赤い部屋など都市伝説 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

赤い部屋

公開日: : 都市伝説 |23 view

ネット上に「赤い部屋」という伝説のサイトがある。

このサイトは隠されていて普通に探していては見つけることが出来ない。
ある日これに興味を持った男がこのことを調べ上げた。

何年もかかって男は遂にそのサイトに入る方法を見つけたのだ。
早速そこに行くと画面が真っ赤になり白い文字で
「赤い部屋に入りますか?」
と出た。

男は躊躇せず「はい」をクリックした。
画面から白い文字が消え、画面は赤一色となる。
しかしそれから数分経ったが何も起こる気配は無い。
男は失望し画面から目を反らすと、驚愕の風景が目に入ってきた。

部屋の壁が真っ赤になって無数の手形がついていたのである。

男は混乱し部屋から出ようとしたが腰が引け、思うように歩けない。

必死に出ようとしていると真っ赤な壁に小さな穴が開いている。
男は引き付けられるようにその穴を覗いた。穴の奥には…眼。
眼球が真っ赤な眼があるのだ。
「うわぁ!!」
男は顔を穴から離した。

すると壁が壊れ、手が伸びてきた。その手は男の髪の毛を掴み、壁の方にかなりの力で引き寄せた。男は必死に抵抗する。
すると壁がさらに壊れ、奥に人間とは思えない何かがこちらを睨みつけていた。

「あがいヘヤにハイリマスガァァア゛!!??」

赤い部屋の情報や都市伝説の都市伝説のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. 匿名 より:

    これいくつかの「赤い部屋」の階段ごっちゃにした感じ^^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

赤いクレヨン

とある家に家族が引っ越しをした。 そこは結構広い家で家族全員が気に入っていたという。

記事を読む

家ごと行方不明

私が15歳のときの話です。 学校から帰ると家があるはずの場所が空き地になっていました。 それ

記事を読む

揉みすぎ注意

402 :恋人は名無しさん :2006/04/18(火) 23:08:05 彼のタマタマを揉んで

記事を読む

携帯の画面

夜、布団の中で壁の方を向いて、携帯で友人にメールを打っている時、金縛りにあった。 全く体が動かない

記事を読む

古き神降臨

お前らオカルト好きなら知ってるヤツも多いと思うがクトゥルフ神話ってあるよな。 H.P.ラブクラフ

記事を読む

ザバレ

どっかの山奥で、一人の村人が、気が狂って、 死んだらしい。。「ザバレ、ザバレ・・」とか、奇声を

記事を読む

ルームメイトの死

その日、女子大生のA子さんは友達の家でサークルのみんなとお酒を楽しんでいた。 夜も更け、そろそろお

記事を読む

京都駅

私が小学生の頃、地元のソフトボールクラブの合宿キャンプで体験した恐ろしい話。 夜、部屋に

記事を読む

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続され、 不正に電話料金を請求

記事を読む

本当は怖い”となりのトトロ”裏話

さつきとメイは途中で本当は死んでしまい、 それを父親が想像で生きていたらこうなっていて欲しかったと

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑