フォーラー・ネグレリア~ 脳が溶ける奇病を起こすアメーバなど都市伝説 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

フォーラー・ネグレリア~ 脳が溶ける奇病を起こすアメーバ

公開日: : 都市伝説 |92 view

1996(H8)年11月17日。佐賀県鳥栖市在住で、食品加工会社に勤める女性(25)は発熱を覚えた。
翌日は会社を休んだが熱は下がらず、19日になると熱は38.3°に上がり、頭痛・嘔吐がしはじめる。
近くの診療所へ行くとインフルエンザと診断され、投薬を受けその日は帰宅した。

ところが翌20日には熱が39.3°にまで上昇、頭痛と悪寒が
一層ひどくなったため診療所に入院して点滴を受ける。
開けて21日になっても一向に熱は下がらず、意識混濁を起こしたため、
久留米大学病院救命救急センターに昏睡状態で救急搬入された。

細菌性髄膜炎との見立ての元、治療が行われるも症状は改善しない。
22日になって脳髄液中にアメーバを発見し、原発性アメーバ性髄膜脳炎と診断が確定したが、
すでに女性は脳死状態に陥っており、そのまま快復することなく27日午前中に死亡した。

発症からわずか9日目という急激なものであった。
死後、女性を病理解剖すると、脳は形状を保てないほど溶けていたという。。

フォーラー・ネグレリア~ 脳が溶ける奇病を起こすアメーバの情報や都市伝説の都市伝説のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. ナミダ より:

    なぜCTスキャンをやらなかったか

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

コンクリート壁に関する都市伝説

自宅のコンクリート壁の中に死体を埋め込み隠していたという事件や、どこどこビルの霊障の原因が壁に死体が

記事を読む

自殺支援サイト

ネットやってるといろんなやついるよな。荒らしとか冷やかしとかネット でお悩み相談してるやつとか。

記事を読む

ピンポンダッシュ

昨年の夏の夜、月に2・3回、10時から11頃にピンポンダッシュされてた。 初め怖かったけど実害ない

記事を読む

ルームメイトの死

その日、女子大生のA子さんは友達の家でサークルのみんなとお酒を楽しんでいた。 夜も更け、そろそろお

記事を読む

転んだら死んでしまう村

「転んだら死んでしまう村」の夢を見たことがありますか? この夢は共通夢といって多くの人が一生の

記事を読む

ナナ○ノゲエ○の呪い

DSのソフトで有名なナナ○ノゲエ○だが俺の周りでそのゲームプレイした人が次々と精神崩壊していくのに気

記事を読む

よく当る占い師

ある占い師の話。姫路に細木〇子並に当てる占い師が居るらしく、半年に一回かのペースくらいである通りに出

記事を読む

揉みすぎ注意

402 :恋人は名無しさん :2006/04/18(火) 23:08:05 彼のタマタマを揉んで

記事を読む

ハカソヤ

359 本当にあった怖い名無し New! 2007/02/08(木) 02:06:46 ID:D4y

記事を読む

北海道に伝わる山の由来

TDnaoさんのお話を読み私も昔に祖父から同じような妖怪の話を聞かされたことがあるので投稿します。

記事を読む

牛の首

最近、アメリカの一青年が、奇怪なメールを受け取りました。 そのメール

牛の首と名乗る魔物

昔、寂れた山村に父娘が住んでいた。 父が再婚し、義母と義妹も一緒に暮

夜中に犬を散歩させていた

夜中に犬を散歩させていたら、 お婆さんが知り合いの家を探していたので

開けて開けて

これはオレが浪人してた年の夏 家族は二泊三日の旅行に行ってて、

知らない電話番号

知らない電話番号から着信があり、折り返し接続すると高額な課金回線に接続

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑