を見ておきた

記事を読む

秘密クラブ

あそこらへんはラブホテルが密集してるところで、 物凄く物騒なんだよね。で、マンションの何号室

記事を読む

自転車じいさん

近年、流行している都市伝説の中でも、「百キロババア」「ターボじいさん」といったものは余りにも有名で、

記事を読む

携帯の画面

夜、布団の中で壁の方を向いて、携帯で友人にメールを打っている時、金縛りにあった。 全く体が動かない

記事を読む

被爆

駅前などでよく見かける路上アクセサリーショップの中に核物質で作られた指輪を売っている店があるらしい。

記事を読む

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

お面の神様

俺が小学生の頃の話。 昔っから絵を描くのが好きだったんだ。コンクール

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

狙われる路上の宗教勧誘

路上の宗教勧誘ってどう思いますか? ウザいですよね。メンドイですよね

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑