北海道に伝わる山の由来など都市伝説 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

北海道に伝わる山の由来 (変星さんからの投稿)

公開日: : 都市伝説 |937 view

北海道に伝わる山の由来などの怖い話は

TDnaoさんのお話を読み私も昔に祖父から同じような妖怪の話を聞かされたことがあるので投稿します。

私が住む北海道の村には近くに阿萬山(アマンサン)と呼ばれる山があります。
祖父に小さい頃、なんで阿萬山というの?と、きくと
阿萬と呼ばれる妖怪が住んでいるからだよと言っていました。

昔々に阿萬という男がいたそうな。
阿萬は友人の阿久徳(アクトク)、影虎(カゲトラ)とともに瑠迂図(ルウズ)と呼ばれる遊びをしていたそうな。
※瑠迂図はアイヌ民族に伝わるボードゲームのようなものです。
瑠迂図に負けた阿萬は二人を殺してしまいました。
殺した罪を償うために阿萬は山に逃げ込みました。
それが今の阿萬山です。

それからというもの、山に入った者たちから、不思議な人物を見たという噂が広がります。
蒼白の顔面に長髪の髪、暗闇に光る赤い眼。
山に入った者にそっと近寄ってきては
「おれいっちばーん♪」
と つぶやくそうな。
こうして 妖怪 阿萬 は生まれました。

私の住む村では妖怪 阿萬を見かけたという話はごく一般的で祖父も昔はよく見かけたそうです。
画家であった祖父に書いてもらった阿萬の絵をアップロードしておきます。

北海道に伝わる山の由来の情報や都市伝説の都市伝説のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. k より:

    画像が師匠に見えて仕方ない

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

ほんとにタブー

772 本当にあった怖い名無し 2009/09/04(金) 20:13:13 ID:wEERlfox

記事を読む

今度は落とさないでね

男が警察に自首した。以前、その男の子供が崖から転落して死亡する事故が あったが、あれは実は自分が突

記事を読む

ジャンプする男

友達の話です。 残業になり終電で帰った時の事、アパートの前まで 来ると、スーツ姿の中年の男が

記事を読む

まさかの展開

短いけど彼女が体験した話 彼女は幽霊とか信じるタイプだけど、その友人Aはどちらかというと信じない

記事を読む

違法薬物(投稿作品)

違法薬物の所持で捕まった男性があたかも自分が肛門の中に爆弾を持っているかのような発言をしたせいで大混

記事を読む

某宗教団体

某宗教団体<J・W>で、伝説的になっている話をひとつ書き込むね。 ある姉妹(その教団内ではバプ

記事を読む

失踪した作業員

ある清涼飲料水を製造している工場で作業員の一人が無断欠勤をした。 家に連絡をしても誰も出ない。無断

記事を読む

将門塚

平安京に在った首が3日目の晩に空中に舞い上がり、故郷の東国を目指して飛行し、公の首が落ちた地が首塚と

記事を読む

聞こえない。

俺は大音量で音楽聞くのが好きなんだが、 近所迷惑とかを考えるとイヤホンで聞かざるを得ないんだよね。

記事を読む

赤い部屋

深夜、タクシーが赤いコートを着た女を乗せた。 女が頼んだ場所はここからとても離れている山奥だった。

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑