私の赤ちゃんなど都市伝説 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

私の赤ちゃん

公開日: : 最終更新日:2011/02/17 都市伝説 |53 view

私は一人海岸の波打ち際で膝を抱え、穏やかな海を眺めていた。
海岸には親子連れやカップルの姿がチラホラと居るだけ。
時間は・・・正午を少し過ぎた位だろうか、太陽が一番高い所で輝いている。

キャッキャと赤ん坊の笑い声が聞こえる。
振り向くと、1歳位の赤ん坊と母親らしき女性が私の近くで遊んでいる。
特に気にも留めずに、視線を海に戻す。
ハッと気付くと、地平線の向こうから大きな波が迫っている!
私は逃げる間も無く大波に飲み込まれた。

必死にもがいて海面に顔を出すと、10メートル位先の海上に人間の頭らしき物体がプカプカと浮かんでいる。
さっきの赤ん坊かも知れない・・・と、犬かき(私は泳ぎが得意じゃない)で泳いで助けに行った。
あと1メートルで赤ん坊に手が届く!

その瞬間大波に飲み込まれ、私は意識を失った。
あと少しで手が届きそうだったのに・・・

気が付くと海岸の波打ち際に流れ着いていた。
私は赤ん坊を助けられなかった切なさから涙を流していると、目の前にはあの赤ん坊の母親らしき女性が佇んでいる。

「ごめんなさい・・・赤ちゃん・・・助けられなかった・・・。」
と声をかけると、虚ろな目の母親がうわ言のように呟いている。
「いいのよ・・・いいのよ・・・貴方のせいじゃないから・・・いいのよ・・・いいのよ・・・。」
その台詞とは裏腹に、冷たいような・・・責めているような口調だった。
ふいに母親が何処かに向かって歩き出した。
ショックで自殺とかしたら嫌だなぁと思い、後を付いて行く事にした。

砂浜の向こうに研究所(?)のような真っ白の建物が見える。
母親はその建物に向かってふらふらと歩いて行く。
研究所(?)に着くと、受付に居た女性が「乳幼児の検索は○番~○○番(聞き取れず)のパソコンをお使い下さい」と言った。
母親らしき女性は力無く頷くと、指定されたパソコンの前に座った。
パソコンを起動すると、検索エンジンのような画面が出てきた。
母親らしき女性が赤ん坊の誕生日と思しき番号を打ち込む。

検索ボタンを押す。

パソコンの画面には打ち込まれた日に生まれた子供の名前がリスト状に並んでいる。
母親が一番上の名前をクリックする。

画面がフルスクリーンに切り替わった。
そこにはベビーベットに寝かされている赤ん坊が映し出されている。
赤ん坊はすやすやと気持ち良さそうに眠っている。

(赤ん坊には一人一台監視カメラが付いているの?そんな事初めて知ったよ・・・)

母親らしき女性はガックリと肩を落とすと、フルスクリーンの画面を閉じた。
リストに戻ると下に向かってスクロールバーを動かした。
一人の赤ん坊の名前が・・・名前の背景が灰色・・・!
他の赤ん坊の名前とは明らかに表示が違う。
膝がガクガク震える。

まさか・・・まさか・・・まさか・・・!

そこから先はスローモーションの世界。
母親がゆっくりとその名前をクリックする。
フルスクリーンの画面が表示される。

真っ暗だ、何も見えない。

目を凝らすと、気泡のようなモノがプクプクと映っている。
深海?光も届かないような真っ暗な海の底か?!

スクロールバーが下に伸びている。
母親らしき女性が思いっきりスクロールバーを下まで動かした。

暗い暗い海の底に海草が揺らめいている。
海底の岩陰に・・・赤ん坊のような影がうつ伏せに倒れている。

母親が「私の・・・赤ちゃん・・・」と涙を流しながら呟いた。
私は絶叫してその場に崩れ落ちた・・・。

そこで目が覚めた。
文才無いからあんまり怖さが伝わらないと思うけど、洒落にならない程怖かった夢。
読み辛くてすまん(´・ω・`)

私の赤ちゃんの情報や都市伝説の都市伝説のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

赤い部屋

深夜、タクシーが赤いコートを着た女を乗せた。 女が頼んだ場所はここからとても離れている山奥だった。

記事を読む

三本足のリカちゃん

ある女性が公衆トイレを利用した時のこと。 用をたして女性が手を洗おうとすると鏡のまえに古びたリカち

記事を読む

バイク事故

バイクが好きなAさんは、今日も爽快にバイクで高速を流していました。 そこに、突然対向車線から居眠り

記事を読む

あらやだ

ひど過ぎる話。 ある日から、いきなり変な夢を見るようになった。 それは髪の長い女の人が、

記事を読む

舌を出している訳

富士○で有名なペ○ちゃん・・・ 舌を出しているの訳が血を舐めているというが、違う説では昔ペ○ち

記事を読む

瑕疵物件

624 本当にあった怖い名無し sage 2008/09/26(金) 00:33:10 ID:O2C

記事を読む

ほ…ホ…?

僕が普通に道を歩いていると 男とすれ違った。 僕は別に気にすること無く目的地(Aんち) ま

記事を読む

設計図

車関係の話。車メーカーの間では、設計図のやりとりをしているらしい…たとえば、ト〇タのbBとダイ〇ツの

記事を読む

溶鉱炉で溶けた

製鉄所の溶鉱炉に人が落ちて行方不明になるという話がある。 鉄をも溶かす高温に人間が晒されたら一溜り

記事を読む

自転車じいさん

近年、流行している都市伝説の中でも、「百キロババア」「ターボじいさん」といったものは余りにも有名で、

記事を読む

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

お面の神様

俺が小学生の頃の話。 昔っから絵を描くのが好きだったんだ。コンクール

配達の仕事をしていたら

前の話(詳細は電車のつり革)からだいぶ時間がたち、私も仕事が変わりまし

狙われる路上の宗教勧誘

路上の宗教勧誘ってどう思いますか? ウザいですよね。メンドイですよね

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑