フォーラー・ネグレリア~ 脳が溶ける奇病を起こすアメーバなど都市伝説 や都市伝説・意味がわかると怖い話のサイト

フォーラー・ネグレリア~ 脳が溶ける奇病を起こすアメーバ

公開日: : 都市伝説 |87 view

1996(H8)年11月17日。佐賀県鳥栖市在住で、食品加工会社に勤める女性(25)は発熱を覚えた。
翌日は会社を休んだが熱は下がらず、19日になると熱は38.3°に上がり、頭痛・嘔吐がしはじめる。
近くの診療所へ行くとインフルエンザと診断され、投薬を受けその日は帰宅した。

ところが翌20日には熱が39.3°にまで上昇、頭痛と悪寒が
一層ひどくなったため診療所に入院して点滴を受ける。
開けて21日になっても一向に熱は下がらず、意識混濁を起こしたため、
久留米大学病院救命救急センターに昏睡状態で救急搬入された。

細菌性髄膜炎との見立ての元、治療が行われるも症状は改善しない。
22日になって脳髄液中にアメーバを発見し、原発性アメーバ性髄膜脳炎と診断が確定したが、
すでに女性は脳死状態に陥っており、そのまま快復することなく27日午前中に死亡した。

発症からわずか9日目という急激なものであった。
死後、女性を病理解剖すると、脳は形状を保てないほど溶けていたという。。

フォーラー・ネグレリア~ 脳が溶ける奇病を起こすアメーバの情報や都市伝説の都市伝説のまとめや実話、ランキングや短編長編など「怖い話・心霊話・都市伝説投稿サイト

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ

Comment

  1. ナミダ より:

    なぜCTスキャンをやらなかったか

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

もう死なないで準一

秦野市の善波トンネル付近にそれはあってね。 どう考えても不自然なんだ。 看板の上には観音様が祀っ

記事を読む

ウルトラマンの必殺技

「ウルトラマンの必殺技」 ウルトラマンの必殺技はなぜあのような手を交差させた形なのだろうか

記事を読む

まさかの展開

短いけど彼女が体験した話 彼女は幽霊とか信じるタイプだけど、その友人Aはどちらかというと信じない

記事を読む

結婚相手がうつる洗面器

とある女性が 『深夜0時ちょうどにカミソリを口にくわえて水を張った洗面器をのぞくと、将来の結婚相手

記事を読む

某宗教団体

某宗教団体<J・W>で、伝説的になっている話をひとつ書き込むね。 ある姉妹(その教団内ではバプ

記事を読む

水中痴漢

怖くないかもしれんが俺的には洒落にならん話。明日が同窓会なんで急に思いだした 消防の時、Yという

記事を読む

コンビニ弁当

コンビニ弁当は賞味期限が一日でも過ぎると一つ残らず廃棄処分される。この決して人の手に渡ることの許され

記事を読む

被爆

駅前などでよく見かける路上アクセサリーショップの中に核物質で作られた指輪を売っている店があるらしい。

記事を読む

昔の医師国家試験

医師国家試験がそれなりに難しいものになったのは、昭和49年(翌年だったかな?)の制度改正以来です。そ

記事を読む

深夜のガードマン(投稿作品)

二年前の話です。 私はスーパーのレジを担当していて、レジ長を任されていました。 翌月に新しい

記事を読む

狙われる路上の宗教勧誘

路上の宗教勧誘ってどう思いますか? ウザいですよね。メンドイですよね

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

呪われたわたし

私が小3の夏休みの時に、学校で流行っていたこっくりさんを友達と夜の時に

→もっと見る

  • 皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

  • 人気ブログランキングへ
  • 20代後半結婚適齢期の家事手伝い。最近の趣味は廃墟めぐり。
    皆様の怖い話の投稿お待ちしております。

    相互リンク・RSS大募集中です
    こちらのフォームまでお気軽にご連絡ください
    ご連絡いただかなくとも、こちらでアクセスランキングを見て定期的にアクセスがあることを確認しましたらリンク・RSS登録致します。

    当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

  • ブログパーツ

PAGE TOP ↑